縁の下の力持ち!"テープライブラリ"大解剖

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

縁の下の力持ち!"テープライブラリ"大解剖

2009/02/09


 情報システムのデータの記録と保護を行うツールとして1950年代から使われ続けてきた磁気テープ。そのコストパフォーマンスの高さは現在でも変わらず、データ量が急激に増大する将来の企業システムにおいてますます重要な役目を果たすと見込まれている。大量のデータを扱うシステムにおいて、テープライブラリはディスクとともにデータ保護と障害復旧、災害対策、および長期保管を効率的に行うために不可欠の存在だ。今回はシステムの裏方として可用性を下支えするテープライブラリのしくみと最新動向、ディスク装置などとの比較や併用法などを紹介する。またIT製品選び方ガイド「テープライブラリ特集」では、最適な製品レンジの計算法や最新テープ規格など、将来の拡張性をテーマに詳しく紹介しているのであわせて参考にしてほしい。

テープライブラリ

※「テープライブラリ/縁の下の力持ち!"テープライブラリ"大解剖」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「テープライブラリ/縁の下の力持ち!"テープライブラリ"大解剖」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

テープライブラリの選び方ガイドへ


1

テープライブラリを解体しよう!

1-1

テープライブラリを解体しよう!

 企業システムにおけるデータバックアップの重要性は今さら言うまでもない。それはシステム障害が事業に及ぼす悪影響を最小限にし、早期のサービス復旧を担保する。現在ではディスク装置の低価格化により、バックアップ用途にもディスクが用いられることが多くなっているが、それでも磁気テープには確実なシステムとサービス復旧のための最後の砦として不変の信頼が寄せられている。そのテープのもつ優れた機能と性能を最大限に活用し、かつ人間のオペレーションや管理の手間を最小限にするのがテープライブラリだ。

■テープライブラリの外観と内部

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

テープライブラリ/縁の下の力持ち!"テープライブラリ"大解剖」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テープライブラリ」関連情報をランダムに表示しています。

テープライブラリ」関連の製品

ゲノム解析の最前線、東京大学 医科学研究所が構築した高速・大容量ストレージ 【日本アイ・ビー・エム】
テープストレージ
ゲノム解析の最前線、東京大学 医科学研究所が構築した高速・大容量ストレージ

テープライブラリ」関連の特集


バックアップの効率化は、システム管理者にとって大きな課題。システム環境の把握や要件を明確化、保存方針…



仮想化やクラウド利用の広がり、スマホやタブレットなどデバイスの多様化…。今、それぞれの環境と既存シス…



増加する企業データに対応し、効率化を実現するバックアップツール。その導入状況から各種機能、注目の技術…


「テープバックアップ」関連の特集


阪神・淡路大震災の経験に基づいて策定されたBCPは今回の震災でどんな効果を発揮したのか?神戸製鋼所の…



なぜ今、「磁気テープ」が復権しつつあるのか…。HDDにその地位を奪われたかに見えたものの、データ量が…



今もバックアップメディアの本命はテープ。サーバ統合や自動化の流れを受けて、オートメーション製品が人気…


「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

テープライブラリ/ 縁の下の力持ち!"テープライブラリ"大解剖」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「テープライブラリ/ 縁の下の力持ち!"テープライブラリ"大解剖」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002929


IT・IT製品TOP > バックアップ > テープバックアップ > テープバックアップのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ