「インメモリデータベース」ってなんだ?!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

「インメモリデータベース」ってなんだ?!

2009/07/01


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「インメモリデータベース」。これでデータベースの処理能力で悩む時代は終焉を迎えることになるかも?!

インメモリデータベース

※「インメモリデータベース/「インメモリデータベース」ってなんだ?!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「インメモリデータベース/「インメモリデータベース」ってなんだ?!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「インメモリデータベース」とは?

 一般的に広く普及している汎用データベース(Oracle、SQL Server、Sybase、DB2など)は、データをハードディスク上に保持しながら動作することを基本スタイルとしたデータベースで、これらは「ディスク型データベース」と呼ばれている。これに対し、ハードディスク上ではなく、すべてのデータをコンピュータのメインメモリ上に展開しながら動作することを基本スタイルとするデータベースが登場するようになり、これらのソフトウェアは「インメモリデータベース」あるいは「オンメモリデータベース」と呼ばれている。
 具体的なインメモリデータベースの製品例を挙げると、IBM solidDB(日本アイ・ビー・エム)、Oracle TimesTen In-Memory Database(日本オラクル)、DAYDA.LabooII(ターボデータラボラトリー)、ALTIBASE(シアンス・アール)などがある。いずれの製品もパフォーマンスに優れており、例えば「IBM solidDB V.6.3」の場合、一般的なディスク型データベースに比べて10倍近くも処理能力が向上している(図1)。また、アプリケーションからのアクセスには一般的な SQL 言語を使用することができ、1秒以下の短時間でフェイルオーバーする能力も持っている。さらに、これらの製品の中には、インメモリエンジンとディスク型エンジンの両方を搭載したハイブリッド型のデータベースもある(図1)。

図1 ハイブリッド型のインメモリデータベース
図1 ハイブリッド型のインメモリデータベース
グラフの水色の線が一般的なディスク型データベースのスループット値で、ピンクの線がインメモリデータベースのスループット値。このパフォーマンステストは、同一のハードウェア・OS構成で実施され、ディスク型が約1万6000TPS だったのに対し、インメモリ型では約14万TPSという優れた結果が得られた。
(資料提供:日本アイ・ビー・エム)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で2名様
 ASUS タブレット「ZenPad 10 Z301M-WH16」  
●A賞:抽選で1名様
 ダイソン 空気清浄機能付ヒーター 「HP 00 WS」 
●C賞:抽選で1名様
 Google Home 
●D賞:抽選で1名様
 酒グラスコレクション 冷酒セット(金箔)  
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

インメモリデータベース/「インメモリデータベース」ってなんだ?!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「インメモリデータベース」関連情報をランダムに表示しています。

インメモリデータベース」関連の製品

そのまま移行にはワナがある――実務で本領発揮する「SAP S/4HANA」移行の最適解 【三菱ケミカルシステム株式会社】 池澤あやかの「ソフトの次はハードでしょ!」〜インメモリが世界を変える〜 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 オンプレミスを「消費型モデル」で利用する、柔軟で俊敏な次世代IT基盤 【日本ヒューレット・パッカード】
ERP PCサーバ IaaS/PaaS
そのまま移行にはワナがある――実務で本領発揮する「SAP S/4HANA」移行の最適解 池澤あやかの「ソフトの次はハードでしょ!」〜インメモリが世界を変える〜 オンプレミスのIT環境を従来の所有型モデルから、使った分だけ支払う消費型モデルへと移行するメリットは計り知れないほど大きい。そのメリットと構築のポイントを解説する

インメモリデータベース」関連の特集


従来比で100倍もの処理性能を達成した「超高速データベースエンジン」。従来型のDBとなにが違うのか?…



データを活用することで将来を予測し、企業経営に役立てる「ビジネスアナリティクス」の世界は、ビッグデー…



ビジネスのデジタル化が加速し、企業はより正確で素早い意思決定が必要となった。AIを活用する次世代型E…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

インメモリデータベース/ 「インメモリデータベース」ってなんだ?!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「インメモリデータベース/ 「インメモリデータベース」ってなんだ?!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30003121


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ