この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

サーバへのアクセス集中を軽減したい

2009/02/10


 インターネット上のECサイトは無論のこと、イントラネットでもアクセス増加にともなうレスポンスの遅れやサーバダウンによるサービス停止がビジネスへ甚大な影響を及ぼすようになってきた。その一方で、サービス内容はデスクトップアプリケーションに迫るレベルの品質が求められ、提供するコンテンツのデータ量も増加の一途をたどっている。その中でサービスレベルを維持・向上させていくには特定サーバへの負荷集中を回避し、レスポンスと可用性を保てるインフラの整備が必要だ。今回はサーバへのアクセス集中を軽減するための「処方箋」を考えていく。

サーバのアクセス集中を軽減

※「サーバのアクセス集中を軽減/サーバへのアクセス集中を軽減したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバのアクセス集中を軽減/サーバへのアクセス集中を軽減したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ

Webシステムに依存する現在のアプリケーション環境

 外部に公開しているWebサイトであれ、社内で利用するWebシステムであれ、受け付けられるアクセス数には限度がある。サービス開始時点では十分なレスポンスが確認されていたはずだが、やがてユーザ数や利用頻度が増えるにつれてレスポンスの低下が目立つようになってくる。イントラネットでは業務開始時点や業務終了前の一定時間などにアクセスが集中してレスポンスが滞ることも少なくない。例えば200人がアクセスしてそれぞれ10秒余計に待たされることで、全体で30分以上の業務停止に匹敵することになる。年間なら300時間以上が無駄になる計算だ。
 さらに困るのがサーバメンテナンス時のサーバ停止だろう。これはサービス停止にも直結してしまう。業務の隙間でメンテナンスができればよいが、サーバ障害はいつなんどき起きるとも知れない。Webシステムに多くを依存する現在の環境では、サービス停止をできるだけ避けるシステム投資が求められている。
 レスポンス低下の大きな原因の1つは特定サーバへの負荷集中だ。もちろん他のインフラやアプリケーションなどもボトルネックとなりうるが、ここでは特にこの負荷集中に絞って考えてみる。これは可用性に関連する課題でもある。いかにしてサーバ負荷を軽減できるかを、以下に3つの処方箋として紹介する。


1

システム環境の見直しをする

 レスポンスの低下を防ぐためにはサーバの増強が必要だ。増強には2種類の方法があり、1つは処理性能が高い機種へのリプレース(スケールアップ)、もう1つは同程度の処理性能をもつサーバを複数用意してアクセスを適切に分け合うこと(スケールアウト)だ。アクセスを複数のサーバに分けることを負荷分散といい、スケールアウト策をとることは負荷分散技術を利用することと同義といえる。

Webサーバのアクセス集中回避には、スケールアウト策が適切

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿

新着特集


2016年度は725億円の市場規模だと見込まれた同市場。EC利用が広がり当該サービス利用も拡大する中…



社内SNSを導入することで具体的に利用できる機能8つとその効果を1つずつ列挙しました!社内SNS導入…



導入が容易で、万一の場合も対処するまでの猶予時間の確保が期待できるクラウドWAFだが、万能薬ではない…


新着セミナー

巧妙化するサイバー攻撃!情報流出を防ぐための対策とは? 【エムオーテックス/ディーアールエス】  

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大手旅行会社で793万件もの個人情報流出がニュースを賑わしました。その手口は標的型メールと言われており、昨年発生した日本年金機構と同様のものになります。標的型攻…

【東京開催】ISO14001:2015内部監査員養成講座 【ハピネックス】  

開催日 1月18日(水)〜1月19日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万1600円(税込)

内部環境監査員は、認証取得後も定期的にマネジメントシステムを監査することで継続的改善に結びつけていくという重要な役割を担っております。 ■ 講師の分かりやすい解…

【東京開催】ISO9001:2015内部監査員養成講座 【ハピネックス】  

開催日 1月26日(木)〜1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 2万1600円(税込)

ISO9001取得の目的である、品質不良率の低減・顧客満足向上等を実現するためには、QMS(品質マネジメントシステム)を企業自らが改善して行くことが必要不可欠で…

このページの先頭へ

サーバのアクセス集中を軽減/ サーバへのアクセス集中を軽減したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバのアクセス集中を軽減/ サーバへのアクセス集中を軽減したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002880



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ