活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条

2009/04/20


 人事部の定型業務は幅広いが、会社ごとに大きく変わるものではない。それらを支援する人事管理システムだけに、機能的な面の比較だけで差異を見つけるのは難しそうだが、世の中には数多くの製品が出回っている。それらの中からどういうところに着目して選択すると、自社のやりたいことにフィットする製品が選べるのか、ここでは製品選定のポイントを紹介する。人事管理システムの基本や最新動向についてはIT製品解体新書をご覧いただきたい。

人事管理システム

※「人事管理システム/活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「人事管理システム/活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

人事管理システムの基礎解説へ
人事管理システムシェア情報へ


1

人事管理システムの選び方

 製品選定の前にまず、明確にしておきたいのが、人事情報の使用用途である。例えば紙で保存している人事情報をデジタル化して管理するだけならば、エクセルなどの表計算ソフトで作成すれば十分かもしれない。しかし、「人事情報を活用して最適な人材配置をしたい」「人事情報と連動し、給与管理を行いたい」「複数ある連結子会社を含め、統合的な人事管理をしたい」などの目的があるのであれば、人事管理システムの導入検討は必須である。せっかく導入しても宝の持ち腐れになってしまわないよう、まずは人事情報を使って何をしたいかを明確にしたうえで、以下のポイントで製品選定を行って欲しい。

1

アーキテクチャを選択する

2

提供されている機能が導入目的に合致しているか

3

拡張性、柔軟性はどうか

4

使い勝手はどうか

5

出力帳票が充実しているか

6

セキュリティ機能はどうか

7

「ヒト」を活かすためにどんな機能が提供されているか

8

サポート体制の充実度

1-1

アーキテクチャを選択する

 まずは、どんなシステム・アーキテクチャを採用するかが重要である。例えば人事担当者1人がシステムを使えればいいというのであれば、PC1台で操作するスタンドアローンタイプで十分だろう。しかし人事責任者や経営者、事業部門長など複数の人たちで使用したいというのであれば、クライアント/サーバ(C/S)型、もしくはWebシステム型かの選択になる。
 C/S型の場合は、クライアント端末に専用ソフトのインストールが必要になる。そのため、法律や税制などに改正があった場合は、クライアント側もアップデートが必要になるが、なかにはその手間を効率化するため自動でアップデートする機能を標準搭載しているものもある。
 一方のWebシステム型はクライアントに専用ソフトをインストールすることなく、Webブラウザのみで稼働する。法律や税制などに改正があった場合は、サーバ側のみのアップデートとなり、クライアント側でアップデートに対応する必要はない。
 C/S型、Webシステム型のいずれを選択するかは、運用方法によって決まってくる。LAN内で使用するのであれば、C/S型、Webシステム型いずれのタイプでも選択可能となる。しかし遠隔地の拠点でも使用したいという場合はWebシステム型を選択するか、C/S型ツールであれば、遠隔地対応のアーキテクチャを有しているものを選択したい。
 社内にリソースを持ちたくない、システムを運用管理する人材がいないという場合は、SaaS型を選択するのが良いだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

人事管理システム/活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

人事管理システム」関連の製品

優秀な外国人エンジニアはどうすれば確保できる? スキル評価で失敗しない秘訣 【日本サード・パーティ】 人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】 人事統合システム「ADPS」 (人事・給与・就業・申請) 【カシオヒューマンシステムズ】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
優秀な外国人エンジニアはどうすれば確保できる? スキル評価で失敗しない秘訣 社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。 「分かりやすく、シンプルに」をコンセプトに、企業のあらゆる人事業務を、より効率的かつ的確にサポートするパッケージシステム。

人事管理システム」関連の特集


 こんにちは。Webマーケティングを担当している長野です。本コラムでは「本気で仕事の生産性を高めるに…



営業マンの不平・不満を放っておくと、業務効率低下を招いたり、最悪の場合そのまま退職・転職につながる可…



こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今回の「見落としがちなマイナンバーのこと」は鈴与シンワート株…


人事管理システム」関連のセミナー

データに基づいて離職率を下げる方法を考えます 【日本アイ・ビー・エム】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

特に人材サービスで働かれているみなさま、離職率を下げたい、辞めない人材を採用したい、このようなことでお困りではありませんか?人が辞める→業務が回りにくくなる→新…

働き方改革の前にすべきこと! 【スーパーストリーム】  

開催日 8月25日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革として、同一労働同一賃金、時間外労働時間の上限規制、少子高齢化における就業促進等、様々なテーマにおける改革が政府を中心に進んでいます。統合業務パッケー…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

人事管理システム/ 活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「人事管理システム/ 活かせるか?「人事管理」選びの8ヵ条」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003002


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ