進化する!次世代「データセンタ」徹底解剖

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

進化する!次世代「データセンタ」徹底解剖

2008/12/08


 ハウジングサービスやホスティングサービスを行う「データセンタ」。インターネットの普及にともなってデータセンタの需要はますます増大しており、中堅・中小企業でも利用しやすい提供形態が充実してきている。また最新のデータセンタでは、仮想化技術や空調・電力設備などのグリーンIT化、耐震・免震構造、ディザスタリカバリを考慮したバックアップサービスなどの数々のサービスも提供されている。
 そこで今回のIT製品解体新書では、データセンタを利用するときの基礎知識からデータセンタの最新技術・注目サービスまでを一挙紹介する。
 またIT製品選び方ガイド「データセンタ特集」では、価格に目を奪われがちなデータセンタ選びの価格以外でのポイントや、主なデータセンタを紹介しているのでこちらもあわせて参考にしてほしい。

データセンタ

※「データセンタ/進化する!次世代「データセンタ」徹底解剖」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データセンタ/進化する!次世代「データセンタ」徹底解剖」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

データセンタの選び方ガイドへ


1

データセンタを解体しよう!

1-1

データセンタの基礎知識

 データセンタとは、顧客のサーバなどのシステムを一括して預かる専用施設、またはそれにともなう設計・運用・保守などの各種サービスのことだ。コンピュータのための専用施設として、物理的にもセキュリティ的にも堅牢な構造をしており、インターネット高速回線を利用することができ、専任の技術スタッフが常にシステム全体を見守っている。

■設備から見たデータセンタ

 データセンタには複数企業から預かったサーバやストレージ、ネットワーク機器などが多数設置されることから、火災、地震、停電、水害などの災害や、盗難、不正侵入、不正アクセスなどの犯罪からシステムを守るための各種設備を備えているのが一般的だ(図1)。

図1 データセンタの設備
図1 データセンタの設備
地震や洪水、停電などに強く、防犯システムが整備された建物の中にデータセンタは設置されている。
(資料提供:京セラコミュニケーションシステム)

 例えば、耐震構造の建物内にデータセンタを設置するだけでなく、床を免震構造にすることで、地震の際は揺れを緩和して機器の損害を防ぐ仕組みも導入されている。防火システムには不活性ガスを使った消火システムが使用されている。また、停電が発生してもデータセンタサービスに支障をきたさないように、UPSおよび自家発電システムで、長時間の停電でも電源を確保できるようになっている(図2)。サーバラックについても十分な強度を保つ耐震工法で設置されている。
 一方、防犯などのセキュリティ設備としては、掌紋を照合するバイオメトリックセンサによる承認がないとデータセンタへの入退室ができないようにしたり、遠隔操作のビデオカメラがデータセンタとその周辺を24時間365日監視したりしている。また、24時間常駐の警備員が、データセンタへの接近者の監視や様々な事故管理を行ってくれるところもあり、緊急時には24時間体制で対応する。もちろん、24時間365日絶え間なくネットワークも監視されている。

図2 通信設備のための無停電ビル
図2 通信設備のための無停電ビル
電力会社の供給が停止してもダウンタイムなしにUPSが発動する。また、自家発電機を装備している。
(資料提供:NTTぷらら)
■サービスから見たデータセンタ

 現在のデータセンタが提供しているサービス内容を整理すると、ハウジングサービスとホスティングサービスに大別できる。ハウジングサービスは、耐震/免震・空調・電源設備の整ったスペースに、顧客専用のラックを用意して機器を預かるサービスだ(図3)。自社でシステム構築から運用監視体制まで準備できる場合、データセンタの安全なスペースと信頼性の高いネットワークインフラだけを利用することができる。また、データセンタに持ち込んだ機器に対して運用管理やハードウェアの保守対応代行、監視などのオプションサービスを受けることも可能だ。

図3 ハウジングサービスの一例
図3 ハウジングサービスの一例
空調・電源・耐震構造を確保した万全のファシリティ内にラックを用意してくれるサービス。自前でラックを持ち込むことができるデータセンタもある。またインターネット接続回線、その他運用オプションを組み合わせることにより自由度の高いサーバ運用を行うことができる。
(資料提供:京セラコミュニケーションシステム)

 一方、ホスティングサービスはデータセンタ事業者側でサーバなどの機器類を用意し、顧客に貸し出すサービス(図4)だ。サーバの運用管理などで手間がかかるWebやメールを手軽に利用することができ、初期投資を抑えることができる。ホスティングサービスではネットワーク環境、ミドルウェア、データベースなどのシステム構築から、運用監視・障害対応サービスまで様々なニーズに応えるフルアウトソーシング(マネージドサービス)を提供している事業者もある。この場合、サーバやネットワークインフラの構築・運用をすべてデータセンタに任せることで、顧客は自社の中核業務に集中することができる。

図4 ホスティングサービスの一例
図4 ホスティングサービスの一例
監視サービス、運用支援サービス、設計コンサルティングなど、ニーズに合わせて組み合わせることができるサービスは「フルマネージドホスティングサービス」と呼ばれている。
(資料提供:京セラコミュニケーションシステム)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

データセンタ/進化する!次世代「データセンタ」徹底解剖」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンタ」関連情報をランダムに表示しています。

データセンタ」関連の製品

クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 システム連携自動FAX対応 FAXサーバソフト「まいと〜く Center」 【インターコム】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
VDI FAXサービス IT資産管理
「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
累計導入社数1万2000社のロングセラーFAXサーバシリーズの最上位版。最大72回線までの拡張が可能で、充実したシステム連携機能を装備。簡単操作のWebクライアントも搭載。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

データセンタ」関連の特集


IT資産管理ツールの運用は、名寄せなど地道な作業が必須に。だからこそ、導入してからの運用を意識した製…



2015年第4四半期は、前年同期比14%減、そのうちビジネス市場は42%減だった同市場。ビジネス市場…



出荷台数が、2007年対比2.7%減のマイナス成長となったPCサーバ。厳しい市況のなか、競争も激しさ…


データセンタ」関連のセミナー

DataCenter Networking Conference 2016 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

SDN/NFVなどデータセンターユーザーのニーズに応える最先端テクノロジーとソリューションを解説■キーノート■     ※敬称略●データセンターをとりまくネット…

Nutanix/VMware 2大メーカー ヨーロッパイベントからの最前線 【ネットワールド】  

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ウィーンで開催された「Nutanix .NEXT Conference EUROPE」とバルセロナで開催された「VMworld EMEA」からの情報 2本立てV…

GCP東京リージョンオープン記念Google Cloud Platform セミナー 【クラウドエース】 締切間近 

開催日 12月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

 春に日本(東京)リージョンの開設も発表され、今、Google Cloud Platform (GCP) を利用する企業様が国内でも非常に多くなってきております…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データセンタ/ 進化する!次世代「データセンタ」徹底解剖」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データセンタ/ 進化する!次世代「データセンタ」徹底解剖」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002810


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ