イマドキの「プロジェクト管理」選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

イマドキの「プロジェクト管理」選び方

2008/10/20


 ソフトウェア受託開発ビジネスでは、来年(2009年)4月から会計基準として工事進行基準が義務づけられる。これは一見厄介なことに見えるが、実は進行中のプロジェクトの細かいところまでを金額に換算して評価できる新しい客観性をプロジェクト管理にもたらすものでもある。大ざっぱすぎる要求仕様や、プロジェクトマネージャのサジ加減によるリソース配分、成果物の定義が不明確なための進捗の曖昧さなど、プロジェクトの失敗に結びつきやすい様々な要素を、工事進行基準への対応をにらみながら再考してみると、プロジェクト管理の手法を、ツールの選び方も含めて見直したくなるだろう。今回は特に工事進行基準対応を前提に、最新のプロジェクト管理ツールの選び方を考えてみよう。

プロジェクト管理ツール

※「プロジェクト管理ツール/イマドキの「プロジェクト管理」選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「プロジェクト管理ツール/イマドキの「プロジェクト管理」選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

プロジェクト管理ツールの基礎解説へ
プロジェクト管理ツールシェア情報へ


1

プロジェクト管理ツールの選び方

1-1

プロジェクト管理に求められる管理対象領域とは?

 プロジェクト管理ツールといえば、ガントチャートで進捗を管理しやすくする道具という理解が一般的かもしれない。しかし、それだけでは十分ではないことは「IT製品解体新書」をお読みなら言うまでもないだろう。プロジェクト型の事業がコアになる企業では、プロジェクト管理の優劣が経営を左右することがよくある。そのため、コストや収益の状況も含めてプロジェクトの実情を確実に把握して、問題を発見次第に手当てができる体制が不可欠だ。

■エンタープライズ・プロジェクト・マネジメント(EPM)が対象とする領域

 全社的に多くのプロジェクトを管理するための仕組みをエンタープライズ・プロジェクト・マネジメント(EPM)と呼ぶが、その対象領域には図1のような広がりがある。

図1 EPMの対象領域の例
図1 EPMの対象領域の例
資料提供:日揮情報システム

 図1の全体を標準的にカバーできる単体ツールはない。一般的にプロジェクト管理ツールが利用されるのは、図1の中でも主にブルーで示された「PM(プロジェクトマネージャ)レベル」の領域と考えてよいだろう。

■PMレベルの管理領域を対象とするツールの機能構成

 EPMの一部を、ソフトウェア開発プロジェクトに即して詳細に図示すると図2のような機能構成になる。これは現在プロジェクト管理において事実上、理論的なバックボーンとなっているPMBOK標準に準じ、同分野でのプロセス改善ガイドラインとして権威のあるCMMIに基づいたプロセス管理体系をもとにしたツールの機能構成イメージだ。

図2 ソフトウェア開発向けのプロジェクト管理ソリューションのイメージ例
図2 ソフトウェア開発向けのプロジェクト管理ソリューションのイメージ例
資料提供:日揮情報システム

 図中に「計画」や「管理」という言葉が頻出しているように、プロジェクト管理を徹底して行うためには様々な管理項目を考慮しなければならない。

■プロジェクト管理ツールがコスト割れの原因になる可能性も

 もちろんこのすべてをツールによって管理し、プロセスを自動化するのが有効なケースは、一定規模以上のプロジェクトであって繰り返し同じプロセスが踏襲できる場合だ。規模や利用頻度によってはプロジェクト管理システム自体がコスト超過の原因や進捗の阻害要因にもなりかねない。
 ツールの中には、この領域の中でも限られた部分だけを対象とするものもあれば、BI(Business Intelligence)機能などをはじめ、「SBU(Strategic Business Unit)レベル」と呼ばれる経営戦略を任務とする人たちが情報活用できる機能をもつものや、具体的な見積書や各種ドキュメントの作成などに直結する機能をもつ業種特化の管理ツールなどもある。
 図1および図2に掲げた広がりの中で、どの部分にプロジェクト管理ツールを適用するかが、ツール選択の最初の分岐点になるだろう。それは自社のプロジェクト管理がどのような課題を抱えているのか、ツールを導入する目的は何なのかを問い直すことにつながるはずだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

プロジェクト管理ツール/イマドキの「プロジェクト管理」選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクト管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

プロジェクト管理ツール」関連の特集


プロジェクトリーダーを支える大事なツール。プロジェクトを失敗させないためには、ツール導入も失敗できな…



「Struts」に代表されるJavaフレームワーク。しかしオープンソースで本当に大丈夫なのか? 今回…



2009年度、数量ベースで62.3%のシェアを獲得して1位となった「プロジェクト管理ツール」ベンダと…


「プロジェクト管理」関連の製品

プロジェクト管理を改善する3つの方法――意思決定と業務プロセスを最適化する 【サイフォーマ】 Sciforma 7.0 「PPMソリューション」 【サイフォーマ】 IT部門、管理者、経営者全員にメリット 驚きのサービスデスク施策とは 【クレオ】
プロジェクト管理 プロジェクト管理 プロジェクト管理
プロジェクト管理を改善する3つの方法――意思決定と業務プロセスを最適化する ポートフォリオレベル及びプロジェクトレベルで、スケジュール、リソース、コスト/予算の計画立案と実績の監視・コントロールや意思決定を支援するPPMツール。 問い合わせ対応に追われ疲弊するシステム運用管理担当。人、コスト共に待ったなしの状況をチャンスに変える施策がある。現場に限らず経営者にもメリットがある方法とは。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

プロジェクト管理ツール/ イマドキの「プロジェクト管理」選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「プロジェクト管理ツール/ イマドキの「プロジェクト管理」選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002796


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > プロジェクト管理 > プロジェクト管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ