経済危機下の2009年は「SaaS」離陸の年に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

経済危機下の2009年は「SaaS」離陸の年に

2009/01/22


 2008年の急激な景気悪化を目の前にして、今後のIT投資のあり方を根本から考え直す企業も多いのではないだろうか。コストをかけてモノを増やし、自前で運用管理していく情報システムは、今後の経済情勢とビジネス環境を生き抜くために本当に有効なのだろうか? その疑問に対する答えのひとつがSaaS(Software as a Service)だ。この「持たざるIT」は2009〜10年以降、ソフトウェアに限らない「X」を提供するXaaSに進化しながら成長すると考えられる。変化するSaaSおよびXaaSの動向を注意深く見つめ、それらが実現する「規模の経済」を、自社にどのように採り入れるかが、新たな競争の時代を生き抜くカギとなりそうだ。

SaaS

※「SaaS/経済危機下の2009年は「SaaS」離陸の年に」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SaaS/経済危機下の2009年は「SaaS」離陸の年に」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

赤城知子

ソフトウェアグループマネージャー 赤城知子(Tomoko Akagi)

IDC Japan株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #46

IDC Japanのソフトウェアグループのマネージャーとして、ソフトウェア市場全般に関する調査の企画、製品管理、顧客対応の責任を持つ。アナリストとしては、エンタープライズアプリケーション分野全般を担当。特にERP、CRM、SCMが専門。



1

IT投資のS字回復に向けて変貌するIT業界

1-1

変化のカギとなる4つの要因とは?

 昨年は米国のサブプライムローン問題が表面化する中で原油高騰、円高などによる経済状況の悪化が進み、9月のリーマン・ショック以降わずか3ヵ月で国内の景況も急速に落ち込んでしまった。2009年のIT投資も低下局面からのスタートを余儀なくされている。
 今後、このIT市場の下降曲線がどこまで落ち込むのかは予断を許さないが、同じようなIT市場の落ち込みは、ITバブル崩壊と景気後退に見舞われた2001年から数年の間と重なる部分がある。このとき直前までY2K需要で好調だったIT市場は2002〜03年まで縮小を続けたが、景気が早期に上向くと同時に好転、08年まで続く上昇曲線を描いて拡大した。
 とはいえ、IT投資の回復は単に景気に連動したのではない。ユーザ企業のIT投資対象が時代に合わせて変化し、それにともなってIT市場自体も変貌を遂げてきた結果が回復の基調を生んだのだ。この時機のトピックとしては、通信のさらなるブロードバンド化やERPの普及、Linuxをはじめとするオープンソースソフトウェアの企業システムへの採用などがあげられよう。05年にはデータセンタビジネスが活況を呈するようになり、06年にはアウトソーシング契約の規模がプロジェクトベース契約の規模を追い抜くといった現象も起きた。07年に至るとSaaSやクラウドコンピューティングというキーワードが登場し、注目を浴びた。このような従来の企業ITの枠組みにはなかった選択肢が増えることにより、IT市場そのものが変貌を遂げてきたことがIT市場を活性化してきた。
 今回の景気悪化による一時的なIT投資の冷え込みは避けられないが、IT投資対象の新しい選択肢の登場と業界自身の変化により、IT投資の回復、ひいてはビジネスの回復を期待することは十分に可能だろう。その変化のカギとして、(1) ITのサービス化の進展、(2) IT投資の変化、(3) 規模の経済、(4) IT業界の変貌、の4つのファクターに注目したい。これらのキーファクターを主に具現化するのがSaaS、およびその先のXaaSであろう。

図1 世の中の動きとIT業界の景気動向
図1 世の中の動きとIT業界の景気動向

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SaaS/経済危機下の2009年は「SaaS」離陸の年に」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SaaS」関連情報をランダムに表示しています。

SaaS」関連の製品

緊急通報・安否確認システム セーフティリンク24 【イーネットソリューションズ】 kintone for リテール 【ソフトバンク コマース&サービス】 企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】
安否確認システム その他情報共有システム関連 ファイル共有
実績のある安否確認システム。気象庁の地震情報との連動はもちろん、有事の際の情報発信から社員とその家族も含めた迅速な安否確認、二次連絡まで行なえる。 kintoneのデータと連携して多店舗経営における本部、店舗間のコミュニケーションを効率化するサービス。店舗支援を行うためのさまざまな機能を実装。 複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。

SaaS」関連の特集


社員全員が日常的に利用するからこそ、慎重に選びたい「グループウェア」。本当に使える製品・サービスを選…



グローバル競争を勝ち抜くためにも「タレントマネジメント」は日本企業に不可欠なもの。その現実とツール選…



財務などの間接部門にもクラウドサービス活用の波は寄せてきている。企業が持つキャッシュが今、どこに、ど…


SaaS」関連のセミナー

物流業務における「働き方改革」のヒント 【主催:日本電気 共催:アビームコンサルティング】 締切間近 

開催日 6月1日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

最近物流現場で様々な課題が話題となっていますが、こんなことでお悩みではありませんか・・・?・募集しても人が集まらない。・長時間残業や自由なシフトが組めず、作業員…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SaaS/ 経済危機下の2009年は「SaaS」離陸の年に」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SaaS/ 経済危機下の2009年は「SaaS」離陸の年に」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30002876


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ