中堅中小企業向けストレージ活用の極意

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

中堅中小企業向けストレージ活用の極意

2009/06/18


 企業が取り扱うデータ量が増大の一途を辿る中、ストレージを効率的に管理・運用することの重要性はますます高まっている。しかし、ストレージ導入にはサーバの活用状況やシステムの運用形態といった様々な要素が関係する。特に中堅・中小企業向けストレージは単に大企業向け製品をスペックダウンすれば良いというものではない。そこで本稿では中堅・中小企業を年商に応じて中堅Hクラス、中堅M/Lクラス、中小企業クラスの3つに分け、「ユーザの課題とニーズ」「ベンダの動向」「ユーザにとっての選定ポイント」を解説していくことにする。

ストレージ

※「ストレージ/中堅中小企業向けストレージ活用の極意」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ/中堅中小企業向けストレージ活用の極意」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

岩上 由高

シニアアナリスト 岩上 由高(Yutaka Iwakami)

株式会社 ノークリサーチ企業サイトへ
アナリストファイル #045

早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは技術面での経験を生かしたリサーチ/コンサル/執筆活動を担当。



1

中堅・中小企業の年商区分

 中堅・中小企業と一言で表現しても、その範囲は非常に広い。情報システム部門を擁し大企業とほぼ同様の投資傾向を示すものもあれば、ごく小規模でSOHOに近いものもある。これらを分類する際には年商、従業員数、情報システム部門の有無/人数など様々な指標がある。ストレージの投資状況は従業員数よりも年商や業種に依存することが多い。例えば、業績が好調な動画/音声コンテンツの配信サービスを提供する企業は従業員数と関係なくストレージへ積極的に投資する傾向がある。そこで、本稿では年商区分を元にして中堅・中小企業を以下のように分類し、その分類ごとにストレージ活用の実態と今後の展望を見ていくことにする。

中堅Hクラス(年商300〜500億円)

 情報システム部門を持つ場合が多く、ストレージへの投資傾向は大企業に近い。

中堅L/Mクラス(年商50〜300億円)

 計画性や全体最適の視点が十分でないため、IT投資における試行錯誤が多い。通常は中堅Lクラス(年商100〜300億円)及び中堅Mクラス(年商50〜100億円)に分けるが、ストレージでは両者の傾向が近いため、ここでは中堅L/Mクラスとしてまとめる。

中小企業クラス(年商5〜50億円)

 専任の情報システム部門担当者はほとんどおらず、扱うデータ量も少ない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ストレージ/中堅中小企業向けストレージ活用の極意」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ」関連の製品

無停止型サーバ「ftServer」ファミリ 【日本ストラタステクノロジー】 オンラインストレージ・パッケージ DocPlug 【鉄飛テクノロジー】 タブレット活用ファイル共有クラウド SYNCNEL for Enterprise 【ソフトバンク コマース&サービス】
PCサーバ オンラインストレージ/ファイルストレージ ファイル共有
「インテルXeonプロセッサ E5-2600v3シリーズ」を搭載した無停止型サーバ。仮想化システム/クラウド/DBサーバなど、ミッションクリティカルなシステムに高い可用性を提供。 自社のファイルサーバをオンラインストレージとして利用できるソフトウェア。PCやタブレット、スマートフォンを利用した社外からのデータアクセスを簡単に実現。 企業活動で求められる要件である「セキュリティ」「管理・監視」に重点を置いて開発された、ドキュメント・動画・画像などの情報共有を行うためのクラウドサービス。

ストレージ」関連の特集


企業のIT担当者751人対象に「UPSの導入状況」を調査。「満足度」「重視ポイント」「必要機能」など…



基本的な機能やコミュニケーションの活性化に繋がる機能に言及しながら、社内SNSの最新事情をわかりやす…



量販店で売れている人気製品はどれ?今月はセキュリティソフトの売れ筋を調査!


ストレージ」関連のセミナー

Japan Enterprise Infrastructure Vision 2017 【IDC Japan】 注目 

開催日 8月3日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

〜柔軟で迅速なITインフラを実現するSoftware-Definedとハイブリッドクラウド〜「ビジネス環境の変化に対応するためのITインフラ改革」をテーマに、デ…

Linux-HAによるクラスタ運用およびトラブルシューティング 【サードウェア】  

開催日 7月25日(火)〜7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

Linux-HAによるクラスタ運用およびトラブルシューティング(有償、2日間コース)既存で構築されたLinux-HAシステムを運用するために必要な概念、様々な運…

Citrix Cloud 早わかりセミナー 【アセンテック/シトリックス・システムズ・ジャパン 】 締切間近 

開催日 7月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

ついに国内でも発表となった、素早く、手軽に、セキュアな仮想環境を実現する先進クラウドソリューションである“Citrix Cloud”。その高い機能性と先進性、ま…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ/ 中堅中小企業向けストレージ活用の極意」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ/ 中堅中小企業向けストレージ活用の極意」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30002980


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ