「リッチクライアント」マスト検討ポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

「リッチクライアント」マスト検討ポイント

2008/11/25


 第二世代のリッチクライアント技術は、表現力を大きく飛躍させると同時に機能性を高め、企業の既存システムとの連携や情報のプッシュ配信、デスクトップアプリケーションに匹敵する操作性の実現など、業務システムのクライアントとしての実力が磨かれてきている。IT製品解体新書のリッチクライアント特集にそのあらましを紹介しているが、本稿では、それが企業システムにとってどのような意味をもつのか、また導入にあたって製品やベンダ選択のカギとなるのはどのようなポイントなのかを考えてみよう。

リッチクライアント

※「リッチクライアント/「リッチクライアント」マスト検討ポイント」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「リッチクライアント/「リッチクライアント」マスト検討ポイント」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

リッチクライアントの基礎解説へ


1

リッチクライアント製品の選択ポイント

1-1

ほかのクライアント技術との違いを把握しよう

 IT製品解体新書にリッチクライアントのあらましを解説しているが、なぜ企業システムにとって必要なのかを考える時、リッチクライアント以外の技術がもつ課題から考えてみるとわかりやすい。よく対比される言葉にファットクライアント、シンクライアントがある。

■運用管理コストがかかるファットクライアント

 ファットクライアントはクライアントサーバシステムにおけるクライアントのことをいい、専用のクライアントアプリケーションを必要とする仕組みのことだ。基本的には業務用のDBをクライアント側のモジュールから直接読み書きする。この仕組みでは、業務に即して操作性を最適に作り込むことができ、またサーバとオフラインであっても業務を行うことができる。サーバとの通信は必要都度行われるが頻度は多くなく、レスポンスも比較的高速だ。しかし、クライアントへのモジュール導入とメンテナンスに手間とコストがかかるほか、アプリケーションの変更に際して、クライアントモジュールも連動して変更しなければならないところがネックになる。運用管理上の負担・コストが高いのが悩みだ。

■サーバ負荷が高くレスポンスに課題を残すシンクライアント

 反対に、シンクライアントは、クライアントを「ファット」にするクライアント側モジュールを廃すべく、アプリケーションとデータをサーバ上に置き、業務処理はサーバ上で行う。クライアント側には通信を仲介するシンクライアントツールがあればよく、基本的にアプリケーションもデータも要らない、まさに「シン(thin)」で軽いクライアントになる。アプリケーションの変更もサーバ側だけで済み、またセキュリティ上の効果も高い。一方、オフラインでの業務は行えず、常にサーバにアクセスした状態になるため、ネットワーク負荷が高くなり、レスポンスは多少だが悪化する場合がある。

■良いとこどりのリッチクライアント

 Webシステムであることを前提にしているのがリッチクライアントの特徴で、クライアント側のモジュールが軽く、簡単に変更できることがメリットだ。実行環境の最新バージョンの有無は利用時に確認され、必要ならば即座にダウンロードできるため、運用管理コストが低い。基本的にサーバ側の変更に連動してクライアント側の実行環境を変更する必要はない。最近ではオフラインでも作業ができ、オンラインになったタイミングでサーバとデータを同期する製品も多い。運用管理の手間が少ない点でファットクライアントよりも優れており、レスポンスや表現力などの点でシンクライアントよりも優れていると言える。
 実行環境を最初に入手する場合やバージョンアップの際を除けば、通常はデータの変更部分などがサーバとやり取りされるだけなので、サーバの負荷はシンクライアントはもちろん、HTMLクライアントと比較しても少ない。

■使い分けや組み合わせが合理的

 リッチクライアントはファットクライアントやシンクライアントの課題を解決してはいるが、一方でWebシステムであることによる制約もある。社内の既存システムがクライアントサーバシステムであって、簡単にはWebシステムに移行できないようなケースでは、無理に一部をリッチクライアント化するのは非合理だ。
 ファットクライアントにもシンクライアントにも、業務によって、また運用の仕方によって大きなメリットがあることを無視せず、部署の業務やシステムに応じて使い分けることを考慮したい。操作性や機能性が進歩しているとはいえ、プラットフォームにネイティブなアプリケーションで可能なことが、すべて実現できるわけではない。
 なお、「リッチ」クライアントの対比において、HTMLクライアントがかつて「プア」クライアントと呼ばれたことがあるとIT製品解体新書で紹介しているが、現在ではそのような呼び方はほとんどされない。標準に忠実なHTMLクライアントは運用管理の手間がかからず、開発側でも簡単にクロスブラウザ・クロスプラットフォームのコンテンツが作れる長所がある。標準仕様の中でも、工夫次第で様々な操作性や機能が実現できるので、「プア」な技術と呼ぶのには違和感がある。現在でもHTMLコンテンツは十分に実用的に利用されており、リッチクライアントを利用するサイトにおいてもサービスによってはHTMLコンテンツを利用している場合が多い。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

リッチクライアント/「リッチクライアント」マスト検討ポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リッチクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

リッチクライアント」関連の製品

Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 PMBOK準拠プロジェクト管理「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】
開発環境/BaaS プロジェクト管理
クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。 ●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●7年で130社以上の導入実績。

リッチクライアント」関連の特集


文書管理ツールに様々な機能が付加されることで、選択肢は広まったものの、だからこそ本当に必要な製品を選…



突発的なアクセス急増で悲鳴を上げるサーバに、あなたは何をしてあげられる?サーバ負荷を軽減するための具…



一見すると同じように見える「超高速開発ツール」ですが、開発するアプリケーションの種類によっても選択肢…


「その他WEB構築関連」関連の特集


必要な情報をタイムリーに収集できるRSS!既にビジネスに活用されている方も多いのでは?!ITに携わる…



 前回述べたWebアプリケーション開発に関する市場の変化は、筆者が調べたかぎりソーシャルアプリケーシ…



2006年度国内出荷金額は、前年比37.1%増の約15億円、2007年度は22.0%増の約18億円と…


「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

リッチクライアント/ 「リッチクライアント」マスト検討ポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「リッチクライアント/ 「リッチクライアント」マスト検討ポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002807


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ