手のかかるシステムに…統合運用管理ツール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

手のかかるシステムに…統合運用管理ツール

2008/10/27


 従来、基幹系システムの世界では、万一のトラブルなどに備えてシステム全体のパフォーマンスを監視したり、ユーザに一定のサービスレベルを保証したりするための様々な対策が取られてきたが、情報系システムの重要度が高まってきた現在、オープン系においても同様の管理が求められている。こうしたニーズに応えるツールの中心的存在が「統合運用管理ツール」である。そこで今回は、中小規模ユーザにとっても必要性が高まってきた統合運用管理ツールを取り上げ、基礎知識からサービス管理機能まで、その最新動向をお届けする。また、IT製品選び方ガイドの統合運用管理ツール特集では、自社に合う製品選びのポイントや製品カタログを紹介しているので、こちらもあわせて参考にしてほしい。

統合運用管理ツール

※「統合運用管理ツール/手のかかるシステムに…統合運用管理ツール」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「統合運用管理ツール/手のかかるシステムに…統合運用管理ツール」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

統合運用管理ツールの選び方ガイドへ


1

統合運用管理ツールを解体しよう!

1-1

統合運用管理ツールとは

 ITシステムを効率良く運用していくためには、いろいろな管理ツールが必要になる。サーバを数台導入するだけなら、どのサーバにどんなアプリケーションやデータベースがインストールされているのかを把握しておくことは難しい話ではないが、あらゆる部門で複数のサーバとアプリケーションが稼働しているような状況になると、システム管理者の頭の中だけで把握しておくことは難しく、サーバ管理やネットワーク管理といった個別の管理ツールが必要になる。この時、IT製品ごとに提供されている個別の管理ツールを導入してもよいが、システム規模が大きくなってきたり、システム構成が複雑になってきたりすると、管理ツールの操作にも手間取るケースが出てきてしまう。
 そこで、ITシステム全体の稼働状況などを統合コンソールから共通化されたオペレーション環境で一元管理するための仕組みが必要になり、「統合運用管理ツール」が製品化されるようになった。つまり、統合運用管理ツールとは、ITシステムの効率的運用に威力を発揮する各種管理ツールを統合して一元管理・監視を可能にするツールのことである(図1)。ただし、統合運用管理ツールに対する厳密な定義は存在しないことから、ベンダによってサポートしている管理対象は異なっている。

図1 統合運用管理ツールとは
図1 統合運用管理ツールとは
複数の管理対象を1つのコンソールで集中管理することでシステム運用の大幅な省力化を実現できる仕組みになっている。

 統合運用管理ツールは複数の製品群から構成されているが、以下にその代表的な管理ツールを列挙しておこう。なお、統合運用管理ツールの中にはIT資産管理ツールストレージ管理ツールバックアップツール、セキュリティ管理(検疫ネットワーク)なども含まれているが、これらのツールについてはキーマンズネットの別稿で単独ツールとして取り上げているので、そちらを参照していただきたい。

■ジョブ管理ツール

 ITシステムでは、定型業務やバッチ処理を確実かつ効率的に運用していく必要があるが、オペレータ自身が人手で複雑なバッチ処理を制御すると、人的ミスの可能性が高くなってしまう。そこで、これらのジョブの実行順序を指定するだけで、システム運用の自動化を実現できるジョブ管理ツールが提供されている。ジョブ管理ツールを導入すると、画面上でフローチャートを描くように複数のジョブの実行順序関係を簡単に定義することができ、ミッションクリティカルな日常業務を自動化することができるようになる。

■サーバ管理ツール

 システム管理者が管理しなければならないサーバ台数は増え続ける一方だが、サーバはビジネスを支える重要なIT機器であることから、正常稼働しているか、CPU負荷に問題はないか、常時チェックしていく必要がある。しかし、サーバ1台1台の稼働状況を常に確認し続けることは、そうたやすいことではなく、Windows、UNIX、Linuxなどの混在環境になれば、その難しさはさらに深まることになる。そこで、サーバ上のイベントログやアプリケーションログ、性能情報などを、常時、自動的に監視し、障害を早期に発見するための仕組みとしてサーバ管理ツールが提供されている。
 各社のサーバ管理ツールがサポートしている機能は多岐に渡っていて、ハードウェアの構成管理から性能管理、障害監視、電源制御、そしてOSの一括インストールまで、サーバ運用を効率良く管理するための機能が数多く提供されている。

■ネットワーク管理ツール

 統合運用管理ツールでは、複雑化するネットワークの運用管理コストを大幅に削減することができるネットワーク管理ツールもラインナップされている。ネットワークの運用管理では、構成管理、障害管理、性能管理の3つが基本になるが、例えば、構成管理ではネットワーク構成やネットワーク機器の配線状態を自動的にマップ表示したり、任意の2点間の経路情報を表示したりすることができる。運用中にノードが追加されたり削除されたりした場合には、ネットワーク管理マップは自動更新される。また、障害管理では、ICMP(Internet Control Message Protocol)を使ってネットワーク機器の死活監視を行ったり、SNMPトラップやMIBを監視することで、ネットワークの状態変化を細かくとらえたりすることができる。性能管理では、日/週/月/年単位など、必要に応じて中長期的なネットワーク性能管理を行うことができる。

■統合管理ツール

 サーバ管理やネットワーク管理を個別に行っている場合、それぞれの管理ツールが持つ複数の管理画面を切り替えたり、場合によっては端末を切り替えたりする必要があるので、ITシステムに障害が発生した時の対処に時間がかかるようになってしまう。そこで、複数の管理機能を1つの管理画面から操作するための統合管理ツールが提供されている。統合管理ツールを利用すると、システム全体のリソースや業務の稼働情報を効率良く一元管理できるようになる。また、様々なイベント発生をリアルタイムで監視できることから、障害時の原因個所の特定からその対処までを迅速に行うことができる。さらに、システム管理者が見たい範囲をグルーピングして監視したり、障害発生時の影響範囲を予測したりすることも可能だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

統合運用管理ツール/手のかかるシステムに…統合運用管理ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

統合運用管理ツール」関連の特集


問題のないPCだけを社内ネットワークに接続させる「検疫ネットワーク」。今回は、その意義と仕組みをまと…



今や「セキュリティツールなのか!?」と思うほどに様々な機能を有すIT資産管理ツール。その全貌…様々な…



企業で活用が進むクラウド。しかし、気になるのは、やはりセキュリティ対策。今回は、クラウドサービスの利…


「統合運用管理」関連の製品

オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 NRIの運用ノウハウを凝縮した運用管理ツール「Senju Family」 【野村総合研究所】 仮想化インフラの一元管理を支援する「Red Hat Satellite」 【サイオステクノロジー株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 NRIの運用ノウハウを凝縮!ITサービスマネジメント推進の手順書 「クラウド指向」の影と希望 運用管理とセキュリティ対策を考える

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合運用管理ツール/ 手のかかるシステムに…統合運用管理ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合運用管理ツール/ 手のかかるシステムに…統合運用管理ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002797


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ