この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

悩ましきムダ紙から脱却!電子帳票

2009/06/15


 企業では、請求書、明細票、申込書、申請書など、数多くの帳票類が業務で使用されている。これらの帳票を電子化して業務の効率化を推進していくには、利便性に優れた電子帳票システムの構築が不可欠である。しかし、電子帳票システムの導入・運用コストや、帳票を電子化するときの手間を懸念してシステムの導入を控えている企業も少なくない。そこで、今回の特集では、電子帳票システム基本機能を改めて整理するとともに、どこまで使い勝手が向上してきたのか、その最新事情を詳しく解説していく。また、IT製品選び方ガイドでは電子帳票システムの選定ポイントについて詳しく解説しているので、そちらも是非参考にしていただきたい。

電子帳票

※「電子帳票/悩ましきムダ紙から脱却!電子帳票」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「電子帳票/悩ましきムダ紙から脱却!電子帳票」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

電子帳票の選び方ガイドへ
電子帳票シェア情報へ


1

電子帳票を解体しよう!

1-1

電子帳票とは

 帳票とは、発注書や請求書などの伝票類や申請書などの総称であり、業務を円滑に進めるために必要不可欠な存在である。帳票は基本的に日常の定常業務から出力され、企業内では“図1”に示すように、本社を中心に、支社・営業所、資材部門、製造部門、出荷センター、取引先などの間で行われる業務プロセスや、製造・販売管理、会計、人事などのシステムで、多種多様な帳票が使われている。
 これらの帳票類は「定型帳票」と「非定型帳票」に大別することができる。定型帳票はあらかじめ出力要件の定まった書式の帳票のこと。一方、非定型帳票は任意に出力データを設定する帳票のことで、営業、購買、業務管理などで、意思決定のために必要とされる報告書や集計表などが非定型帳票に相当する。

図1 企業における帳票の流れ
図1 企業における帳票の流れ
企業で必要とされる帳票の数と種類は非常に多く、業種・業態を問わずほとんどの企業において100種類を超える帳票が流通している。大手企業に至っては必要とされる帳票数は一般に数百から数千にのぼると言われている。
資料提供:ウイングアーク テクノロジーズ

 このように、企業では帳票が業務プロセスの中核に位置づけられていることから、帳票の電子化は企業が取り組まなければならない重要なテーマになっている。
 そして、帳票の電子化を実現するためのITツールが電子帳票システムというわけだ(図2)。電子帳票システムを導入することで、各クライアントが適切な帳票を端末上で参照したり、ネットワーク経由で帳票を必要な部門に伝達・配布したりできるようになる。

図2 電子帳票システムのシステム構成例
図2 電子帳票システムのシステム構成例
資料提供:JFEシステムズ

 ここで、電子帳票システムを語る上で1つ注意しなければならない点がある。それは電子帳票システムという言葉の厳密な定義が存在しないことから、ベンダ各社によって電子帳票システムが指し示すツールの内容が異なるという点だ。帳票の電子化に関連するITツールを概観してみると、「帳票設計・出力」に役立つツール、「帳票運用・保存」に役立つツール、両者の機能を併せ持つツールやオプションで提供されているツールなどが市場で混在しており、これらのツールは統合運用管理ツールや文書管理ツールとも連携できるようになってきている。従って、電子帳票システムが指し示す範囲を厳密に規定することはできない。しかし主要ベンダでは、帳票を2次利用するための「帳票運用・保存」に役立つツールを電子帳票システムと位置付けているケースが多いことから、本稿でもこれに倣って説明を進めていく。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

電子帳票/悩ましきムダ紙から脱却!電子帳票」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子帳票」関連情報をランダムに表示しています。

電子帳票」関連の製品

Create!Form 【インフォテック】 電子帳票ソリューション「FiBridgeシリーズ」 【JFEシステムズ】 電子帳票システム「活文 Report Manager」 【日立ソリューションズ】
電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム
簡単な作業ステップで作成できる帳票設計・出力支援ソフトウェア。
グラフやバーコードなど多様な表現が可能。
PDF・HTML・Excel・プリンタ印刷で高速な出力を実現。
シリーズ製品の「FiBridgeII」は3000社以上の導入実績があり、10年連続シェアNo.1の電子帳票システム。超高速変換/検索、高い拡張性、充実のセキュリティ機能などが特長。 Web・タブレット対応の電子帳票システム。帳票のライフサイクルを自動管理し、運用コスト削減!海外からも利用できる!

電子帳票」関連の特集


企業のグローバル展開や統合・組織改編などの動きが活発化している昨今、ワークフローツールにも“柔軟性”…



税務関係書類のスキャナ保存要件が緩和された。今後、領収書や請求書の電子文書化を考える企業が増えてくる…



オフィスを侵食し続ける書類の山に「心がけ」で対処する時代はもう終わり。半ば強制的に紙を減らす最新ノウ…


電子帳票」関連のセミナー

「Create!Form V11.1」ハンズオンセミナー 【インフォテック】  

開催日 5月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、1人1台のPCをご用意し「Create!Form Design」を実際に操作して帳票レイアウトの作成からテスト出力までを体験していただきます。「…

「Create!Form V11.1」ハンズオンセミナー 【インフォテック】  

開催日 5月10日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、1人1台のPCをご用意し「Create!Form Design」を実際に操作して帳票レイアウトの作成からテスト出力までを体験していただきます。「…

ユーザー事例とデモで学ぶ「Create!Form V11.1」セミナー 【インフォテック】  

開催日 5月17日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「思いどおりの帳票デザインがなかなかできない」「軽量なPDF帳票を生成したい」「複数の業務システムからの帳票出力を一元化したい」など、帳票設計と出力でお悩みの方…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

電子帳票/ 悩ましきムダ紙から脱却!電子帳票」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「電子帳票/ 悩ましきムダ紙から脱却!電子帳票」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003015


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ