メールセキュリティアプライアンス シェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

メールセキュリティアプライアンス

2009/02/10


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、メールセキュリティアプライアンスのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、メールセキュリティアプライアンス市場は、2005年後半からの日本語スパム急増にともない需要が拡大している。スパムメール/ウイルス対策処理をメールサーバから切り離して専門に行なうゲートウェイ型製品から市場形成が始まったが、メールによる内部からの情報漏洩への対策や、内部統制/日本版SOX法対応のためのメール保存管理の需要も増加し、これらに対応したトータルソリューションを訴求するベンダも増えてきている。
 2008年の市場規模は、数量ベースで前年対比41.6%増の5240台、金額ベースで33.7%増の86億円と見込まれており、その後も増加を続け2012年には1万7720台/236億5000万円に達すると予測される。
 市場占有率を見ると、低価格のゲートウェイ型製品を中心に展開している外資系ベンダが数量ベースのシェア1位を確保しているが、ウイルス対策大手やアジア系のベンダの参入などにより競争が激化している。一方、もともとメールサーバでポジションの高い外資系ベンダがメールサーバ型/ゲートウェイ型の両製品を展開し、メールサーバ型で金額を稼いで金額ベースのシェア1位を維持している。
 中堅以下の企業での導入拡大に加え、早い時期に導入した大手企業では性能/機能を向上した新製品への買い替えも広がってきており、今後も市場は好調に推移していくとみられる。

メールセキュリティアプライアンスシェア

メールセキュリティアプライアンスシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

メールセキュリティ/メールセキュリティアプライアンス シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

メールセキュリティ」関連の製品

メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail」 【NTTソフトウェア】 クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 アンチスパムソリューション「Active! hunter」 【クオリティア】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止
クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
コラボレーション型「CLOUDMARK」、学習型「SVM」の強力なツインエンジンを搭載したアンチスパムソリューション。アプライアンスタイプも提供。

メールセキュリティ」関連の特集


メール誤送信防止ソリューション、頭ではイメージできるけど、具体的にどうやって使うのかイメージしにくい…



メール誤送信は情報漏洩事件の大きな割合を占めているものの、実際起こった時の法的リスクについて語られる…



IIJは自社のクラウド基盤上でビッグデータの高速処理システムを提供する「IIJ GIO Hadoop…


メールセキュリティ」関連のセミナー

標的型攻撃対策ソリューションセミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 1月13日(金),2月9日(木),3月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

情報漏洩防止のみならず、昨今猛威をふるうランサムウェア対策という観点からも、標的型攻撃への対策はますますその重要度が増しています。本セミナーでは最近の標的型攻撃…

【Proofpoint】触って実践・体験セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 12月14日(水),1月11日(水),1月26日(木),2月7日(火),2月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

特定の企業や組織を狙って、マルウェアやフィッシングメールを送りつける標的型攻撃や、身代金を要求するランサムウエアが急増するなか、その入り口となるメールセキュリテ…

〜導入検討中のユーザー様向け〜標的型攻撃対策紹介セミナー 【サイバーソリューションズ】  

開催日 1月27日(金),2月24日(金),3月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、標的型攻撃の脅威は対岸の火事では無くなりつつあります。日本を代表する機関・企業が万全の対策を行っていたにも関わらず、メールの標的型攻撃により、数百万人規模…

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メールセキュリティ/ メールセキュリティアプライアンス シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メールセキュリティ/ メールセキュリティアプライアンス シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003061


IT・IT製品TOP > メール > その他メール関連 > その他メール関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ