この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

また失敗したの?と言われる前に セキュリティ登龍門50

ウイルス感染被害を金額にすると!?

2009/04/21


 前回は社内システムの内部にいったんウイルスが入り込んだ場合の、強力な感染力の怖さを紹介した。今回はさらにウイルスの実態を統計データから明らかにし、また有効な対策がとられているかどうかの実情も紹介していこう。あわせて、万が一にも感染した場合の被害を金額的に見積もる手法を紹介する。

ウイルス


1

企業のウイルス感染状況の統計

1-1

大企業では約7割がウイルスとの遭遇経験あり

 最初に企業システムのウイルス感染がどんな形で起きているのか、現実の一端をIPAの「2007 年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査」報告書によって確認してみよう。これは無作為に抽出した全国の企業1万件と自治体1000件に対するアンケート調査の結果だ。2007年1月〜12月の期間を対象に2008年1月に調査が行われた。なお、2008年を対象とした報告書は間もなくIPAから公開予定となっている。本記事では2008年の状況もあわせて紹介する。

図1 コンピュータウイルス遭遇(感染または発見)経験
図1 コンピュータウイルス遭遇(感染または発見)経験
(資料提供:IPA)
表1 ウイルス遭遇組織の感染率
表1 ウイルス遭遇組織の感染率
(資料提供:IPA)

 まずはどれだけの組織がウイルス感染を経験しているのかを見てみよう。図1を見ると、ウイルスに遭遇した企業は就業者300人以上の企業(大企業)で約70%、300人未満の企業(中堅・中小企業)で約45%にのぼる。そのうち実際に感染した組織は、大企業で19.7%、中堅・中小企業で7.5%となっている。
 表1で、ウイルスに遭遇した企業のうち感染にまで至った企業の割合を見ると、大企業で28.3%、中堅・中小企業で16.7%となっており、規模による差がある。就業者1名に対するPC導入数(平均0.9台)が平均以上(企業群I)か平均以下(企業群II)かによって整理してみると、どちらも23%とまったく同じ感染率になっており、PC利用率よりも利用規模のほうが相関が強い。
 次に、どのようなウイルスに感染したのかを見てみよう(図2)。「感染したウイルス名」のグラフでは有名どころのウイルスがずらりと並ぶが、被害の最も大きかったウイルス名は何かという問いへの回答では、かなり様相が異なる。ウイルス名称がわかる回答のなかでは、メール添付ファイルによって感染するW32/Netskyが猛威をふるっているのがわかる。その次に大きな被害をもたらしているのがW32/AutorunとW32/Lookedだ。W32/Autorunは「オートラン」とも呼ばれ、USBメモリやPC自身などの自動起動可能な媒体を介して感染を広げるタイプのウイルス、W32/Lookedは実行ファイルに感染するタイプのウイルスで共有フォルダを介して蔓延するものだ。W32/Lookedは「感染したウイルス名」に挙がってはいるが下位で、W32/Autorunは登場もしていない。このように、社内で感染を広げるタイプのウイルスは、少ない感染件数でも大きな被害をもたらし得ることを示している。2008年にはW32/Autorunが猛威をふるっており、ウイルス遭遇数でも大幅に増えることとなる。現在も同じタイプのウイルスが拡散し続けており、被害はさらに広がると見られている。「ワーム」という総称で回答されたケースにも、同種のウイルスが含まれていることが考えられる。

図2 感染したウイルスの名称
図2 感染したウイルスの名称
(資料提供:IPA)

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「ウイルス感染被害を金額にすると!?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


関連キーワード

ウイルス/ウイルス感染被害を金額にすると!?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

ウイルス」関連の製品

Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 急増する「脅威メール/標的型・ランサムウェア」あらゆる企業に必要な対策は? 【ファーストサーバ】
アンチウイルス IT資産管理 メールセキュリティ
仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 急増する「脅威メール/標的型・ランサムウェア」あらゆる企業に必要な対策は?

ウイルス」関連の特集


トレンドマイクロが「2017年セキュリティ脅威予測」を発表しました。国内外で発生する可能性がある脅威…



運用管理面で未だ課題の多いスマートフォンやタブレット端末。これらモバイルデバイスの企業活用上のヒント…



 前回述べた通り、「境界セキュリティ」のメリットは、内部ネットワークに対するセキュリティ防御を一括し…


ウイルス」関連のセミナー

【徹底解説】McAfeeの次世代エンドポイントセキュリティの全貌 【テクマトリックス/マカフィー】 注目 

開催日 4月18日(火),5月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー犯罪の市場規模は今や約100兆円とも言われており、世界中で1日に数十万個のマルウェアが新たに出現しているというデータもあります。このような状況の中、被害…

ランサムウェア、標的型攻撃対策に有効な脅威インテリジェンス 【ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン】  

開催日 4月21日(金),5月12日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

あらゆる規模の企業にて被害が発生している巧妙なマルウェア、または身代金要求ウイルスであるランサムウェアによる被害が急速に拡大しています。これらの脅威を迅速に検知…

ハンズオンで学ぶ!未知の脅威対策 【エムオーテックス】  

開催日 4月21日(金),5月26日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

機械学習の活用で未知の脅威を検知し、セキュリティ強化を実現する「プロテクトキャット Powered by Cylance」をハンズオン形式で体験できるセミナーで…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003070


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ