この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

また失敗したの?と言われる前に セキュリティ登龍門50

機密情報が闇市場で売買されていた!

2009/06/09


 たった1人の不心得者の仕業で5億円超の損害が発生…つい先日、実際に起きた情報流出事件の顛末だ。2005年の個人情報保護法施行以来、企業や団体からの情報流出事件の公表が相次いでいるが、同法により個人情報の入手が困難になった闇市場では、組織内の個人の弱みにつけこんで、所属組織の情報を金銭で買い取ることを持ちかけてスパイ行為を教唆するようになってきたようだ。個人情報が金に化けることを誰もが知った今、機密情報の保護により真剣に取り組む必要がある。今回は、この大規模な情報流出事件をカギに、新しい時代の情報保護のあり方について考える。

情報漏洩

#005

総額5億円の慰謝料発生!情シス管理職が顧客情報を売り渡し

 2009年春、A証券会社には不思議な問い合わせが相次いだ。新たに口座を開設した顧客から、「執拗な勧誘電話で迷惑している」という趣旨の問い合わせが複数寄せられたのだ。社内調査の結果、情報システム部門の部長代理の男性が「新規に口座を開設した顧客の情報を名簿業者に売った」と名乗り出た。
 男性が持ち出した顧客情報の数は、148万6651名分。顧客情報データベースから取得し、不正に外部に持ち出したものだ。このうち、4万9159名分のデータ(名前、住所、電話番号(自宅・携帯電話)、性別、生年月日、職業、年収区分、勤務先名、勤務先住所、勤務先電話番号、勤務先部署名、役職、業種)が、3つの名簿業者に売り込まれた。
 情報を入手した名簿業者は、さらにその情報を転売。実際に転売した会社は14社、サンプルを受け取った業者は15社以上、50社程度におよぶ可能性もある。流出データをもとに、不動産等の購入を持ちかける執拗な営業活動が頻発し、それが発覚につながった。
 A社は3月末に情報流出の可能性を公表、4月には情報持ち出しと流出の事実を発表した。流出の張本人は当然ながら懲戒解雇され、告訴が準備されている。一方で警察の捜査が進められており、A社は捜査に全面的に協力するとともに自ら事態の解明にあたり、抜本的な再発防止策の策定に取り組んでいる。事態の収拾状況と今後の対策についてはまだ詳細が明らかになっていないが、5月には、情報が流出した顧客に向けて、「お詫びのしるし」として1万円を支払う旨が決められた。総額では約5億円の慰謝料となる。




1

機密情報が闇市場で取引されている

1-1

明らかになった個人情報の「ブラックマーケット」

 ケースファイルの事件で改めて明らかになったのは、デジタル化された個人情報がその出所は不問のまま、頻繁に売買されているらしいということだ。しかも業者間での売買やその名簿の利用などについて、本当に犯罪として立件できるのかどうか、簡単には判断できないことも不安をかき立てる。現在事件は警察によって捜査されており、やがては情報を流出した人間に加えて、何者かが起訴されることになると思われるが、現在の法律では、デジタル化された名簿の売買が即ち犯罪とは言えないのが現状である。また、一度市場に流通してしまったデータは、完全に回収することも不可能だ。

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「機密情報が闇市場で売買されていた!」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


関連キーワード

情報漏洩/機密情報が闇市場で売買されていた!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報漏洩」関連情報をランダムに表示しています。

情報漏洩」関連の製品

クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】
WAF その他エンドポイントセキュリティ関連 暗号化
顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザー認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用も全てお任せ。 スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。

情報漏洩」関連の特集


プリンタ1台を複数社員で共同利用していませんか?実はそのような環境下では「取り違え」や「取り忘れ」が…



ついにキャッシュカードにまで!ID不正利用事件が相次ぐイマだからこそ、求められる「ワンタイムパスワー…



誰だって「監視されたくない」現実。でも情報漏洩対策としては、とても有効なこのツール。ユーザ側と運用管…


情報漏洩」関連のセミナー

SS1オンラインセミナー 【ディー・オー・エス】  

開催日 12月15日(金)〜8月31日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

株式会社ディー・オー・エスでは、IT資産管理ソフト「System Support best1(SS1)」を用いた、IT資産管理/情報漏洩対策の課題解決をテーマと…

データ消去ソフト USBディスクシュレッダー 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 5月30日(水),6月13日(水),6月27日(水),7月11日(水),7月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「USBディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたし…

データ消去ソフト ディスクシュレッダー6 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 6月20日(水),6月27日(水),7月11日(水),7月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「ディスクシュレッダー6」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003073


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ