"導入から活用へ"事例で学ぶ「ERP」活用法

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

"導入から活用へ"事例で学ぶ「ERP」活用法

2008/10/14


 経営の効率化を図るために基幹業務を統合的に管理する「ERPパッケージ」。大企業への導入が一巡した今では、提供形態も整備されてきており、中堅・中小市場での導入が進んでいる。そこで今回はERPの注目機能を中心にその活用術を紹介するとともに、中小企業へとすそ野を広げつつあるERPの最新動向を紹介する。また、IT製品選び方ガイドのERP特集では、自社に合った製品の選び方について詳しく解説しているので、そちらもあわせて参考にしてほしい。

ERP

※「ERP/"導入から活用へ"事例で学ぶ「ERP」活用法」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/"導入から活用へ"事例で学ぶ「ERP」活用法」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ERPの選び方ガイドへ


1

ERPを解体しよう!

1-1

ERPの基礎知識

 ERP(Enterprise Resource Planning)とは、経営資源(ヒト・モノ・カネ)を、企業全体で統合管理し全体最適に配分することで、経営活動の効率を高めていこうという概念である。ERPパッケージとは、この概念を実現するためのシステムだ。従ってカバーする業務エリアは会計、販売、生産、在庫、購買・物流、人事・給与などの基幹業務であり、これらの業務をすべて、もしくは複数個カバーするモジュールで構成される。前述したようにERPパッケージは基幹業務を統合的に管理するため、すべてのモジュールは1つのデータベースを共有する。例えばAという製品が生産されたら、Aの在庫数は自動的に増える。もちろんその在庫数は販売モジュールや会計モジュールでもリアルタイムに反映される。この点が個別の業務パッケージとの最大の違いであり、ERPパッケージの最大の特徴である。(図1参照)

図1 代表的なERPパッケージの仕組み
図1 代表的なERPパッケージの仕組み
資料提供:SAPジャパン
■ERPの主要機能

ERPパッケージが提供する主要機能は以下の通りである。

このような主要機能以外にも、ツールによってカバー範囲は大きく異なるので、製品選びの際は注意が必要だ。

■ERPパッケージの種類

 一般的にERPパッケージというと、1つのデータベースで上記の機能をすべて管理する構成となっているものを指す。しかし中堅・中小企業向けのERPと言われる製品の中には、1つのデータベースによる統合型ではなく、個別の業務パッケージを連携させることでERPのように使えるものもある。この代表例が富士通のGLOVIA smartだ(図2)。GLOVIA smartは会計や人事給与、製造業、卸売業、小売業などの業種別のソリューションをサービスバス「GLOVIA smart SOA」でデータ連携するという仕組みになっている。データ連携のタイミングによってはリアルタイムとはいかないかもしれないが、すべての業務パッケージで処理されたデータが連携するので、ERPと同等の機能を提供するというわけだ。
 また製造業などの業種に特化したERPパッケージもある。業種に特化していないERPは、各業種の商習慣や業務プロセスに対応するため、業種別ソリューションを提供している。しかし日本では生産や販売、物流などの分野でERPパッケージの導入がなかなか進んでこなかった。そこには現場の改善や工夫など独自の業務プロセスへの対応が難しいというだけではなく、その独自の業務プロセスそのものが競争力の源泉となっていた背景がある。業種特化型ERPパッケージの場合は、これらのニーズを満たす工夫が盛り込まれているといえる。

図2 個別業務パッケージ統合型ERPの仕組み
図2 個別業務パッケージ統合型ERPの仕組み
資料提供:富士通

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/"導入から活用へ"事例で学ぶ「ERP」活用法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

GRANDIT 【GRANDIT】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 GRANDIT 【日商エレクトロニクス】
ERP ワークフロー ERP
経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。アドオンテンプレートの提供も。

ERP」関連の特集


コミュニケーション/コラボレーションツールとして活用されるグループウェア。使いやすさのための機能チェ…



「この金額の根拠は?」という問い合わせに、すぐ回答できる次世代SCMはどういう仕組みか。戦略的な「ヒ…



ERP製品を主軸に事業を展開するテクノスジャパンでは、データ分析を主に手がけるテクノスデータサイエン…


ERP」関連のセミナー

ProActive E2 製品概要紹介セミナー 【SCSK】  

開催日 3月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ProActive E2 は、“ProActive”シリーズの発売開始から25年間で得た豊富な導入実績と業務ノウハウ、そして確かな技術を礎に生み出された、SCS…

内田洋行 食品ITフェア2018 in 東京 【主催:内田洋行/協賛:内田洋行ITソリューションズ】  

開催日 3月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、食品業において、消費者ニーズの多様化による「多品種少量生産」「食の安全・安心」への意識の高まりや、環境問題へ対応した「廃棄ロス削減」「物流効率化」、少子高…

【個別相談型セミナー】mcframeデモセミナー 【日立ソリューションズ】  

開催日 2月28日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

生産・販売・原価管理統合パッケージ「mcframe」は500社以上の製造業様への導入実績を誇り多種多様なニーズにお応えできる基本機能と高い柔軟性・カスタマイズ性…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ "導入から活用へ"事例で学ぶ「ERP」活用法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ "導入から活用へ"事例で学ぶ「ERP」活用法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002793


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ