第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス

2008/10/14


 インターネット上のサーバにアクセスする際には、"recruit.co.jp"のようなドメイン名や、"www"のようなホスト名を用いる。しかしIPパケットには、「あて先IPアドレス」はあるが、「あて先ドメイン名」や「あて先ホスト名」なるものはない。そこで今回は、「ホスト名」や「ドメイン名」を「IPアドレス」に置き換える、「名前解決」の仕組み「DNS」について解説する。また、この仕組みを利用して、データセンタのリソースの一部をユーザに貸し出す「ホスティングサービス」についても解説する。

DNS

※「DNS/第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「DNS/第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

DNSの仕組み

1-1

URLの構造

 インターネットを利用してWebサーバにアクセスする場合、ブラウザのアドレスにURLを入力する。URLは、Uniform Resource Locatorの略で、RFC1738で規定されている。
 URLの全体構造は、":"をはさんで前半の「スキーム部(scheme)」と、後半の「スキーム仕様部(scheme-specific-part)」に分かれる。

<scheme> : <scheme-specific-part>

<scheme> は、通信相手とやり取りする手段・方法を表す。
  Webであればhttpファイル、データ転送であればftp、メール送信であればmailtoなどがある。
<scheme-specific-part> は、通信に必要な情報を示す。スキームによって構文仕様は異なる。
  通信相手のホスト名、リソース名、ユーザ名、パスワードなどがある。

 例えば、「初級ネットワーク講座 第11回」の内容を閲覧するためのURLは、「http://www.keyman.or.jp/3w/prd/87/30002687/」で、その内容は次のように構成されている。

<scheme> → [http]
<scheme-specific-part> → [//www.keyman.or.jp./3w/prd/87/30002687/]

 つまり、通信相手とは[http]という手段(プロトコル)でやり取りしたい。その必要情報は[//www.keyman.or.jp./3w/prd/87/30002687/]である、ということだ。

 <scheme>が[http]の場合、<scheme-specific-part>の構文は、以下の通りとなる。

 // <host> : <port> / <path> ? <searchpart>

<host>  → www.keyman.or.jp
<port>  → 省略
<path>  → 3w/prd/87/30002687/
<searchpart> → 省略

 <host>は、通信相手のホストを識別する。[www.keyman.or.jp]は、さらにホスト名である[www]とドメイン名である[keyman.or.jp]に分けられる。このように、ホスト名とドメイン名を組み合わせたものをFQDN(Fully Qualified Domain Name:完全修飾ドメイン名)と呼ぶ。FQDNは、インターネット上で一意である。
 <path>は、そのホスト内にあるリソース(ファイル)の場所を示す。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

DNS/第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DNS」関連情報をランダムに表示しています。

DNS」関連の製品

DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 【アカマイ・テクノロジーズ】 DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? 【アカマイ・テクノロジーズ】
フィルタリング その他ネットワーク関連 フィルタリング
DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか?

DNS」関連の特集


タブレットなど新たなネット接続デバイスの普及に伴って、Webサーバへのトラフィックが急増する中、注目…



カード情報は現状どう取り扱われているのか?データをひもときつつ、他業種でも参考にできるPCI DSS…



大規模企業におけるネットワーク管理はもはや当たり前。しかしクラウドの活用やネットワーク仮想化、端末の…


DNS」関連のセミナー

DNS基礎 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月22日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要: DNSは、 インターネット上でドメイン名を管理・運用するために開発されたシステムであり、 現在では、インターネットを利用する時に必要不可欠なシステムの…

カスタマーサポート・営業職向けIPv6入門 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月21日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要: 国内ではコンシューマー向けIPv6サービスが提供され始めてから既に数年が経過し、 2017年夏からは携帯電話の通信網でもIPv6が標準で提供され始めま…

IPv6ハンズオン〜サーバ編〜 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 4月26日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 4万円(税込)

●概要IPv6の実践的な設定ができる技術者の育成を目的にした、 仮想マシンを利用した基礎的な内容の演習です。 Linux (CentOS 6)を用いた、 各種サ…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

DNS/ 第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DNS/ 第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002782


IT・IT製品TOP > データセンター > ホスティング > ホスティングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ