大公開!「データセンタ」の評価基準とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

大公開!「データセンタ」の評価基準とは?

2009/08/17


 一口にデータセンタを選ぶといっても、ファシリティだけあればいい企業もあれば、運用・保守までを外に出したい企業もある。各々の事情によって必要とするサービス領域は様々だ。ここでは選択のポイントとなる項目を一通り洗い出したので、これからの検討項目として、あるいは改めてのチェック項目としてご利用いただければ幸いである。またデータセンタの基礎知識や最新動向については、「IT製品解体新書」で解説しているので、こちらも併せて参照していただきたい。

データセンタ

※「データセンタ/大公開!「データセンタ」の評価基準とは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データセンタ/大公開!「データセンタ」の評価基準とは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

データセンタの基礎解説へ


1

データセンタ選択のポイント

 TCO削減の圧力から、自社で資産を持ちたくないという発想のユーザ企業が増えているという。保有資産を持てば、コンプライアンスの観点からも資産管理をきちんと行なわなければならず、多大な手間とコストがかかるからだ。
 そこで、ここでは今からデータセンタを利用するユーザに向け、実際に選択するにあたって必要な検討項目について、以下のポイントに分け解説していく。

Point 1:

自社で対応する範囲を明確にして、利用サービスを決定する

Point 2:

ファシリティ選択の第一ポイントは、安全性/経済性/拡張性/立地条件

Point 3:

利用可能なネットワーク回線を確認する

Point 4:

運用サポート体制を確認する

Point 5:

実際にデータセンタを見学する

Point 6:

コスト比較は、フェーズを分けて考える

Point 1

自社で対応する範囲を明確にして、利用サービスを決定する

 まず対象とする自社システムの性質を把握する必要がある。例えば定型的な処理を行なう経理システムなのか、あるいは自社の競争優位性を保つための物流システムなのか、ということだ。前者ならホスティングサービスを利用して、業務アプリケーションも含めてサービスとして提供を受けることが可能だろう。一方後者なら、システム構築から運用に至るまで自社で行ない、ファシリティだけ最新のものを利用したいということになる。
 また自社で対応できない部分、例えばサーバまでなら自分たちで面倒が見ることができるが、ファイアウォールやロードバランサの設定など、ネットワーク関連のノウハウはないといった場合には、その部分だけをアウトソーシングするという選択肢もある。さらに、運用はノウハウを持つプロフェッショナルに全て任せて、自分たちは情報システムを活用したビジネス戦略を考える方向にシフトしたいと考えている企業もあるようだ。
 いずれにしてもシステムの性質と自社で対応可能な範囲を見極めた上で、利用するサービスを選ぶことが肝要だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

データセンタ/大公開!「データセンタ」の評価基準とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンタ」関連情報をランダムに表示しています。

データセンタ」関連の製品

ハイパーコンバージドインフラの選び方:組織に必要な機能を見極める5つの視点 【日本ヒューレット・パッカード】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】
垂直統合型システム IaaS/PaaS ルーター
ハイパーコンバージドインフラの選び方:組織に必要な機能を見極める5つの視点 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザー自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。

データセンタ」関連の特集


どこまでやるべきか悩ましいクライアントセキュリティ対策。今回は効果的な対策のために役立つフレームワー…



インスタントメッセンジャー(IM)=コンシューマ向けという概念はもはや過去のもの。企業向けIMを基礎…



2015年は2610億円の市場規模のハウジング(アウトソーシング)。外販ビジネス増加で堅調に実績が拡…


データセンタ」関連のセミナー

SharePoint Online【中/上級者向け 有料専門セミナー】 【カコムス】  

開催日 6月8日(金)   開催地 大阪府   参加費 有料 4万円(税別)

ご好評いただいていますOffice 365/SharePoint/Azureハンズオンセミナーが2018年4月よりMicrosoftゼミナールにリニューアル!更…

高信頼性・自動化が今熱い!Lenovo&Mellanoxに学ぶNutanix連携 【ネットワールド/レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ/メラノックステクノロジーズジャパン】 締切間近 

開催日 4月23日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

業務のデジタル化変革が進む企業にとって今後本当に必要なインフラ環境とは…?複雑化するシステム基盤をシンプルにする「Nutanix エンタープライズクラウド OS…

高信頼性・自動化が今熱い!Lenovo&Mellanoxに学ぶNutanix連携 【ネットワールド/レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ/メラノックステクノロジーズジャパン】 締切間近 

開催日 4月24日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

業務のデジタル化変革が進む企業にとって今後本当に必要なインフラ環境とは…?複雑化するシステム基盤をシンプルにする「Nutanix エンタープライズクラウド OS…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データセンタ/ 大公開!「データセンタ」の評価基準とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データセンタ/ 大公開!「データセンタ」の評価基準とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003147


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ