この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

財務管理パッケージ

2008/12/09


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ノークリサーチの情報を元に、財務管理パッケージのシェア情報をご紹介しよう。

 ノークリサーチの調べによれば、中堅/中小企業向け財務管理アプリケーションは、オフコン時代初期より導入されているため導入率も高く、機能的な面でも“枯れて”きており、パッケージ化率が9割に達している。2008年の市場占有率(利用シェア)を見ると、OBCが29.5%で1位、2位のPCAが11.9%、3位の弥生が11.3%、4位のミロク情報サービスが7.2%、5位のOSKが4.9%と続いている。
 OBCは2007年に続き、年商規模に関わらず大きなシェアを獲得したが、2位以下のシェア変動要素は高く、混戦状態が続いている。年商50億円未満の中小企業クラスではOBCの「勘定奉行」が31.8%と強いが、PCA「PCA会計」と弥生「弥生会計」もシェアを高め、3製品で約6割を占めている。年商50億円以上の中堅クラスではミロク情報サービスの「財務大将」が9.7%で2位となり、「PCA会計」の8.4%、「弥生会計」の7.1%を上回った。
 満足度評価では上位5社とも100点満点で70点以上を得ており、“枯れ具合”の状況を表わしている。
 利用予定シェアでもOBCが30.3%で1位だが、2位は弥生で12.8%、OSKが10.2%で3位に食い込んでいる。2位以下は利用予定や利用シェアが年ごとに入れ替わっており、今後も1位がOBCで、2位以降が入れ替わる展開が続くと予想される。一方、経済産業省が進める財務会計を中心としたSaaS(Software as a Service)の中小企業への浸透は、当面パッケージシェアに大きな影響は与えないとみられる。

財務管理パッケージシェア

財務管理パッケージシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

財務管理/「財務管理パッケージ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「財務管理」関連情報をランダムに表示しています。

財務管理」関連の製品

ZeeM 会計 【クレオマーケティング】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】
会計システム 特定業種向けシステム ERP
財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。

財務管理」関連の特集


ITILソリューションとしての地位を確立しつつある統合運用管理ツール。今回は「ITIL」の基礎と、統…



「クラウドERP」への関心や導入意欲が急速に高まりつつあるという。ユーザはどういった理由でクラウドE…



運用のお手本ITIL。しかしその一方で本当に使えるの?という声も…。そこで今回はITIL をイチから…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

財務管理/ 「財務管理パッケージ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「財務管理/ 「財務管理パッケージ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002965


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ