省エネ・クラウド…最新データセンタ特集

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

省エネ・クラウド…最新データセンタ特集

2009/08/17


 ネットワーク技術の進歩と相まって企業システムは複雑さを増してきた。システムを維持・管理するためのコストも膨らむ一方だ。ここでコスト削減の有効な解決策となるのが、データセンタの利用だ。設備(=ファシリティ)を自社で保有することなく借りることで、より効率的、経済的なシステム運用が可能となる。今回は、改めてデータセンタの基礎知識を解説するとともに、最新のファシリティやグリーンITへの対応をレポートする。また、「IT製品選び方ガイド」では、データセンタ選択のポイントについて解説しているので、そちらも是非ご参照いただきたい。

データセンタ

※「データセンタ/省エネ・クラウド…最新データセンタ特集」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データセンタ/省エネ・クラウド…最新データセンタ特集」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

データセンタの選び方ガイドへ


1

データセンタを解体しよう!

1-1

データセンタとは?

 データセンタ事業者が提供するサービス形態は、大きく2つに分類される。1つが、ユーザの保有するサーバや通信機器を、ネットワーク設備の整った事業者の施設内に設置する「ハウジングサービス」、もう1つが、事業者の保有するサーバの処理能力や容量をユーザに貸し出す「ホスティングサービス」だ。

 データセンタの設備を見ていこう。提供されるファシリティは、サーバの設置スペース、サーバを収納するためのサーバラック、空調設備、電源、ネットワーク回線などが挙げられる。データセンタの建物自体には、耐震構造や免震構造が施され、万一災害などで通常の電力供給ができなくなった場合でも、UPS(無停電電源装置)や自家発電装置を装備されているので、突発的なシステムダウンを防ぐことができるようになっている。

図1 データセンタのファシリティ例
図1 データセンタのファシリティ例
(資料提供:日本ワムネット)

 また悪意ある第三者の物理的な侵入を防ぐため、サーバルームへのアクセスには、複数の“関所”を通過しなければ、辿りつけないようになっている。図2の例では、5段階のゲートを設けて物理的なセキュリティを確保している。

図2 ラックに辿りつくまでのセキュリティ対策の一例
図2 ラックに辿りつくまでのセキュリティ対策の一例
(資料提供:日本ワムネット)

  1つめが、有人による24時間体制での登録者(=顧客担当者)のチェック、2つめがICカードによる入退館時のゲートチェックで、共連れができないようになっている。3つめがフロア単位での入退館チェック、4つめがサーバルーム入室時の指静脈認証を利用した生体認証チェックで、入口で一旦小部屋に入り、ここでも共連れができないように上から赤外線を当てて登録者1人であることを確認してから入室する形になる。そして5つめが、ラック単位での鍵による管理だ。
 企業データの重要度が増している昨今、こうしたセキュリティ対策はデータセンタでは必須の取り組みとも言えるだろう。

■ハウジングサービス

 ハウジングサービスとは、端的に言えば“場所貸し”サービスのことだ。ユーザ企業は、サーバや通信機器を自前もしくはレンタルなどで用意し、データセンタ内の専用ルームに預けることになる。これによって安全性と効率性に優れた建物/ファシリティ/ネットワーク環境などを安価に利用することが可能となる。従来はラック1台分ごとのスペース貸しが基本となっていたが、現在では4分の1ラックや8分の1ラック、さらにはサーバの最小単位である1Uから利用できるサービスも提供されており、中小規模の企業でも利用しやすくなってきている。

■ホスティングサービス

 ホスティングサービスとは、データセンタ事業者が自社の保有するサーバの処理能力を、ネットワークを介して貸し出す“リソース貸し”サービスだ。ユーザ企業は電源設備やネットワーク環境に加えて、最新のサーバ能力を手軽に利用できるほか、ミドルウェア/アプリケーション/データベースなどを含めてレンタルできるサービスも提供されている。またシステムの開発期間だけリソースが必要というユーザ向けに、1ヵ月程度の短期間からホスティングサービスを利用可能としているデータセンタ事業者も増えている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

データセンタ/省エネ・クラウド…最新データセンタ特集」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンタ」関連情報をランダムに表示しています。

データセンタ」関連の製品

DDoS対策アプライアンス Arbor Networks APS 【アーバーネットワークス】 知っていますか? オールフラッシュを企業で使う場合の必須機能 【日本ヒューレット・パッカード】 ネットワークの可視化と運用管理を究めて、データセンターの課題に対処する 【ヴイエムウェア】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ストレージ関連 SDN
全世界のトラフィックをリアルタイムで収集・分析。そのデータをもとに、DDos攻撃による脅威をブロックする高精度な対策を提供。 HPEは新興企業の買収を含め、ストレージへの積極的な開発投資を進めている。競合がひしめく市場で、ハードの強みを生かしてきた同社が、今後注力する分野はどこか。 ネットワークの可視化と運用管理を究めて、データセンターの課題に対処する

データセンタ」関連の特集


手軽に使えるモノからエンタープライズレベルのモノまで、機能レベル/価格帯とも充実のラインナップが用意…



「SDSって結局何に効くの?」数年前から騒がれ出した「SDx」。今回は「SDS」を徹底解剖!今後のデ…



ソーシャルやモバイルと連携しながら「コンテンツ管理」は進化を続けています。競争力強化に役立つコンテン…


データセンタ」関連のセミナー

JRCA登録CPD ISO 27017に基づくクラウドセキュリティ解説コース 【BSIグループジャパン】  

開催日 10月16日(月),12月6日(水),2月2日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 4万932円(税込)

ISOより2015年新たにクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインISO/IEC 27017が発行されました。ISO/IEC 270…

JRCA登録CPD ISO 27017に基づくクラウドセキュリティ解説コース 【BSIグループジャパン】  

開催日 3月6日(火)   開催地 大阪府   参加費 有料 4万932円(税込)

ISOより2015年新たにクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインISO/IEC 27017が発行されました。ISO/IEC 270…

JRCA承認 ISO/IEC 27017審査員コース 【BSI グループジャパン】  

開催日 10月25日(水)〜10月26日(木),12月11日(月)〜12月12日(火),2月22日(木)〜2月23日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 12万9600円(税込)

2015年 ISOよりクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインISO/IEC 27017が発行されました。これにより、ISO/IEC…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データセンタ/ 省エネ・クラウド…最新データセンタ特集」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データセンタ/ 省エネ・クラウド…最新データセンタ特集」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003146


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ