信頼できる「バイオメトリクス」の選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

信頼できる「バイオメトリクス」の選び方

2009/07/13


 これまでバイオメトリクス認証といえば、病院や金融機関、官公庁など、高いセキュリティを求める特定のユーザからのニーズが高い製品だったが、最近では製品の低コスト化や認知度の高まりにより、一般企業へも普及し始めている。しかし、実際に導入した企業からは「使い勝手が悪い」、「運用が複雑になった」などの不満の声もあがっており、想定していた効果を発揮できていないケースもあるようだ。そこで今回の選び方ガイドでは、具体的な利用方法や導入事例などを参考にバイオメトリクスの導入時に役立つ情報を解説する。また、バイオメトリクスの基本情報や注目の最新動向などは「IT製品解体新書」で詳しく解説しているので、こちらもあわせて参考にしてほしい。

バイオメトリクス

※「バイオメトリクス/信頼できる「バイオメトリクス」の選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バイオメトリクス/信頼できる「バイオメトリクス」の選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

バイオメトリクスの基礎解説へ


1

バイオメトリクスの選び方

Point1

用途から認証方式を決定する

 指紋や静脈、虹彩、顔など、それぞれの認証方式に応じて得手/不得手があり、採用するべき認証方式は利用シーンに応じて明確に分かれる。

■大量導入に適した指紋認証

 個人情報を扱っている組織のセキュリティポリシーとして、厳密なPCログオン制御/アクセス制御は必要不可欠である。人員が多い組織や入れ替わりが激しい組織などは、バイオメトリクス認証を利用することで運用コストを大幅に低減できる。なかでも指紋認証は、デバイスの安さとラインアップの豊富さがほかのバイオメトリクス方式に比べて大きなメリットとなっている。安価なものであれば1台あたり数千円で入手でき、高機能で精度の高い製品でも2万円〜4万円程度で市販されているため、利用目的に応じてコストと機能性のバランスをとりながら製品を選定することができる。例えば、ICカードの発行には1枚当たり1000円〜3000円程度が掛かり、紛失や破損、人員の入れ替わりに応じてカードの発行が必要となることを考慮すると、コストメリットが計りやすくなるだろう。実際に、長期的な運用コストの削減を目的にICカードから指紋認証へのリプレイスに踏み切るユーザも増えている。

■信頼性に優れる静脈認証

 信頼性と不正防止が求められる金融機関のATMには、静脈認証が採用されてきた。これは、静脈が体内の器官であるため写真などから生体情報を取得することが困難で、指紋などに比べると偽造されにくいことが理由として挙げられる。また近年では、一般企業向けの静脈認証装置も数多く市販されている。従来、静脈認証装置といえば、センサ部分と手の距離が適正でないと認証できない場合があった。そのため、正しい認証位置へ手を導くガイド部などが必要となり、装置本体が指紋認証装置と比べて大きくデスクに置くには不便であった。しかし最近の製品では、センサから送られる静脈情報の補正技術が進歩し、ある程度いい加減に手を置いても認証できるようになった。そのため、ガイド部分をはずして卓上に設置しても邪魔にならないサイズまで小型化されている。ただし指紋認証装置と比べると高コストなことから、一般的なPCの認証管理に利用する場合は重要な機密情報を保管するPCに限定して導入されるケースが多いようだ。

■完全な非接触と精度の高さが特徴の虹彩認証

 不特定多数の人物が利用するマンションの入館管理や病院における患者確認の強化などを目的とするなど、衛生面での配慮が必要となる環境に導入する場合は、非接触で利用できるタイプの認証装置が好適だ。例えば、虹彩認証装置がそれに該当する。虹彩認証で利用される照合元の虹彩は、経年変化や病気で変化しにくく再登録を求められることが少ない。さらに認証精度も高いことから、サーバルームなどの機密情報を保管する部屋などを含む建物全体の入退室一元管理システムに利用されるケースが多い。また、センサから利用者までの距離が離れていても(30〜40センチ)認証できるその特性を利用し、認証と同時に利用者の顔画像を記録する機能を備えた製品もある。この製品では、万が一不正行為が実行された場合でも認証時の顔画像を確認できるため、ほかのバイオメトリクス技術と比べて迅速に不正利用者を特定することもできる。

■カスタマ向けサービスに利用される顔認証/音声認証

 顔認証や音声認証は心理的な抵抗感も薄いことから、セキュリティ用途の認証だけではなく、コールセンタの顧客識別などカスタマ向けサービスに応用されている。専用のセンサが不要で、市販品のカメラや既存の電話機を利用できるソフトウェア製品も多い。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

バイオメトリクス/信頼できる「バイオメトリクス」の選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バイオメトリクス」関連情報をランダムに表示しています。

バイオメトリクス」関連の製品

ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
勤怠管理システム 認証 ノートパソコン
Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途 企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

バイオメトリクス」関連の特集


以前から利用されてきたシングルサインオンですが、クラウド時代に突入したことで企業内外をID連携するフ…



ネットワークや情報基盤などを関連会社で共有すれば、一元管理もできてコストも大幅節約。どんな手順で統合…



紙媒体からの情報流出が被害の半数近くを占める事実に、複合機の持つセキュリティ機能がどう役立つのか?複…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バイオメトリクス/ 信頼できる「バイオメトリクス」の選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バイオメトリクス/ 信頼できる「バイオメトリクス」の選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003139


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ