メールを安全にやり取りできる仕組みを作る

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

メールを安全にやり取りできる仕組みを作る

2009/03/10


 メールシステムは社内・社外を問わずコミュニケーションのための重要な企業インフラとなった。その可用性とサービスレベルの維持は業務に不可欠となり、より効率的・合理的な運用が望まれるとともに、メールを利用した不正行為や誤送信をはじめとする情報漏洩に一層の注意を払う必要が生じている。今回は、メールシステムにまつわる脅威を、内側からの脅威(内部脅威)と外側からやって来る脅威(外部脅威)に整理し、それぞれに有効な対策について2つの「処方箋」として紹介する。

安全なメールインフラを構築

※「安全なメールインフラを構築/メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「安全なメールインフラを構築/メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ

メールの安全性を脅かすものとは?

 メールの安全性を考えるときには2つの視点がある。1つはメールを利用した業務が滞りなく進められるよう、メールシステムの健全性を保ち、サービスレベルが一定に維持できるようにすること。もう1つは、メールを利用した不正行為や、通信内容の盗聴、機密情報の故意または過失による漏洩といった、ビジネスと企業ブランドに重大な悪影響を及ぼす事象の発生を防ぐことだ。
 前者に対する脅威として現在クローズアップされているのがスパムメールであり、後者についてはスパイウェアによる情報の不正送信、メールの中継サーバでの盗聴、故意または過失による社内での情報送信などさまざまな要因に対する対策が求められている。メールシステムの安全性を脅かすこれらの脅威について今回は、内部からの情報流出を防止する観点と、外部からのスパムメールをはじめとする攻撃を阻止する観点との2つの側面で対策を紹介していく。


1

内部脅威への対策を行う

 メールシステムの内側からの脅威に対して重要なのは、意図しない情報流出を防ぐことだ。これには正当なユーザがウッカリミスで間違った宛先にメールを誤送信してしまうこともあれば、従業員が重要書類と意識しないまま情報を送信してしまうこともある。加えて、内部に仕込まれたスパイウェアが情報漏洩の原因になることがある。このような問題に対してとるべき対策を簡単に分類すれば、次のようになる。

(1)

セキュリティポリシーに従った情報リテラシ強化のための従業員教育

(2)

システムアクセスに際しての個人認証をはじめとするユーザ/クライアント管理

(3)

ウイルスやスパイウェアの発見と排除

(4)

メールの誤送信の防止、機密情報送信の防止

(5)

安全なリモートアクセス手段の確立

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 エンタープライズNoSQLデータベース 「MarkLogic Server」 【マークロジック】
サーバー管理 BI データベースソフト
ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 オペレーショナルでトランザクショナルな基幹業務に対応したエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォーム。

新着特集


データ利活用の実態を定点観測してみたら……?人材の課題は解消傾向にあるものの、増えるデータに対処でき…



「RPAを一度導入してしまえば、手放せなくなる」――そう強調するアビームコンサルティングが、RPA業…



あのKDDIが会計システムを“モバイルで活用できない“課題に悩まされていた……? ユーザーの通信環境…


新着セミナー

ビッグデータ時代の予測分析ワークショップ 【日立ソリューションズ東日本】 締切間近 

開催日 12月20日(水)   開催地 神奈川県   参加費 無料

機械学習による予兆保守から、作業日誌のテキストマイニングによる熟練技術者の技術伝承まで、データ分析の活用術をご紹介します。実際の分析ツールもご体験いただきます。…

クラウドセキュリティと情報リスクを踏まえたCASB検討の必要性 【マクニカネットワークス】  

開催日 1月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネス基盤としてのクラウドサービス利用が近年急激に増加しております。それに伴いクラウドサービスをいかに安全に使うか、安全でないクラウドサービスをいかに使わせな…

SOCの無人化を見据えたインシデントレスポンスのあるべき姿 【マクニカネットワークス】  

開催日 1月12日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃は年々高度化しており、企業は様々なサイバー攻撃に備え対策をしています。同時にサイバーセキュリティ対策が進めば進むほど運用者への負担が大きな課題となっ…

このページの先頭へ

安全なメールインフラを構築/ メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「安全なメールインフラを構築/ メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002881



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ