この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日 2009/04/24
金曜Blackピット 〜世界の“記念日”つまみ食い編〜

登場人物紹介

金曜Black★ピット!気になるその登場人物をちょっとだけご紹介します♪
ブラックピット

ブラックピット

NAME

ブラックピット(本名非公開)

AGE

36(独身)

所属

某企業SE(今年で6年目)

その他

昔レーサーに憧れ、夢見ていたが断念した経歴を持つ。(中学生の時にゲームセンターのレーシングゲームで全国1位を取り、なんとなく自分ならイケる気がしてしまった。)愛車は黒のスカイライン。憧れはGTR。車とF1観戦が趣味。笑いはもっぱらシュールなネタが好き。

後輩P

後輩P

NAME

後輩P(本名:ピーター・貴)

AGE

26

所属

社会人2年目に突入

その他

日本人の父とアメリカ人の母を持つバイリンガル。留学経験&大学院卒で、自他共に認めるインテリ。 何をやらせてもサクッとこなしてしまうため、頼もしい反面、先輩的には焦らされる存在。でも本人はいたってマイペース。愛車のプリウス(父からのプレゼント)で週末はドライブを楽しむ。

記念日-Today 植物の成長を促すLEDは何色!?
Special Day
 毎年4月24日は「植物学」の日だ。これは1862年に日本の著名な植物学者である牧野富太郎が生まれた日であることに由来する。美しい植物のスケッチを数多く残したことでも知られる彼は、日本の植物学の父と言われており、その生涯のほとんどを植物研究に費やし、1957年に亡くなるまでの95年の生涯で、実に2500種以上の植物を命名したそうだ。

 さて、そんな植物も最近では、バイオエタノールガソリンやバイオ分野などで有効活用されている。バイオエタノールガソリンは、通常のガソリンと トウモロコシなどから生成されたバイオエタノールを混合したガソリンで、環境にも優しいと、昨今注目されている。また、植物バイオ分野でも研究が進んでおり、ウイルスに強い新品種の育成、遺伝子組み換えといった分野の技術の発展が目覚ましい。遺伝子組み換え技術については、安全性についてなど色々問題を指摘されている部分もあるが、それでも世界で栽培される遺伝子組み換え作物の栽培総面積は、 年々増加を続けており、2008年は過去最高の1億2500万ヘクタールにも達しているという。

 また、人工光を当て、温度や湿度、二酸化炭素濃度などの環境を人工制御することで、季節や場所に関係なく、野菜などの植物を生産する「植物工場」も誕生している。昭和電工では、植物育成に最適な波長の光を、従来よりも省エネルギー&高出力で出すLED素子を開発し、サンプル販売を開始している。植物は波長660ナノメートル付近の赤色光を照射されると、光合成反応の効率が高まり成長が大きく促進する。つまり、今日の表題にもなっているLEDの色の答えは「赤」で、この赤色LED素子を使えば、より効率よく植物を生産することができるというのだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

金曜Black★ピット/ 「植物工場」に「植物ブロガー」!?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「金曜Black★ピット/ 「植物工場」に「植物ブロガー」!?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「金曜Black★ピット」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、ニュース内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003037



このページの先頭へ
噂のIT都市伝説

キーマンズネットとは

ページトップへ