無償化に注目!サーバ仮想化ソフト選択術

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

無償化に注目!サーバ仮想化ソフト選択術

2008/12/01


 キーマンズネットで実施したアンケートによると、「サーバ仮想化ソフト」導入の懸念点や重視ポイントとして、「安定性」や「パフォーマンス」が上位に取り上げられている。仮想化技術は、この2〜3年の間に適用範囲の拡大とニーズの高まりが急速に進み、導入事例/実績が蓄積されたことで、これらの不安要素は払拭されつつある。今回の特集では、サーバ仮想化がそのメリットを発揮するシチュエーションを取り上げながら、運用時の安定性やパフォーマンスを引き出すため留意するべきポイントに重点を絞り、紹介していく。また、サーバ仮想化ソフトの基礎から最新事情については、IT製品解体新書の「サーバ仮想化ソフト特集」で詳しく触れているので、こちらもあわせて参考にしてほしい。

サーバ仮想化ソフト

※「サーバ仮想化ソフト/無償化に注目!サーバ仮想化ソフト選択術」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバ仮想化ソフト/無償化に注目!サーバ仮想化ソフト選択術」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

サーバ仮想化ソフトの基礎解説へ
サーバ仮想化ソフトシェア情報へ


1

サーバ仮想化ソフトの選び方

1-1

サーバ仮想化ソフトの信頼性

 サーバの仮想化を実現するアプローチは、OSの下層で動作するシンプルなアーキテクチャを採用しており、現在のサーバ仮想化ソフトにおいては、信頼性を懸念する必要はあまりないようだ。実際に、仮想環境がダウンしてしまうケースはあっても、仮想化ソフト自体が停止してしまったという事例はあまり聞かない。既に発売から10年近くを経た製品もあり、国内での導入事例や周辺機能も充実しているため、サーバ仮想化が必須である場合には製品の実績を第一に考えるという方法も間違いではない。
 OS/ハードウェア間のアクセスを完全に仮想化する「ハイパーバイザ型」のサーバ仮想化ソフトであれば、仮想化環境で動作しないOSやアプリケーションはほぼ存在しないと言ってよいだろう。ただし、移行元となるシステムの大部分が同一のOS上で稼働しているならば、コストメリットの出しやすいゲストOSが同一となるホストOSを利用した「コンテナ型」の製品が適している。この場合は、製品自体が必要となるOSに対応していなければならない。また、業務アプリケーションは1種のOS上で稼働しているが、開発/テスト環境として混在OSも必要となるケースなどには、双方の製品を提供しているベンダを選択することで、同様の管理ツールから様々な仮想化環境を管理していくこともできる。
 もっとも、物理サーバ上に多数の仮想環境を稼働している場合に、物理サーバ自体に障害が発生すれば、仮想環境により提供されているサービス全体が停止してしまう事態が起こりうる。このため、各仮想サーバを監視し、障害が発生した場合にそのサーバを環境ごと別の物理サーバに移動してサービスを続けるための高可用性機能を備えた製品が提供されている。製品によっては、一般のサーバ管理ツールなどと連携できるなど、ベンダ側でも様々なアプローチで安定性の向上を図っている。物理サーバの多重化などは既に導入済みのユーザ企業も多いと思われるが、単一の物理サーバを利用する場合でないかぎり、サーバ仮想化によるシステム全体の信頼性底上げにもつながるだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

サーバ仮想化ソフト/無償化に注目!サーバ仮想化ソフト選択術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ仮想化ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ仮想化ソフト」関連の特集


さらなる高速サーバ登場を前に、ますます関心の高まるPCサーバの仮想化ソフトについて、現状と基本をご紹…



出荷金額が前年比111.8%増の約21億6200万円、2008年度は51.7%増の約32億7900万…



何かと話題の「サーバ仮想化」。知ると知らずは大違い!?メリットと4つの基本手法を超(!)簡単に解説し…


「サーバー仮想化」関連の特集


稼働するサーバ数が少ない中小企業にも“サーバ仮想化のメリット”はある!ハードの老朽化にともなうアプリ…



サーバ仮想化を行う前に確認しておきたい事項から、実際に製品選択を行う時に気をつけたいポイントまで、ま…



効率的なシステム運用の核となる技術、仮想化。ここではサーバ仮想化の盲点と導入成功に導くポイントをアナ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバ仮想化ソフト/ 無償化に注目!サーバ仮想化ソフト選択術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ仮想化ソフト/ 無償化に注目!サーバ仮想化ソフト選択術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002809


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ