自社に合う「ブレードサーバ」見極め術とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

自社に合う「ブレードサーバ」見極め術とは

2009/07/21


 多くの企業で採用が進んでいるブレードサーバだが、ブレードを挿入するエンクロージャ部分にベンダ独自技術が盛り込まれ、独自のI/O仮想化技術が実装されるなど、1Uサーバと比べると運用管理部分に差が生まれている。これら独自の機能について優劣はつけがたいものの、各社の違いを知ることで製品選びのポイントとして検討すべき部分が見えてくるはずだ。そこでブレードサーバに対する視点を養うべく、製品選びのポイントを解説していこう。また、IT製品解体新書の「ブレードサーバ」特集では、製品の基礎から最新事情までを紹介しているので、合わせて参考にしてほしい。

ブレードサーバ

※「ブレードサーバ/自社に合う「ブレードサーバ」見極め術とは」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ブレードサーバ/自社に合う「ブレードサーバ」見極め術とは」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ブレードサーバの基礎解説へ


1

「ブレードサーバ」選択のポイント

■機能より優先されることも多い“運用管理の統一”

 ブレードサーバの製品選定に大きく関係してくるのが、実は運用管理に関するポリシーだ。運用管理に利用されることの多いツールといえば、日立製作所のJP1や日本アイ・ビー・エムのTivoliなど汎用的な統合運用管理ツールと、ブレードサーバと密接に連携する管理ツールとがあり、後者を標準的な運用管理の基盤に利用しているのであれば、間違いなく同じベンダのブレードサーバが導入され続けることになる。前者の場合でも、運用を統一するかどうかで導入するベンダは絞られてくるようだ。運用管理の統一を理由にRFP上でベンダを指定する場合も多く、ブレードサーバの持つ機能よりも運用管理面で選択されることが少なくない製品群だといえる。I/Oの仮想化などさらにベンダ独自の技術をとりいれた場合は、なかなか他ベンダへの乗り換えが起こりにくくなるはずだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ブレードサーバ/自社に合う「ブレードサーバ」見極め術とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブレードサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

ブレードサーバ」関連の特集


  “仮想化”と”クラウド”は、企業ITユーザが“大きな影響”を受ける可能性を持つ注目のキーワードで…



一般企業はもちろん、学校や官公庁など様々なシーンで大活躍「シンクライアント」。基礎から最新動向まで徹…



ベンダごとに仕様が違うブレードサーバ。導入時のベンダ選びは慎重にならざるを得ません。そこで、失敗しな…


ブレードサーバ」関連のセミナー

第2回ハイパーコンバージドインフラを考えるセミナー 【日立システムズ】 締切間近 

開催日 4月27日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

従来のITインフラよりも大幅に省スペース化と低コスト化が見込めるIT基盤を提供する「ハイパーコンバージド・ソリューション」のラインアップに、30人分程度の仮想デ…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブレードサーバ/ 自社に合う「ブレードサーバ」見極め術とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブレードサーバ/ 自社に合う「ブレードサーバ」見極め術とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003141


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ