この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

入退室管理を行いたい

2009/09/08


 情報漏洩の原因は内部の人間による持ち出し、それも紙媒体の持ち出しが大半を占めると言われる。サーバルームや開発部門、マーケティング部門、財務/経理部門など、機密情報を取り扱うオフィススペースでは、たとえ社員であっても業務に無関係の人間の出入りは極力防ぐ必要がある。加えて「いつ」「誰が」「どこに」出入りしたかを記録して監査可能にし、万一の場合の原因追及ができるようにしておくことも重要だ。しかし、多くの社員を抱え出入り業者も多い企業で警備員を配置して管理するのではコストが膨らみすぎる。そこで、今回は、ITを活用して入退室を管理する方法を考えてみよう。

入退室管理

※「入退室管理/入退室管理を行いたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「入退室管理/入退室管理を行いたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ


1

関係者以外の出入りを防止する

 最も大事なのは機密情報のあるスペースに入れる人間を制限することだ。入室してよい人物と、そうでない人物の区別をし、入室する権限がない人物の入室を強制的に防止することが基本だ。どのように人物を区別するのかは、原則としては職掌に基づく情報アクセス権限の違いということになる。ここではまず、個人の情報アクセス権限が明確にされているものとして、進入を阻むにはどうすればよいかを考えてみよう。

1-1. 出入りを阻むのは警備員か「扉」

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

入退室管理/入退室管理を行いたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「入退室管理」関連情報をランダムに表示しています。

入退室管理」関連の製品

ハンズフリー認証システム ACCURANCE-TAG(アキュランスタグ) 【オプテックス】 Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】
入退室管理システム 統合ログ管理
ハンズフリーでのスムーズな通行動線を確保しつつ、無駄開きによるセキュリティ性の低下を防止。利便性とセキュリティ性の両立を実現したハンズフリー認証システム。 企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。

入退室管理」関連の特集


生体情報を認証手段に利用したいものの、経年変化や情報保管に大きな課題が。そんな悩みを解決する「生体情…



離れた場所にあるサーバのキーボード、画面、マウスを自分の手元まで延長してくれる「KVMスイッチ」。サ…



長期的な見地で、中堅企業においても需要が潜在的に見込まれている「入退室管理システム」市場。同製品のシ…


このページの先頭へ

入退室管理/ 入退室管理を行いたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「入退室管理/ 入退室管理を行いたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003132



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ