この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

UML

2008/09/16


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、アイ・ティ・アールの情報を元に、UMLのシェア情報をご紹介しよう。

 アイ・ティ・アールの調べによれば、UML(Unified Modeling Language)市場は、2007年度の国内出荷金額が前年対比9.9%増の9億円と順調に推移し、2008年度も前年対比13.3%増と見込まれ、拡大傾向にある。以前のブームとなった頃に比べると、現在市場の伸びは鎮静化し、高額な商用製品の導入は一巡したものの、モデル駆動開発(MDD)の価値を重視して設計支援ツールを活用するニーズは衰えておらず、UML市場は堅調に推移するとみられる。
 市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、2007年度は日本IBMが42.2%で1位、2位のテレロジックが16.7%、3位のSparx Systems(国内販売元:スパークスシステムズ)が11.1%、4位のチェンジビジョンが10.6%と続いている。
 日本IBMは、知名度の高い「Rational」により前年対比19%増の伸びを見せ、年々シェアを拡大している。また、テレロジックが2008年4月にIBMに買収されたため、同市場では今後更に日本IBMのリードが続くとみられる。
 Sparx Systemsの「Enterprise Architect」は、UML人気の低下とともに伸びにも陰りが出始めたが、3位を維持している。チェンジビジョンは、後発ながらパートナー販売体制の整備により、前年対比20%増強の伸びを見せ、僅差の4位につけている。

UMLシェア

UMLシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

UML/「UML」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UML」関連情報をランダムに表示しています。

UML」関連の特集


ソースコードなど開発関連の膨大な電子化情報を分析する新たなマイニング手法「MRS」とは?バグ予測やコ…



新たな発想を短期間でアプリケーションやサービスとして完成させ、リリース後も頻繁にリファインしていく。…



開発案件減少により厳しさが増す統合開発環境市場。今後はSaaS開発案件が市場牽引役になると期待される…


UML」関連のセミナー

アジャイル手法を使ったソフトウェアのモデル化と開発◆23PDU 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】  

開催日 2月6日(月)〜2月8日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 19万2240円(定価)/税込

アジャイルソフトウェア開発に関して、ケーススタディを通して、ユーザー要件を満たすアプリケーションを開発するために反復的で、機能駆動で顧客主導のアジャイル開発手法…

2017年度新入社員育成研修 (IT教育、大阪開催) 【情報システム監査】  

開催日 4月4日(火)〜5月31日(水)   開催地 大阪府   参加費 有料 2万1600円(税込、1日あたり)

★Java言語プログラム開発 開発現場に求められるオブジェクト指向言語の代表として、Java言語を用い、スタンドアロンアプリケーションおよび、Webベースのアプ…

Enterprise Architect 事例紹介セミナー 【スパークスシステムズ ジャパン】  

開催日 2月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

以前より多くのお客様から頂戴している、弊社製品のUML/SysMLモデリングツール「Enterprise Architectを利用した実際の設計開発の現場におけ…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UML/ 「UML」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UML/ 「UML」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002848


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ