この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

タワー型サーバ

2008/09/02


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ノークリサーチの情報を元に、タワー型サーバのシェア情報をご紹介しよう。

 ノークリサーチの調べによれば、タワー型サーバの市場占有率は2007年の台数ベースで1位のNECが30.7%を獲得し、2位の日本HPが20.3%、3位のデルが17.1%、4位の富士通が17.0%、5位の日本IBMが6.9%と続いている。
 NECは、オフコン時代からの中小企業向け販売チャネルを活用し、トップを維持している。また2007年度には低価格ラインアップによる販促も行った。日本HPも低価格で対抗し、積極的な広告戦略でシェアを大きく伸ばしている。
 デルは低価格タワー型サーバで強みを発揮していたが、初期不良の多さといった品質面での問題により、同社製品を支持していた中小規模SIerが離れてしまい、シェア低下を招いた。富士通は元来NECと同様にチャネル販売の土台を持っており、徐々にパートナー経由での拡販体制を整備し、シェアを伸ばしつつある。日本IBMは、以前からの中小企業向けパートナー施策が大きな成果を挙げられておらず、シェアを低下させた。
  タワー型サーバは単価下落の傾向が強く、2008年度も上位2社のエントリーモデルによる激しいシェア争いが予想される。

対象メーカー:電子情報技術産業協会(JEITA)に参加している自主統計参加メーカー及び未参加メーカー
(NEC、富士通、デル、日本IBM、日本HP、日立製作所、東芝、三菱電機など)が対象

※対象期間:(2006年度実績)2006年4月〜2007年3月 (2007年度実績)2007年4月〜2008年3月

タワー型サーバシェア

タワー型サーバシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

タワー型サーバ/「タワー型サーバ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タワー型サーバ」関連情報をランダムに表示しています。

タワー型サーバ」関連の特集


PCサーバ全形態に占めるタワー型サーバの割合から、変動がみられたベンダの市場占有率順位までを紹介しま…



これは、ただサーバを設置するだけのツールではありません。サーバの安定稼働にも役立つサーバラックについ…



NEC、日本HPのシェア上位2社を中心に、低価格競争が続いているタワー型サーバの2008年度の台数シ…


「その他サーバー関連」関連の製品

超高速サーバ「Minsky」 【日本アイ・ビー・エム】
その他サーバー関連
JAXAが評価――2桁の高速化に成功した「Minsky」

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

タワー型サーバ/ 「タワー型サーバ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「タワー型サーバ/ 「タワー型サーバ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002819


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ