スペック以外も要確認!「プロジェクタ」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

スペック以外も要確認!「プロジェクタ」

2009/09/07


 明るさや解像度など、プロジェクタのカタログには製品選びの際、明確に製品同士を比較できる「数値」が記載されていることが多い。もちろんそういった数値スペックの比較は製品選びにとって重要であるが、それだけに頼ると、使い勝手の面で思わぬ苦汁を舐める結果となりかねない。そこで今回のIT製品選び方ガイドでは、プロジェクタの製品選びについて、数値で見える部分と、なかなか見えてこない使い勝手の部分に分けて解説していく。なお、プロジェクタの内部構造や最新機能については「IT製品解体新書」を参考にしていただきたい。

プロジェクタ

※「プロジェクタ/スペック以外も要確認!「プロジェクタ」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「プロジェクタ/スペック以外も要確認!「プロジェクタ」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

プロジェクタの基礎解説へ


1

「プロジェクタ」選択のポイント

1-1

まずは「数値」を参考に!スペックから見る選択ポイント

 プロジェクタを選ぶ際のポイントとして、まずはスペックから見るべき点を紹介しよう。

■重量

 「IT製品解体新書」でも解説したように、現在市販されているプロジェクタは大きく分けて3種類に分類できる。まずは使用するシーンを想定して製品を選択したい。

据え置き型:可搬性はなく天井などに固定。重量は6kg超。

ポータブル型:小型軽量で社内外に持ち運び可能。重量は3kg前後。

モバイル型:超小型で外出先での利用が主となる。重量は2kg未満が主。

 本体のサイズは、重量と同様に据え置き型→ポータブル型→モバイル型の順で小さくなる。会議室などに固定して利用するのであればサイズも重量もあまり固執する必要はないだろう。

 ポータブル型で持ち運びを考えるのであれば、サイズはA4サイズまでを目標にしたい。そして重量が重要となる。社内で移動する場合、本体重量が3kg前後であれば気にならないが、社外に持ち運ぶなら、2kg前半を目標にするとよい。社外へプロジェクタを持ち運んで利用する場合には、プロジェクタのみを持ち運ぶとは考えにくく、同時に2kg前後のパソコンを持ち運ぶことも考慮に入れておこう。

 なお、ポータブル型製品の一部には、持ち運び用のケースが用意されている(標準付属の場合とオプションの場合がある)ので、選定の際に検討したい。完全に社外プレゼンで利用することを想定するならモバイル型でよいだろう。

■明るさ

 プロジェクタの画質を決める大きな要因が「明るさ」だ。多くの主要製品は2500lm前後のスペック値を提示している。明るさの数値が大きいほど大きなスクリーンに投映できるが、その目安は「スクリーンサイズ×30」で求められる。つまり、80インチサイズのスクリーンに投映したいと考えるなら、「80×30=2400」、つまり明るさが2400lmあれば十分であるということになる。製品選びの前に投映サイズを確認しておこう。

 なおエプソンは、プロジェクタの明るさを「全白」「カラー」と併記している。これまで多くのメーカーが「全白」、つまり白色のみの映像を投映したときの明るさをスペック値として掲載していたが、光の三原色を投映した際の明るさを計測し、それをスペック値として明示することで、実際に利用する場合の明るさをわかりやすく示している。今後ほかのメーカーもこの表記を採用する可能性は高いといえる。

■解像度

 ビジネスユース向けのプロジェクタの解像度はXGA(1024×768ドット)、SVGA(800×600ドット)、WXGA(1280×800ドット)の3パターンが主流である。パソコンのディスプレイの高解像度化が進んでいるのに対して、プロジェクタの場合はさほど高解像度ではない。これは、投映したときに画質が細か過ぎると文字が見えにくくなり、プレゼンなどには不向きだからだ。逆に言えば、パソコンでプレゼン資料を作成する場合には、プロジェクタでの投映を予測してXGAやSVGAサイズで作成することを意識しておく必要がある。

 また最近は、低価格モデルとしてSVGAサイズの製品がシェアを伸ばしているという。これは、実際にプレゼンを行う場合、SVGA画質でも必要十分というユーザが多いことを示している。

  WXGAは、ほかの解像度とは異なり16:10のワイド画面で表示領域がやや広い。パソコンのディスプレイもワイド化が進んでいることもあり、ワイド画面で作成した資料をそのままのイメージで投映したいのならば、選択肢の1つとして考えよう。

■投映方式

 現在、プロジェクタは液晶方式とDLP方式いずれかの二択という状況といえる。実際のところ、液晶方式かDLP方式かということはユーザにとってあまり大きな影響はない。ベンダは製品の投映システムをカタログに明記し、その特長を大きくアピールするもので、確かに両方式を並べて投映すると、発色やコントラストの違いは多少ある。しかし、その差は極めて小さく、どちらかに優位をつけられるものではない。また、プレゼンを主とするようなビジネスユースでは、ホームシアターで利用するプロジェクタほどの色再現が求められることはそれほど多くない。操作方法や価格も大きく変わらないので、購入を検討する場合にどちらの投映方式を優先して選択するということは多くないだろう。

■価格

 プロジェクタの価格は、基本的には光源の明るさ、そして解像度の詳細さに応じて高額となる。高額であればもちろん高性能・多機能であるが、使うシーンを的確に想定し、必要十分な性能・機能を選択し、許容価格を設定することが肝心だ。取りあえず一通りの機能を揃えた製品をまとめ買いしてしまうケースや、オーバースペックでせっかくの搭載機能を使いこなせないうちに新しい製品が登場し買い換える、といったケースも実際よくあるという。宝の持ち腐れにならないよう、きちんと見極めたい。

■実際に見てみよう

 カタログ値は確かに重要だが、プロジェクタの製品的な性質上、実際のところは投映画像を目で確認して選択することが重要だ。使うシーンと本体重量、明るさや解像度などの基本スペックを確認したら、多少面倒ではあるかもしれないがベンダのショールームや量販店などに足を運び、利用する条件に沿って画像を投映してから製品を選びたい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

プロジェクタ/スペック以外も要確認!「プロジェクタ」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクタ」関連情報をランダムに表示しています。

プロジェクタ」関連の製品

サポート終了!desknet's NEOへの乗り換えも新規導入もお得に 【リスモン・ビジネス・ポータル】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
グループウェア Web会議 BI
332万人超のユーザーが利用するグループウェア desknet's NEO のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール・スケジュール・ワークフローなど、全25機能が利用可能。 高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

プロジェクタ」関連の特集


量販店で売れている人気製品はどれ?今回は「プロジェクタ」を調査。



明るい・軽い・速い・キレイ・静か・・などうれしい技術満載の最新モバイルプロジェクタ。粋をこらした匠の…



人間とデバイスの視覚に関する“感度の違い”をこんなにもあるとは。これでディスプレイの“アナログホール…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

プロジェクタ/ スペック以外も要確認!「プロジェクタ」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「プロジェクタ/ スペック以外も要確認!「プロジェクタ」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003153


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ