この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ETL

2008/09/09


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、アイ・ティ・アールの情報を元に、ETLのシェア情報をご紹介しよう。

※「ETL/「ETL」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ETL/「ETL」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ETLの選び方ガイドへ
ETLの基礎解説へ

 アイ・ティ・アールの調べによれば、ETL市場の2007年度の国内出荷金額は前年対比33.3%増の50億円と、大幅な伸びを示している。市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、2007年度はインフォマティカが38.0%で1位、2位の日本IBMが33.0%、3位のビーコンITが6.6%、4位のSASインスティチュートが6.0%、5位のグループワンソフトウェアが5.6%と続いている。
 インフォマティカは基幹システム間のデータ連携での大口案件を複数獲得したことで、出荷金額を前年対比123.5%増と大幅に伸ばし、日本IBMを抜いて1位を獲得した。日本IBMは、パートナーからの販売は堅調に推移しているものの、新製品の投入も遅れ、2007年度はやや伸び悩んだ感があり、2位に後退した。
 同市場は、インフォマティカと日本IBMによる2強状態が続いており、ここ数年は市場に大きな変化はなかったといえる。しかし最近では、データウェアハウスプラットフォームとしての機能に加え、MDM(マスタデータ管理)機能などを含む全社レベルでのデータ統合基盤として機能することが、ETL製品にとってより重要となりつつある。企業でのデータ統合ニーズは増加しており、市場全体としては拡大が見込まれるが、OracleやMicrosoftがRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)製品にETL機能のバンドルを行なっていることから、今後、専業ベンダとRDBMSベンダとの間での競争がより激しくなるとみられる。

ETLシェア

ETLシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ETL/「ETL」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

ETL」関連の製品

ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」 【エアー】 BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】 データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】
ビッグデータ ETL ETL
Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。 SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。 優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。

ETL」関連の特集


CRM第2弾は成否の鍵を握る分析機能「アナリティカルCRM&BI」を詳しく解説します。真の効果は蓄積…



システム同士をつなぐツール「EAI」を理解するには、ハブ&スポーク、メッセージブローカーなどの働きの…



アプリケーションやデータのポータビリティ性能が飛躍的に向上する中、マルチクラウド環境でのシステム構築…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ETL/ 「ETL」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ETL/ 「ETL」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002844


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ