この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

量販店売れ筋レポート3月号

ヨドバシ・ドット・コム×キーマンズネット


最新ITゲキ売れ5 −スイッチングハブの巻―

2009/03/25


ヨドバシ・ドット・コムの協力のもと、IT製品の最新トレンドを踏まえ、量販店での売れ筋商品を徹底分析するウェブマガジン「最新ITゲキ売れ5」。2009年3月号では、スイッチングハブを取り上げる。ビジネスを支えるインフラの中でも、LANの重要度はナンバーワンに極めて近い。そのLANを支える、文字通り縁の下の力持ちとなるのがスイッチングハブだ。とくに年度末から年度始めにかけては、スイッチングハブの需要も大きく伸びるという。これは、新たに人が入ってくるタイミングに、PCなどの入れ替えとともにネットワーク機器の更新や追加も行われるからだろう。1000BASE-TのギガビットLANの普及も進む現在、量販店でゲキ売れしているのは、どのような特徴を備えたスイッチングハブなのだろうか。

*表示価格は2009年3月23日時点のものであり、変更の可能性があります。最新価格はヨドバシ・ドット・コムでご確認ください。

売れ筋トレンドを読む

今回のランキングは、ビジネス需要をより正確に測ることを目的に、家庭用のニーズがほぼゼロだと考えられる16ポート以上を集計の条件とさせていただいた。結果は見ての通り、コレガとバッファローのがっぷり四つ、ポート数は16で揃う形となった。ゲキ売れ1、2に入ってきたのは、両社のギガビット非対応のコンパクトサイズ製品。続いて3、4に入ってきたのが同じく両社のギガビット対応の標準サイズ製品である。ゲキ売れ5には、多機能ながらコストパフォーマンスに優れたプラネックスが入ってきた。

ランキングから読み取れるのは、まだまだギガビットLANが市場を席巻するところまでは時代が進んでいないものの、ギガビットLANに対するニーズが目に見える形になってきたこと、そしてコンパクトさを求めるユーザが少なくないことだろう。

ギガビットへの移行タイミングは?

上述の通り、今回のランキングは従来通りの100BASE-TX対応と1000BASE-T対応がそれぞれに売れているものの、未だ100BASE-TX優勢という結果となった。スイッチングハブを新規購入するなら、そろそろギガビットが当たり前になっていても良さそうなものだが、市場の動きはそうなっていない。この理由には複数の要因が考えられるが、まず第一に挙げられるのが、一般的なビジネスにおいて、ギガビットの通信速度を要求されることが少ないことだろう。動画などの巨大なファイルをやりとりしないかぎり、100BASE-TXの通信速度に不満を覚えることはまずない。それどころかよりスループットに劣る無線LANでも、通常のビジネス文書のデータサイズなら快適にやりとりすることが可能なはずだ。したがって、追加投資をしてまで、ギガビットLAN環境を整える積極的な理由はなかなか見つからないのではないか。

また、ギガビットLANを構築するには、PCのネットワークインターフェースカードからケーブル、スイッチングハブまで、全てをギガビット対応で統一する必要がある。場合によってはインフラを総取替えしなければならないだけに、決して敷居は低くない。とはいえ、耐用年数も長く、機能的に成熟したスイッチングハブだけに、新規導入するものから、順次ギガビット対応に、という法人も少なくないはず。今回のランキングからも、そんな動向が透けて見えるのである。

コンパクトで設置性に優れた バッファロー「LSW2-TX-16NSRR」

今回のゲキ売れ1、2は、価格も機能も形状も、極めて似通った製品が並んだ。わずかにバッファローがコレガを上回ったのだが、「タイミング次第では入れ替わっている可能性もあるほど僅差」とは、ヨドバシ・ドット・コム担当の言葉。190×125×43mmのサイズで890gと、16ポートのスイッチングハブとしては驚くほどコンパクトな本製品の特徴は、床置きはもちろんのこと、オプションキットを使ったデスクサイドへのマグネット固定や壁掛けなど、自由度の高い設置方法にある。さらに付属の取り付け金具を用いて、19インチラックに収納することも可能だ。

また、今回ランクインした5製品に共通の特徴なのだが、筐体に金属を採用している点も重要なポイントである。ほぼ同一の性能、デザインでより軽量かつ安価なプラスチック筐体のバッファロー製スイッチングハブも存在するにも関わらず、売れているのは、金属製筐体なのだ。また、本製品のウリのひとつは、日本製の電解コンデンサを採用していること。ユーザがより堅牢で信頼性の高いスイッチングハブを求めていることが、こうしたスペック面からも伺える。

多彩な設置方法を標準で提供 コレガ「CG-SW16TXSR」

前述したように、コレガのCG-SW16TXSRはゲキ売れ1のLSW2-TX-16NSRRとスペック的には極めて似通った製品である。サイズに関しては、184×125×44mmでわずかにコンパクト、重量も820gで本製品のほうがやや軽い。それ以外の点では、MACアドレスのエントリ数8000件、セキュアなLAN接続を実現するIEEE802.1X認証(EAP透過)対応、ネットワークの冗長構成に必要なスパニングツリー・プロトコルで用いるBPDU透過機能、オートネゴシエーション機能や、ケーブルのクロス/ストレートを自動判別するMDI/MDI-X自動認識機能、日本製電解コンデンサ採用など、細かな点まで、同じスペックを持っている。

設置方法も床置きからマグネットおよび壁掛け、19インチラックまで対応するのはLSW2-TX-16NSRRとほぼ同じ。ただし、ラックマウント用金具だけでなく、マグネットセットまでが標準で同梱されている点で、CG-SW16TXSRのほうが若干コストパフォーマンスが高い。また、バッファローがLEDとRJ-45ポート両方を前面配置としているのに対して、コレガは前面にLED、背面にRJ-45ポートという風に分けて配置している。このあたりの使い勝手は、想定する設置場所によって、向き不向きが出てくるだろうが、どちらが優れていると言えるほどの違いではないだろう。ともあれ、コンパクトで高い信頼性、耐久性、設置性というコンセプトがユーザのニーズに合致したものであることが、今回のゲキ売れ1、2を見るとハッキリわかる。

小型軽量なギガビット対応スイッチングハブ バッファロー「LSW2-GT-16NSRR」

16ポート搭載製品で見比べると、100BASE-TX対応ハブとギガビット対応ハブの違いは、まだまだ明白である。まずサイズが体積、重量比で2倍近く違うし、消費電力も約2倍程度、価格も2倍強となる。それでもバッファローのLSW2-GT-16NSRRは、従来製品と比較して体積比64%、重量比80%の小型軽量化が図られている。機器のサイズや価格が2倍程度まで抑えられてきた今は導入を検討するのに良いタイミングだと言えるのかもしれない。

16ポートのギガビットLAN環境が切実に必要となるビジネスというと、映像やゲームなどのコンテンツ制作などに限定されるはずだが、ゲキ売れ3にまで売り上げが伸びてきているところみると、将来を見据えた環境整備を考えて、LANのギガビット化を進める法人が少なからず存在するということだろう。

未使用ポートの電力消費を抑える省電力ギガビット対応スイッチングハブ コレガ「CG-SW16GTXFL」

ゲキ売れ4にランクインしたのはコレガのギガビットLAN対応スイッチングハブCG-SW16GTXFLである。本製品の特徴は、ギガビット対応スイッチングハブとしては珍しくファンレスで静音性が高いことと、ポートのリンク状態を自動判別し、PCやネットワーク機器がシャットダウンしていたり、ケーブルのささっていない空きポートがある場合に、未使用ポートへの電気出力を制限するパワーコントロール機能を備える点にある。このパワーコントロール機能により、最大51.9%の省電力を実現することができるという。Ethernetの送信単位を大きくして、ネットワーク上の転送効率を向上させる5120ByteまでのJumboFrameにも対応。2万円を切る価格で、コストパフォーマンスにも優れている。

VLANやポートミラーリングにも対応する多機能スイッチングハブ プラネックス「S-0116FF」

ゲキ売れ1〜4の各製品は、スイッチング機能だけを提供するハブであり、管理機能は特に備えていない。その点、プラネックスの本製品は、LANを管理するための多彩な機能を備えたインテリジェントなスイッチングハブである。各ポートに転送されるパケットを指定したポートへとコピーすることで、ネットワークの監視を実現するポートミラーリングや、ポートごとにグループ分けを行って、グループ内部に通信を限定することでセキュリティを高めるVLAN機能、IP電話などの通話品質を保障するために通信の優先順位を設定できるQoS機能など、どれもオフィスのLANを本格的に保守管理するために必要な機能を豊富に搭載している。スモールオフィスなら、これ一台でLANに要求される全ての機能を担うことも可能だろう。

ゲキ売れ5ランキング

2009年2月16日〜2009年3月15日の1ヵ月間、ヨドバシカメラ全店およびヨドバシ・ドット・コムで最も売れた「スイッチングハブ」上位5製品はこれだ!

(情報提供:ヨドバシカメラ)

1位 ゲキ売れランキング

LSW2-TX-16NSRR [100BASE-TX/10BASE-T対応 16ポート スイッチングハブ]

LSW2-TX-16NSRR [100BASE-TX/10BASE-T対応 16ポート スイッチングハブ]

メーカー:バッファロー

価格6,280円 (2009年3月23日時点)

2位 ゲキ売れランキング

CG-SW16TXSR [100BASE-TX/10BASE-T 16ポート搭載 メタル筐体 コンパクトサイズ スイッチングハブ]

CG-SW16TXSR [100BASE-TX/10BASE-T 16ポート搭載 メタル筐体 コンパクトサイズ スイッチングハブ]

メーカー:コレガ

価格:6,280円 (2009年3月23日時点)

3位 ゲキ売れランキング

LSW2-GT-16NSRR [10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T対応 スイッチングハブ 16ポート]

LSW2-GT-16NSRR [10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T対応 スイッチングハブ 16ポート]

メーカー:バッファロー

価格:20,790円 (2009年3月23日時点)

4位 ゲキ売れランキング

CG-SW16GTXFL [1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T スイッチングハブ 16ポート]

CG-SW16GTXFL [1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T スイッチングハブ 16ポート]

メーカー:コレガ

価格:価格:19,800円 (2009年3月23日時点)

5位 ゲキ売れランキング

S-0116FF [10BASE-T/100BASE-TX対応 16ポート スイッチングハブ]

S-0116FF [10BASE-T/100BASE-TX対応 16ポート スイッチングハブ]

メーカー:プラネックス

価格:価格:13,440円 (2009年3月23日時点)


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

スイッチングハブ/スイッチングハブの巻(3月号)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スイッチングハブ」関連情報をランダムに表示しています。

スイッチングハブ」関連の特集


 今回は、クラウドサーバに“現状の業務システムを移行する時”の課題について考えてみます。 ここ数年で…



ネットワークの基礎中のキソ「L2スイッチ」の機能を、あの懐かしきリピータやブリッジから紐解きます。驚…



ネットワークを小さな村に見立てLANとMACアドレスの仕組みを寸劇仕立てでわかりやすく解説。LANイ…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スイッチングハブ/ スイッチングハブの巻(3月号)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スイッチングハブ/ スイッチングハブの巻(3月号)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002896


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークハブ > ネットワークハブのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ