この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ワンタイムパスワード

2008/10/07


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、ワンタイムパスワードのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、ワンタイムパスワード市場は現在、社内イントラでのセキュリティ向上や金融機関によるB to B to Cでの使用など、従来からのネットワーク/システム認証以外での応用が要因となり、好調に推移している。
 2008年度の市場規模は、数量ベースで前年対比40.0%増の420万ライセンス、金額ベースで36.8%増の93億円と見込まれている。今後も増加を続け、2012年度には1000万ライセンス/200億円に達すると予測される。
 市場占有率を見ると、地方銀行を中心に金融機関向け売上を伸ばしたベンダが、数量/金額ともシェア約7割を占めている。同ベンダでは、中小企業へも訴求した認証管理サーバを提供しているほか、携帯電話などからのアクセスの認証強化ニーズの取り込みも図っている。シェア約12%で2位のベンダは、トークン不要で他社製品と連携できる製品を提供しており、大手企業でのリモートアクセス需要を取り込むとともに、Windowsログオン/シンクライアントでの認証強化を目的とした案件を増加させている。
 今後は、PC以外の通信機器で利用できる製品の拡充にともない、リモートアクセス需要が再び拡大するとともに、携帯電話によるショッピングや金融商品の取引などでの拡大も見込まれる。また、災害時/緊急時に社外で業務を継続するためのセキュリティツールとしても、特別な認証入力機器が不要なワンタイムパスワードへの需要は今後高まると見込まれる。

ワンタイムパスワードシェア

ワンタイムパスワードシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

ワンタイムパスワード/「ワンタイムパスワード」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワンタイムパスワード」関連情報をランダムに表示しています。

ワンタイムパスワード」関連の製品

SSOcube 【ネットスプリング】 クラウド対応認証シングルサインオン WisePoint Shibboleth 【ファルコンシステムコンサルティング】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】
シングルサインオン シングルサインオン 暗号化
シングルサインオン、ID管理・認証機能まで、オールインワンで実装したシングルサインオンアプライアンス。
◎低コスト化を実現、導入・運用管理も容易。
ワンタイムパスワード認証システム「WisePointシリーズ」の、クラウドサービス・社内Webシステムへのログインに特化した製品。Shibboleth(シボレス)認証、SAML2.0対応。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

ワンタイムパスワード」関連の特集


フィッシングによる不正アクセスの危険が高まり拡大した同市場。今後クラウドサービスでの利用拡大が予測さ…



以前から利用されてきたシングルサインオンですが、クラウド時代に突入したことで企業内外をID連携するフ…



リモート環境をセキュアに構築することができる「SSL-VPN」。アクセス制御やシングルサインオン、ク…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワンタイムパスワード/ 「ワンタイムパスワード」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワンタイムパスワード/ 「ワンタイムパスワード」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002945


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ワンタイムパスワード > ワンタイムパスワードの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ