こだわるは所有ではなく“使いこなす”ERP

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

こだわるは所有ではなく“使いこなす”ERP

2009/05/11


 企業の基幹系業務を統合的に処理するERPパッケージ。さまざまな業務を横断的に管理可能にし、最も経営効率を高められるようにしていこうというのがERPの目標だ。スピード経営、変化への素早い対応が強く求められるようになったこの十数年の間に、大企業で普及してきたERPパッケージだが、中堅・中小企業では主にコストと導入期間が障壁となり、なかなか普及が進んでいない。しかし今、パッケージベンダは中堅・中小規模のビジネスにマッチする製品ラインナップを整備し、導入が容易になってきた。加えてASP/SaaSとしての機能提供も始まり、ますますコスト効果の高いERP実現の道が開けている。今回は特に中堅・中小企業に最適なERPパッケージとサービスを解体していこう。「IT製品選び方ガイド」でのERP選択のポイントも、参考にしていただきたい。

ERP

※「ERP/こだわるは所有ではなく“使いこなす”ERP」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/こだわるは所有ではなく“使いこなす”ERP」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ERPの選び方ガイドへ
ERPシェア情報へ


1

ERPを解体しよう!

1-1

ERPとは

 ERP(Enterprise Resource Planning)とは経営効率を高めるために経営資源を適切に配置・配分する「企業資源計画」のことだが、そもそもこの考え方は企業資源計画を実現可能にするパッケージ・ソフトウェアとともに広がったものだ。そのためERPといえばERPパッケージのことを指し、目的そのものよりもパッケージを利用したシステムのことをいう場合が多い。「ERPを選ぶ」という表現は、「ERPパッケージを選ぶ」という意味だ。この場合のERPを日本語にするなら「統合基幹業務パッケージ」と呼ぶほうがふさわしい。

■ERPパッケージの機能とは

 ではERPパッケージが統合する基幹業務とは何だろうか。それは業種・業態によって範囲や種類が異なるかもしれない。とはいえビジネスがお金を価値基準にしている以上、財務会計にはすべての業務の結果が集約されている必要がある。そのため、ERPパッケージも財務会計を中心に、製造、物流、販売、調達、人事といった業務をモジュール化して提供している場合が多い。必要なモジュールを導入して、企業に適した機能が利用できるようになっている。そのイメージを図1に示す。 

図1 ERPパッケージのイメージ
図1 ERPパッケージのイメージ
(資料提供:富士通)

 従来の企業システムは、経理なら経理部といった部門別に、それぞれの業務に最適化したシステムが開発され、時にはデータ連携を行うとはいえ、多くのシステムが基本的には独立して運用されてきた。そういったシステムは各システムの開発時の業務の要求に基づいて作られているために、既存の業務プロセスに最適化されてはいるものの、必ずしも全体的な見通しをもっていない。そのため、経営判断に必要な経営指標をシステムから導き出そうとすると、部門に個別に問い合わせるか、最も全体的な情報が集まる経理部門・財務部門に問い合わせることになる。前者の方法では時間がかかることは自明であり、後者の方法では元になっている情報が最新のものである保証がない。業務部門においても事情は同じで、例えば思いがけない大量注文の際の納期確認を行おうとすると、倉庫部門の在庫で間に合わなければ生産部門・調達部門などに問い合わせる必要があり、納品のための配送部門のスケジュール確認なども必要になる。これには多くの時間がかかる。このように基幹系のシステムといっても複数が運用されていて、相互の連携がリアルタイムにできていないことが、経営のスピード化を妨げる大きな課題だった。それを改善するものとしてERPパッケージが脚光を浴びてきた。ERPパッケージを理解するためのキーワードは2つある。「統合データベース」と「ベストプラクティス」がそれだ。次章ではこの2点から導入メリットを紹介する。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/こだわるは所有ではなく“使いこなす”ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】 クラウド交通費・経費精算システム「Dr.経費精算」 【BearTail】
ERP 会計システム 会計システム
世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。 領収書をスマホで撮影するだけで、経費申請データをオペレーターが入力代行。経費精算にかかる手間と時間を大幅に削減できるクラウド経費精算システム。

ERP」関連の特集


「日本版SOX法」に備える特集の2回目。今回はSOX法対応に有効なツールとそれらを導入する際に注意す…



2009年度の市場が692億5000万円の中堅・中小企業向けERP。同製品の市場占有率をお届けします…



現時点では、売り上げ分析を中心とした販売管理システムそのものの改善が求められている同市場。上位3社の…


ERP」関連のセミナー

アイネスSAPセミナー 2017春 IN 東京 【アイネス】 注目 

開催日 5月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 基幹系システムのマスターデータは、企業活動を継続する上で欠かせないものであり、多大なコストをかけて積み重ねてきた最も重要な資産の1つです。 その重要な資産であ…

パートナー募集セミナー:FutureOneベストセレクション 【FutureOne/日本マイクロソフト】  

開催日 6月29日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【セミナー概要】  この度FutureOneは、弊社と共に中堅・中小企業を支える  パートナー様を募集いたします。   本セミナーでは、弊社がご提供する基幹業務…

導入担当者が語る商社業界向けERP導入のポイント 【双日システムズ/ウイングアーク1st】  

開催日 6月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

双日システムズが従前より得意とする商社業界へのERP(GRANDIT)の導入に関して、最新ユーザである堺商事様の導入事例をご紹介します。まずは基調講演としてフロ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ こだわるは所有ではなく“使いこなす”ERP」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ こだわるは所有ではなく“使いこなす”ERP」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003005


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ