メールを安全にやり取りできる仕組みを作る

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

メールを安全にやり取りできる仕組みを作る

2009/03/10


 メールシステムは社内・社外を問わずコミュニケーションのための重要な企業インフラとなった。その可用性とサービスレベルの維持は業務に不可欠となり、より効率的・合理的な運用が望まれるとともに、メールを利用した不正行為や誤送信をはじめとする情報漏洩に一層の注意を払う必要が生じている。今回は、メールシステムにまつわる脅威を、内側からの脅威(内部脅威)と外側からやって来る脅威(外部脅威)に整理し、それぞれに有効な対策について2つの「処方箋」として紹介する。

安全なメールインフラを構築

※「安全なメールインフラを構築/メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「安全なメールインフラを構築/メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ

メールの安全性を脅かすものとは?

 メールの安全性を考えるときには2つの視点がある。1つはメールを利用した業務が滞りなく進められるよう、メールシステムの健全性を保ち、サービスレベルが一定に維持できるようにすること。もう1つは、メールを利用した不正行為や、通信内容の盗聴、機密情報の故意または過失による漏洩といった、ビジネスと企業ブランドに重大な悪影響を及ぼす事象の発生を防ぐことだ。
 前者に対する脅威として現在クローズアップされているのがスパムメールであり、後者についてはスパイウェアによる情報の不正送信、メールの中継サーバでの盗聴、故意または過失による社内での情報送信などさまざまな要因に対する対策が求められている。メールシステムの安全性を脅かすこれらの脅威について今回は、内部からの情報流出を防止する観点と、外部からのスパムメールをはじめとする攻撃を阻止する観点との2つの側面で対策を紹介していく。


1

内部脅威への対策を行う

 メールシステムの内側からの脅威に対して重要なのは、意図しない情報流出を防ぐことだ。これには正当なユーザがウッカリミスで間違った宛先にメールを誤送信してしまうこともあれば、従業員が重要書類と意識しないまま情報を送信してしまうこともある。加えて、内部に仕込まれたスパイウェアが情報漏洩の原因になることがある。このような問題に対してとるべき対策を簡単に分類すれば、次のようになる。

(1)

セキュリティポリシーに従った情報リテラシ強化のための従業員教育

(2)

システムアクセスに際しての個人認証をはじめとするユーザ/クライアント管理

(3)

ウイルスやスパイウェアの発見と排除

(4)

メールの誤送信の防止、機密情報送信の防止

(5)

安全なリモートアクセス手段の確立

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クオリサイト沖縄データセンター 【クオリサイトテクノロジーズ】 マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ 【東京エレクトロン デバイス+他】 収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント 【CA Technologies】
ハウジング 運用系業務アウトソーシング システムコンサルティング
行政施策を最大限に活用した圧倒的なコストパフォーマンスにて、コロケーション・ハウジングサービスや、監視・運用代行サービスなどを要望に合わせて提案。 マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ 収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント

新着特集


 データベースかいわいのセキュリティに関して「暗号化」と「アクセス制御」は、どちらが重要かと常に競争…



既存ユーザーの多くはグループウェアを連係して利用。一方の新規導入検討者らはグループウェアの中で運用し…



AI技術の最先端研究開発と社会実装を加速するクラウドコンピューティング環境「ABCI」。AI特化の計…


新着セミナー

第3回ハイパーコンバージドインフラを考えるセミナー 【日立システムズ】  

開催日 6月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨年度から「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」への注目がますます高まり、市場も拡大しています。本セミナーでは、幅広いラインナップでお客さまのさまざまなご…

「SuperStream-NX Ver2.0」新バージョンご紹介セミナー 【スーパーストリーム】  

開催日 6月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

累計導入社数8000社を超える会計・人事給与システム「SuperStream」が、新たなステージへ。SuperStreamは、1995年の提供開始以来、国内の中…

「SuperStream-NX Ver2.0」新バージョンご紹介セミナー 【スーパーストリーム】  

開催日 6月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

累計導入社数8000社を超える会計・人事給与システム「SuperStream」が、新たなステージへ。SuperStreamは、1995年の提供開始以来、国内の中…

このページの先頭へ

安全なメールインフラを構築/ メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「安全なメールインフラを構築/ メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002881



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ