この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

テストツール

2008/08/19


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、テストツールのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、テストツール市場では、システムの複雑化と短納期化によってテスト工程効率化ニーズが年々高まる一方、大規模基幹システムのWeb化やJ-SOX法の影響によるシステム刷新が追い風となり、市場は拡大傾向にある。また統合開発環境やALM(アプリケーションライフサイクル管理)にテストツールを組み込み、テスト結果をプロジェクト管理や運用管理に反映させるための取り組みも始まっている。
 2008年の市場規模は、数量ベースで前年対比16.7%増の2100本、金額ベースで15.0%増の46億円と見込まれている。その後も増加を続け、2013年には3250本/66億円に達すると予測される。
 市場占有率を見ると、低価格な負荷テストツールを展開するベンダが数量ベースで1位となり、フリーツールのユーザへの訴求とともに、コンサルティングやトレーニングなどのサービスを拡充している。一方、金額ベースで1位のベンダは主力の負荷テストツールに加え管理ツールも好調であった。
 テストツールの有用性の認知は進んだが、実際にはコスト面からフリーツールが用いられるケースも多い。品質管理を徹底できる商用ツールの利点を訴求することで、市場は更に拡大できるとみられる。国内環境に向けたライセンスとして、従量課金型の導入も始まっている。
※ここではテストツールを、機能テスト/性能テスト/負荷テスト/セキュリティテスト/テスト管理などのツールを含めて定義している。

テストツールシェア

テストツールシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

テストツール/「テストツール」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テストツール」関連情報をランダムに表示しています。

テストツール」関連の特集


アプリケーション開発や改修に欠かせないテスト工程。この工程にかかるコストを削減する際の切り札となるの…



過去3年のシステムトラブルの原因、約6割が性能問題!?システム稼働後のトラブルで”負のコスト”を出さ…



ソフト開発はテストが満載!ソフトウェアテストの世界を堪能しつつテスト自動化ツールの基礎から最新事情ま…


テストツール」関連のセミナー

DT10で学ぶ!組込み向け 動的テスト体感セミナー 【ハートランド・データ】  

開催日 4月20日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「動的テストって何なの?」「開発のどんな場面で使えるの?」「本当に効果が出せるの?」そんな疑問はこのセミナーで一気に解決しましょう。本セミナーでは、「動的テスト…

【SEC-W2】「C++test」オンラインセミナー(単体テスト編) 【テクマトリックス】  

開催日 4月6日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

国内で6000ライセンス以上の導入実績を誇る、 C/C++言語対応テストツール「C++test」のオンラインセミナー(単体テスト・カバレッジ編)です。 C++…

API開発におけるテスト自動化と継続的なテスト運用のツール活用 【テクマトリックス】  

開催日 4月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

APIの機能テスト、回帰テスト及びパフォーマンステストを効果的に実施するための「SOAtest」の活用方法と、そのテスト環境を効率的に構築するための「Virtu…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

テストツール/ 「テストツール」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「テストツール/ 「テストツール」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002821


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ