メールを安全にやり取りできる仕組みを作る

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

メールを安全にやり取りできる仕組みを作る

2009/03/10


 メールシステムは社内・社外を問わずコミュニケーションのための重要な企業インフラとなった。その可用性とサービスレベルの維持は業務に不可欠となり、より効率的・合理的な運用が望まれるとともに、メールを利用した不正行為や誤送信をはじめとする情報漏洩に一層の注意を払う必要が生じている。今回は、メールシステムにまつわる脅威を、内側からの脅威(内部脅威)と外側からやって来る脅威(外部脅威)に整理し、それぞれに有効な対策について2つの「処方箋」として紹介する。

安全なメールインフラを構築

※「安全なメールインフラを構築/メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「安全なメールインフラを構築/メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ

メールの安全性を脅かすものとは?

 メールの安全性を考えるときには2つの視点がある。1つはメールを利用した業務が滞りなく進められるよう、メールシステムの健全性を保ち、サービスレベルが一定に維持できるようにすること。もう1つは、メールを利用した不正行為や、通信内容の盗聴、機密情報の故意または過失による漏洩といった、ビジネスと企業ブランドに重大な悪影響を及ぼす事象の発生を防ぐことだ。
 前者に対する脅威として現在クローズアップされているのがスパムメールであり、後者についてはスパイウェアによる情報の不正送信、メールの中継サーバでの盗聴、故意または過失による社内での情報送信などさまざまな要因に対する対策が求められている。メールシステムの安全性を脅かすこれらの脅威について今回は、内部からの情報流出を防止する観点と、外部からのスパムメールをはじめとする攻撃を阻止する観点との2つの側面で対策を紹介していく。


1

内部脅威への対策を行う

 メールシステムの内側からの脅威に対して重要なのは、意図しない情報流出を防ぐことだ。これには正当なユーザがウッカリミスで間違った宛先にメールを誤送信してしまうこともあれば、従業員が重要書類と意識しないまま情報を送信してしまうこともある。加えて、内部に仕込まれたスパイウェアが情報漏洩の原因になることがある。このような問題に対してとるべき対策を簡単に分類すれば、次のようになる。

(1)

セキュリティポリシーに従った情報リテラシ強化のための従業員教育

(2)

システムアクセスに際しての個人認証をはじめとするユーザ/クライアント管理

(3)

ウイルスやスパイウェアの発見と排除

(4)

メールの誤送信の防止、機密情報送信の防止

(5)

安全なリモートアクセス手段の確立

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方 【日本ヒューレット・パッカード】 データセンターの非効率性を解消、注目の次世代インフラを徹底分析 【日本ヒューレット・パッカード】
ERP 垂直統合型システム 垂直統合型システム
会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。さまざまな業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方 データセンターの非効率性を解消、注目の次世代インフラを徹底分析

新着特集


無線LANの運用で気になるのがセキュリティ。後編では、導入済みの無線LANのセキュリティ対策と抱える…



Watson AIの本番展開を経て分かったのは、データと分析モデルを管理すること、辞書整備の重要性。…



一般に浸透してきた言葉、HRテック。しかし、「人事管理システムとは何が違うの?」「タレントマネジメン…


新着セミナー

第83回事例研究フォーラム 【ユーザックシステム/アイエルアイ総合研究所】  

開催日 6月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

Excelをプラットフォームとしたデータベースシステム構築ユーザ事例の紹介セミナーです。Excelと『StiLL』とDBを使って実際に開発されたシステムの事例発…

米Datriumが提供、コンバージドシステム「Datrium DVX」とは 【主催 : マイナビ/共催:デイトリムジャパン/ノックス】  

開催日 6月5日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【米Datriumが日本法人設立】高性能なコンバージドインフラを提供する米Datriumは、2018年2月に日本法人デイトリウムジャパン合同会社(以下、デイトリ…

次世代Web Isolationでセキュアな世界を実現 【マクニカネットワークス】  

開催日 6月25日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

引き続き継続する標的型攻撃/ランサムウェアの被害。その中でも、Webを経由した攻撃は大きな脅威となっております。本背景より、現在経済産業省や総務省のガイドライン…

このページの先頭へ

安全なメールインフラを構築/ メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「安全なメールインフラを構築/ メールを安全にやり取りできる仕組みを作る」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002881



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ