この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日 2009/06/05
金曜Blackピット 〜世界の“記念日”つまみ食い編〜

登人物紹場介

金曜Black★ピット!気になるその登場人物をちょっとだけご紹介します♪
ブラックピット

ブラックピット

NAME

ブラックピット(本名非公開)

AGE

36(独身)

所属

某企業SE(今年で6年目)

その他

昔レーサーに憧れ、夢見ていたが断念した経歴を持つ。(中学生の時にゲームセンターのレーシングゲームで全国1位を取り、なんとなく自分ならイケる気がしてしまった。)愛車は黒のスカイライン。憧れはGTR。車とF1観戦が趣味。笑いはもっぱらシュールなネタが好き。

後輩P

後輩P

NAME

後輩P(本名:ピーター・貴)

AGE

26

所属

社会人2年目に突入

その他

日本人の父とアメリカ人の母を持つバイリンガル。留学経験&大学院卒で、自他共に認めるインテリ。 何をやらせてもサクッとこなしてしまうため、頼もしい反面、先輩的には焦らされる存在。でも本人はいたってマイペース。愛車のプリウス(父からのプレゼント)で週末はドライブを楽しむ。

記念日-Today 毎秒131兆回の演算で地球の未来を占う!
Special Day
 もう新聞やニュース等でご存知の方も多いかも知れないが、今日、6月5日は「世界環境デー」だ。
それこそ「環境」に対する意識が世界的に高まってきたのは、つい最近のことように思えるが、実はこの「世界環境デー」が制定されたのは、今から37年前。1972年6月5日に、スウェーデンの首都、ストックホルムで「国連人間環境会議」が開催されたことに由来している。 6月5日から16日に渡って行われた「ストックホルム会議」とも呼ばれるこの会議は、国連の呼びかけで114か国が参加し開催された、世界で初めての“環境問題”をメイン議題とした政府間会合なのだ。

 当時の日本は、出生数のピークを迎え、高度経済成長真っ只中。しかし翌年にはオイルショックや、東京湾の魚から基準値を越えるPCB(ポリ塩化ビフェニル)が検出されるなど、環境破壊に対する地球からのサインはちょっとずつ顕在化していたように思える。 しかし残念なことに、気候変動に対する関心・取り組みが現在のようにブームになるまでには何十年と時間がかかってしまった。

 気候変動は地球規模での解明・予測が不可欠で、現在の日本では海洋研究開発機構のスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」が利用されている。この地球シミュレータ、2009年3月には新型機が運用を開始し、システム全体の演算能力は、理論値で131テラフロップス。  テラフロップスといえば、1秒間に1兆回の浮動小数点数演算(実数計算)を実行できることを意味する…というから、その能力は想像を超える。しかも稼働時の消費電力は従来の7〜8割まで減らせるとあって、地球環境にも貢献しているというから頼もしい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

金曜Black★ピット/ 世界的エコブームの先駆けとは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「金曜Black★ピット/ 世界的エコブームの先駆けとは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「金曜Black★ピット」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、ニュース内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003043



このページの先頭へ
噂のIT都市伝説

キーマンズネットとは

ページトップへ