活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条

2009/04/20


 人事部の定型業務は幅広いが、会社ごとに大きく変わるものではない。それらを支援する人事管理システムだけに、機能的な面の比較だけで差異を見つけるのは難しそうだが、世の中には数多くの製品が出回っている。それらの中からどういうところに着目して選択すると、自社のやりたいことにフィットする製品が選べるのか、ここでは製品選定のポイントを紹介する。人事管理システムの基本や最新動向についてはIT製品解体新書をご覧いただきたい。

人事管理システム

※「人事管理システム/活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「人事管理システム/活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

人事管理システムの基礎解説へ
人事管理システムシェア情報へ


1

人事管理システムの選び方

 製品選定の前にまず、明確にしておきたいのが、人事情報の使用用途である。例えば紙で保存している人事情報をデジタル化して管理するだけならば、エクセルなどの表計算ソフトで作成すれば十分かもしれない。しかし、「人事情報を活用して最適な人材配置をしたい」「人事情報と連動し、給与管理を行いたい」「複数ある連結子会社を含め、統合的な人事管理をしたい」などの目的があるのであれば、人事管理システムの導入検討は必須である。せっかく導入しても宝の持ち腐れになってしまわないよう、まずは人事情報を使って何をしたいかを明確にしたうえで、以下のポイントで製品選定を行って欲しい。

1

アーキテクチャを選択する

2

提供されている機能が導入目的に合致しているか

3

拡張性、柔軟性はどうか

4

使い勝手はどうか

5

出力帳票が充実しているか

6

セキュリティ機能はどうか

7

「ヒト」を活かすためにどんな機能が提供されているか

8

サポート体制の充実度

1-1

アーキテクチャを選択する

 まずは、どんなシステム・アーキテクチャを採用するかが重要である。例えば人事担当者1人がシステムを使えればいいというのであれば、PC1台で操作するスタンドアローンタイプで十分だろう。しかし人事責任者や経営者、事業部門長など複数の人たちで使用したいというのであれば、クライアント/サーバ(C/S)型、もしくはWebシステム型かの選択になる。
 C/S型の場合は、クライアント端末に専用ソフトのインストールが必要になる。そのため、法律や税制などに改正があった場合は、クライアント側もアップデートが必要になるが、なかにはその手間を効率化するため自動でアップデートする機能を標準搭載しているものもある。
 一方のWebシステム型はクライアントに専用ソフトをインストールすることなく、Webブラウザのみで稼働する。法律や税制などに改正があった場合は、サーバ側のみのアップデートとなり、クライアント側でアップデートに対応する必要はない。
 C/S型、Webシステム型のいずれを選択するかは、運用方法によって決まってくる。LAN内で使用するのであれば、C/S型、Webシステム型いずれのタイプでも選択可能となる。しかし遠隔地の拠点でも使用したいという場合はWebシステム型を選択するか、C/S型ツールであれば、遠隔地対応のアーキテクチャを有しているものを選択したい。
 社内にリソースを持ちたくない、システムを運用管理する人材がいないという場合は、SaaS型を選択するのが良いだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

人事管理システム/活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

人事管理システム」関連の製品

シフト管理システム 「シフオプ」 【リクルートジョブズ】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 良い人材を採るチャンスを増やす、求人管理システムで採用を強化 【Donuts】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
各店舗で運用されている「シフト」を可視化することで、管理にかかる時間を大幅に削減。短時間シフトの活用やスタッフの最適配置などを可能にするシフト管理システム。 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
人材採用活動の効果分析できてますか? 選考に集中するために必要なものとは

人事管理システム」関連の特集


タレントマネジメントをすでに自社の人材マネジメントの中に採り入れ、個人のタレントを活かそうとしている…



正確な勤怠管理を行うため、勤怠管理ツールを導入する会社が増えています。しかし「いきなり導入して本当に…



「社員の顔と名前が一致しない…」そんなケースに悩む社員も多いはず。放置しておくと、全社の一体感が損な…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

人事管理システム/ 活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「人事管理システム/ 活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003002


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ