最新「ブレードサーバ」の真価を問う!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

最新「ブレードサーバ」の真価を問う!

2009/07/21


  2001年頃から登場し始めた、サーバの高密度実装を可能にしたブレードサーバ。現在、多くの企業で採用が進み、サーバルームやデータセンタに設置される機会が増えてきている。最近では、仮想化技術と相まって様々な機能が実装されており、未だに進化の過程を歩んでいる状況だ。そこで今回のIT製品解体新書では、新たなベンダの参入や消費電力対策などといった、ブレードサーバの最新動向を押さえながら、基本的な機能やその性能について改めておさらいしたい。また、IT製品選び方ガイドの「ブレードサーバ」特集では、自社に合う製品選びのポイントを紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。

ブレードサーバ

※「ブレードサーバ/最新「ブレードサーバ」の真価を問う!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ブレードサーバ/最新「ブレードサーバ」の真価を問う!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ブレードサーバの選び方ガイドへ


1

「ブレードサーバ」を解体しよう

1-1

「ブレードサーバ」とは

 ブレードサーバは、CPUやメモリ、HDDなどの部品が搭載された平たい刀身をイメージさせる「ブレード」と、6〜10U前後のエンクロージャ(もしくはシャーシ)と呼ばれるケース、そして電源やファン、スイッチ、ストレージなど各種モジュールで構成される製品群の総称だ。これらのモジュールを接続するためのバックプレーンが備わっており、1Uサーバをラック内に積み重ねた場合に比べて高密度実装を実現している。
 ブレードサーバは、Webサーバなどのフロント部分やビジネスロジックを実装するアプリケーション部分を担当するIAサーバとして一般的には用いられている。この部分はスケールアウト型で拡張していくことが多いため、簡単な増設だけで拡張していけるブレードサーバにはうってつけの領域だ。ただ、UNIX用のブレードサーバやSANブレードなど様々な機能をブレード化することで、現在ではDB部分までの役割を担わせるケースも増えている。

図1 ブレードサーバ解体図
図1 ブレードサーバ解体図
(資料提供:日本アイ・ビー・エム)

 特に1Uサーバと比較されることの多いブレードサーバだが、そのメリットは設置スペースの削減や消費電力の軽減、運用管理の統一など様々なものが挙げられる。特に、モジュールが共通化されているため、電源やI/O部分のケーブルが不要となり、保守作業におけるリスク軽減や時間短縮が図られることになる。また、10Uサイズに最大18枚ものブレードを装備することが可能なモデルもあり、設置スペースが大幅に削減できることも大きなメリットだ。サーバの追加もブレードを新たに差し込むだけで済み、スモールスタートを行いたい場合でも初期投資を小さくしながら将来に向けた拡張も容易となっている。ただし、高密度実装だけにエンクロージャが持っているベンダ独自の機能を用いながら運用管理を行わなければならず、将来システムを増強する際の製品選択の硬直化を招く可能性もあることは念頭においておきたい。

図2 一般的なサーバとブレードサーバにおける構造の違い
図2 一般的なサーバとブレードサーバにおける構造の違い
(資料提供:日本ヒューレット・パッカード)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ブレードサーバ/最新「ブレードサーバ」の真価を問う!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブレードサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

ブレードサーバ」関連の製品

サーバ仮想化したものの高まる運用負荷、川重冷熱工業が取組んだ改善の一手とは 【日商エレクトロニクス】 Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ 【ニュータニックス・ジャパン】 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 【日本アイ・ビー・エム】
垂直統合型システム 垂直統合型システム NAS
サーバ仮想化したものの高まる運用負荷、川重冷熱工業が取組んだ改善の一手とは Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は?

ブレードサーバ」関連の特集


6年ぶりのマイナス成長となったPCサーバ市場のなかで、対前年比17%成長と好調ぶりを示したブレードサ…



Webサイトはもはや企業に欠かせぬマーケティングツール。一方で運用の負荷は増すばかり…もっとラクにで…



省エネ化が騒がれる昨今…データセンタも例外ではありません。空調や給電方式の工夫など、最新事情盛りだく…


「ブレードサーバ」関連の特集


SMB市場にも活発なサーバ統合需要。今後は省電力対応、運用管理ツールの充実などが要点となる「ブレード…



IDCだけでなく企業にも入り始め、もはやインフラと化したブレードサーバ。今回は、そんなブレードサーバ…



登場から3年が経過し、ラックマウントサーバー市場におけるブレードサーバーの地位は確固たるものになりつ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブレードサーバ/ 最新「ブレードサーバ」の真価を問う!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブレードサーバ/ 最新「ブレードサーバ」の真価を問う!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003140


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ