緊急事態の特効薬「メールアーカイブ」大全

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

緊急事態の特効薬「メールアーカイブ」大全

2008/10/06


 電子メールの適切な運用を促進すると同時に、万一、情報漏洩などの事件が発生した際に証拠として活用する電子メールを長期間保管し、必要な時には迅速に目的のメールを取り出すことができる「メールアーカイブ」。今まで導入の障壁となっていた運用負荷などの課題が解消され始めており、日本版SOX法・個人情報保護法などの社会的背景も相まって、今後多くの企業で導入が進むものと予測されている。そこで今回のIT製品解体新書では、メールアーカイブの基本と導入効果をおさらいしながら、製品の最新事情について解説していく。また、IT製品選び方ガイドのメールアーカイブ特集では、自社に合った製品の選び方について詳しく解説しているので、そちらもあわせて参考にしてほしい。

メールアーカイブ

※「メールアーカイブ/緊急事態の特効薬「メールアーカイブ」大全」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メールアーカイブ/緊急事態の特効薬「メールアーカイブ」大全」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

メールアーカイブの選び方ガイドへ


1

メールアーカイブを解体しよう!

1-1

メールアーカイブとは

 メールアーカイブとは、電子メールでやりとりされる本文や添付ファイルなど、すべてのクライアントの電子メール送受信情報を長期保管しておくためのツールのこと。メールサーバでは、受信したメールはユーザが取りにくるまでの間、一時的に個別のメールボックスに保存されるが、ユーザがメールを受信した後はメールボックスから削除するように設定されているのが一般的である。また、メールボックスには上限容量が定められていることから、受信済みのメールをそのままメールボックスに保存しておくと、メールボックスが溢れて新しいメールを受け取ることができなくなる。つまり、メールサーバのメールボックスは、メールの長期保管場所として利用する仕組みにはなっていないのである。また、メールサーバは送信メールを宛先のメールサーバへ転送する機能を持つが、送信メールをメールサーバ上に残す機能は搭載されていない。そこで、メールサーバとは別にメールを長期間保管する仕組みとしてメールアーカイブというツールが登場するようになったのである。

■ゲートウェイ型とエージェント転送型

 現在、市販されているメールアーカイブをシステム構成の観点から分類すると、ゲートウェイ型とエージェント転送型の2つに分けることができる。ゲートウェイ型(図1)は、外部ネットワークとメールサーバとの間にメールアーカイブを設置し、すべてのメールがメールアーカイブを通過するようにする。通常、ファイアウォール内に設置して、SMTPポート(通常25番ポート)を経由して送受信されるメールを中継するように設定する。ゲートウェイ型の場合、メールサーバの種類に関係なく簡単に設置することができるというメリットがあるが、その一方、メールの流通経路上に設置されるので、メールアーカイブに障害が発生すると、すべてのメールの送受信が止まってしまう危険性がある。従って、メールアーカイブの冗長化が必要になってくる。

図1 ゲートウェイ型のメールアーカイブ
図1 ゲートウェイ型のメールアーカイブ
既存システムに手を加えることなく簡単に導入できる。

 これに対し、エージェント転送型(図2)は、既存のメールサーバにエージェントと呼ばれる小さなプログラムを導入し、そのエージェントがメールサーバを通過する社内外のすべてのメールをメールアーカイブにレプリケーションすることでメールの保存を行う。 エージェント転送型の場合、メールサーバにエージェントを導入しなければならないので、メールサーバの種類が限定されることになる。ただし、メールの流通経路上に配置しないことから、万一、メールアーカイブに障害が発生しても、メールの送受信に影響を及ぼす心配がほとんどない。

図2 エージェント転送型のメールアーカイブ
図2 エージェント転送型のメールアーカイブ
メールの流通経路に設置しないことから、より安全な運用が可能。

 さらに、メールアーカイブには、メールフィルタリング機能を持つ製品と、メールアーカイブ機能に特化した製品に大別することもできる。このほか、提供される製品形態で分類すると、ソフトウェアパッケージ、アプライアンス、ASPサービスに分類できるが、これについてはIT製品選び方ガイドで解説する。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メールアーカイブ/緊急事態の特効薬「メールアーカイブ」大全」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールアーカイブ」関連情報をランダムに表示しています。

メールアーカイブ」関連の製品

クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」 【クオリティア】 クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 Barracuda Message Archiver 【バラクーダネットワークスジャパン】
メールアーカイブ メールセキュリティ メールアーカイブ
Google Apps、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。 クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
強力かつ効率的なメールアーカイブを実現するメールアーカイブソリューション。優れた検索機能を備え、必要な情報をすぐに取り出すことが可能。

メールアーカイブ」関連の特集


「バックアップしていればOK」はカン違い!?メールアーカイブの基礎から、導入のメリット、最新事情を徹…



さまざまな製品ラインナップが出揃った「メールアーカイブ」の選び方を“4つの視点”で解説します!製品導…



誰もが業務に欠かすことのできないメール。オンプレミスのメールサーバでは運用管理に悩む企業も多いはず。…


「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メールアーカイブ/ 緊急事態の特効薬「メールアーカイブ」大全」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メールアーカイブ/ 緊急事態の特効薬「メールアーカイブ」大全」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002791


IT・IT製品TOP > メール > メールアーカイブ > メールアーカイブのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ