中堅中小企業向けストレージ活用の極意

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

中堅中小企業向けストレージ活用の極意

2009/06/18


 企業が取り扱うデータ量が増大の一途を辿る中、ストレージを効率的に管理・運用することの重要性はますます高まっている。しかし、ストレージ導入にはサーバの活用状況やシステムの運用形態といった様々な要素が関係する。特に中堅・中小企業向けストレージは単に大企業向け製品をスペックダウンすれば良いというものではない。そこで本稿では中堅・中小企業を年商に応じて中堅Hクラス、中堅M/Lクラス、中小企業クラスの3つに分け、「ユーザの課題とニーズ」「ベンダの動向」「ユーザにとっての選定ポイント」を解説していくことにする。

ストレージ

※「ストレージ/中堅中小企業向けストレージ活用の極意」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ/中堅中小企業向けストレージ活用の極意」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

岩上 由高

シニアアナリスト 岩上 由高(Yutaka Iwakami)

株式会社 ノークリサーチ企業サイトへ
アナリストファイル #045

早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは技術面での経験を生かしたリサーチ/コンサル/執筆活動を担当。



1

中堅・中小企業の年商区分

 中堅・中小企業と一言で表現しても、その範囲は非常に広い。情報システム部門を擁し大企業とほぼ同様の投資傾向を示すものもあれば、ごく小規模でSOHOに近いものもある。これらを分類する際には年商、従業員数、情報システム部門の有無/人数など様々な指標がある。ストレージの投資状況は従業員数よりも年商や業種に依存することが多い。例えば、業績が好調な動画/音声コンテンツの配信サービスを提供する企業は従業員数と関係なくストレージへ積極的に投資する傾向がある。そこで、本稿では年商区分を元にして中堅・中小企業を以下のように分類し、その分類ごとにストレージ活用の実態と今後の展望を見ていくことにする。

中堅Hクラス(年商300〜500億円)

 情報システム部門を持つ場合が多く、ストレージへの投資傾向は大企業に近い。

中堅L/Mクラス(年商50〜300億円)

 計画性や全体最適の視点が十分でないため、IT投資における試行錯誤が多い。通常は中堅Lクラス(年商100〜300億円)及び中堅Mクラス(年商50〜100億円)に分けるが、ストレージでは両者の傾向が近いため、ここでは中堅L/Mクラスとしてまとめる。

中小企業クラス(年商5〜50億円)

 専任の情報システム部門担当者はほとんどおらず、扱うデータ量も少ない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ストレージ/中堅中小企業向けストレージ活用の極意」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ」関連の製品

Oracle DBユーザーが選ぶべき「次」の構成、エキスパートの提言 【東京エレクトロン デバイス+他】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 iPad用ペーパーレス会議システム 「ZERO COPY Meeting」 【ソフトバンク コマース&サービス】
SAN BI その他情報共有システム関連
Oracle DBユーザーは「次」に何を選択すべきか。ライセンス問題が話題になるが、移行や大規模な改修は避けたいのが本音だ。解決策はDBの外にある。 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 会議資料の配布・回収が自由自在で、紙資料の良さを十分に生かしたペーパーレス会議システム。資料の配布状態をコントロールできるため、外部流出のリスクも大幅に軽減。

ストレージ」関連の特集


軽量薄型で突出したスペックを有する「Ultrabook」が話題!でも…ネットブック?タブレット?イマ…



デスクトップ仮想化で特に「仮想PC方式」で導入障壁になりがちなコスト課題。ストレージコストやライセン…



Webサイトはもはや企業に欠かせぬマーケティングツール。一方で運用の負荷は増すばかり…もっとラクにで…


ストレージ」関連のセミナー

シスコの爆速堅牢なハイパーコンバージドインフラご紹介セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 10月6日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

 今現在のインフラ基盤は物理から仮想化へ移行し、サーバ仮想化統合やVDI、プライベートクラウドへと発展してきました。しかし、ストレージリソースの容量やパフォーマ…

シスコの爆速堅牢なハイパーコンバージドインフラご紹介セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 10月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 今現在のインフラ基盤は物理から仮想化へ移行し、サーバ仮想化統合やVDI、プライベートクラウドへと発展してきました。しかし、ストレージリソースの容量やパフォーマ…

OSS+SBクラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ 【主催:サードウェア 協力:NECネクサソリューションズ/SBクラウド/オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 9月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

★「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから守る方法★【もはや大企業だけではなくなった。「止められないシステム」「消えてはいけない」デ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ/ 中堅中小企業向けストレージ活用の極意」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ/ 中堅中小企業向けストレージ活用の極意」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30002980


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ