この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

APS(生産スケジューラ)

2009/01/06


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、アイ・ティ・アールの情報を元に、APS(生産スケジューラ)のシェア情報をご紹介しよう。

 アイ・ティ・アールの調べによれば、2007年度の国内APS(生産スケジューラ)市場は、出荷金額が前年対比10.0%増の15億4000万円と、堅調な伸びを示している。
 市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、2007年度は、豊富な実績を持つアスプローバが堅調に売上げを伸ばし、17.5%を獲得して1位となった。同社は、2008年度より一部機能を限定したLight版を発売し、これまで導入が進まなかった中小企業への販売を拡大していくとみられる。また、2位には豊富な機能を差別化ポイントとして12.3%のシェアを獲得したウィザードシステム研究所が、3位は3つのAPS製品を揃え11.7%を獲得した日立東日本ソリューションズ、以下、フレクシェの11.0%、富士通の6.5%、横河電機の5.2%と続いている。
 APSに特化するベンダはここ数年固定化し、新規参入なども見られないことから、安定的ではあるが市場に大きな伸びが見込めないなどの懸念材料を抱えている。また、現時点のAPSは製品の基本的な仕組みを理解した使いこなしが必要で、導入されたものの、使用されなくなるといったケースも出ている。その意味で、APSにとっての競合は、他のSCM分野の製品ではなくAPSというコンセプトそのものであり、利用を定着化させるためのソリューションやサポート体制、それを可能とする製品開発が差別化の要因となるとみられる。

APS(生産スケジューラ)シェア

APS(生産スケジューラ)シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

APS/「APS(生産スケジューラ)」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「APS」関連情報をランダムに表示しています。

APS」関連の特集


量販店で売れている人気製品はどれ?電気異常からパソコンを守る低価格「UPS」を調査。



企業固有の製造プロセス・手法に合致させることが求められる生産管理システム。利用端末環境も変化が進む中…


APS」関連のセミナー

Asprova無料紹介セミナー 【アスプローバ】  

開催日 12月12日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

・従来の生産計画の問題点・スケジューラの選択・ユーザ導入負担軽減に努めるAsprova・Asprovaの発展・「無限能力・固定リードタイム呪縛」からの解放・有限…

Asprova無料紹介セミナー 【アスプローバ】  

開催日 1月10日(火),1月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

・従来の生産計画の問題点・スケジューラの選択・ユーザ導入負担軽減に努めるAsprova・Asprovaの発展・「無限能力・固定リードタイム呪縛」からの解放・有限…

Asprova無料紹介セミナー 【アスプローバ】  

開催日 1月16日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

・従来の生産計画の問題点・スケジューラの選択・ユーザ導入負担軽減に努めるAsprova・Asprovaの発展・「無限能力・固定リードタイム呪縛」からの解放・有限…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

APS/ 「APS(生産スケジューラ)」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「APS/ 「APS(生産スケジューラ)」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002968


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ