この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

中堅・中小企業でのERP

2008/10/21


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ノークリサーチの情報を元に、中堅・中小企業におけるERPのシェア情報をご紹介しよう。

※「ERP/「中堅・中小企業でのERP」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/「中堅・中小企業でのERP」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ERPの選び方ガイドへ
ERPの基礎解説へ

 ノークリサーチの調べによれば、2008年の中堅・中小企業におけるERPの市場占有率は、OBCが11.8%で1位、2位のOSKが10.4%、3位のSAPジャパンが9.6%と続いている。
 OBCは、中堅Lクラス(年商50億〜100億円)をターゲットとした「奉行新ERP」に加え、2007年秋に「奉行vERP」を追加したことが首位獲得に寄与した。「奉行vERP」は64ビット対応や有効桁数増加などで大規模への対応をアピールしたほか、TISとのSaaS協業など露出が多かったこともシェア増加の一因とみられる。
 「SMILE αシリーズ」で2007年に首位を獲得していたOSKは今回2位となったが、中小企業のうち年商20億〜50億円のクラスでは首位を堅持している。「SMILE α AD」の後継として6月に出荷開始した「SMILE BS」による訴求で首位奪還を目指すものと予想される。
 SAPジャパンは中堅Hクラス(年商300億〜500億円)向けに「SAP Business All-in-One」を、中小企業クラス(年商5億〜50億円)向けに「SAP Business One」を提供している。しかし実際には、オフコン時代に個別導入した会計管理システムや生産管理システムをERP導入で見直す先進企業の「SAP ERP(R/3、my SAP ERPも含む)」導入がシェア増加の要因となっている。
 日本でのERP導入はビッグバン導入とは対照的に個々の業務アプリケーションを個別に導入する形で発展してきた。今後、外資系ベンダが日本のERP導入事情を踏まえた製品ラインアップを揃えられるかどうか注目だ。

中堅・中小企業でのERPシェア

中堅・中小企業でのERPシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/「中堅・中小企業でのERP」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

ERPのクラウド移行、トプコンがコストと運用負荷を大幅削減できた秘訣とは? 【日本アイ・ビー・エム】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 インテリジェント クラウド ERP Microsoft Dynamics AX 【日本マイクロソフト】
IaaS/PaaS ワークフロー ERP
ERPのクラウド移行、トプコンがコストと運用負荷を大幅削減できた秘訣とは? 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 マルチデバイスでどこからでも利用できる、クラウド対応の統合ERPソリューション。

ERP」関連の特集


2015年以降、強制適用の可能性が高まってきた国際会計基準(IFRS)の基礎解説と、情シスが対応すべ…



昨年はICタグブームの年であった。ウォル・マートのICタグ導入宣言など世界的なICタグ導入の気運が高…



仕事を奪う略奪者として警戒される向きもある「RPA」。その実態について迫りながら、RPAがどう役立つ…


ERP」関連のセミナー

圧倒的なスピードで業務システムを構築する手法とは 【インフォテリア/パシフィックビジネスコンサルティング】  

開催日 8月4日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「もうプログラムは書かない!圧倒的なスピードで業務システムを構築する手法とは」〜ASTERIA WARPとMicrosoft Dynamics NAVで実現する…

Biz∫SCAW製番管理システム製品説明会 【東京】 【エヌ・ティ・ティ・データ関西】  

開催日 9月15日(金),8月18日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

 業務効率化を進める上で業種業態を問わず、業務の統合マネジメントは重要なテーマとなっています。受注生産・個別受注生産形態をベースとしている「Biz∫SCAW製番…

海外進出企業に求められる国際課税への実務対応と子会社管理 【主催:IIJグローバルソリューションズ/共催:朝日税理士法人/東洋ビジネスエンジニアリング】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、ビジネスのグローバル化のますますの進展に伴い、日本企業における海外事業の重要性が高まる中、海外子会社の管理体制の構築が喫緊の課題となっております。国際課税…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ 「中堅・中小企業でのERP」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ 「中堅・中小企業でのERP」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002949


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ