第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス

2008/10/14


 インターネット上のサーバにアクセスする際には、"recruit.co.jp"のようなドメイン名や、"www"のようなホスト名を用いる。しかしIPパケットには、「あて先IPアドレス」はあるが、「あて先ドメイン名」や「あて先ホスト名」なるものはない。そこで今回は、「ホスト名」や「ドメイン名」を「IPアドレス」に置き換える、「名前解決」の仕組み「DNS」について解説する。また、この仕組みを利用して、データセンタのリソースの一部をユーザに貸し出す「ホスティングサービス」についても解説する。

DNS

※「DNS/第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「DNS/第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

DNSの仕組み

1-1

URLの構造

 インターネットを利用してWebサーバにアクセスする場合、ブラウザのアドレスにURLを入力する。URLは、Uniform Resource Locatorの略で、RFC1738で規定されている。
 URLの全体構造は、":"をはさんで前半の「スキーム部(scheme)」と、後半の「スキーム仕様部(scheme-specific-part)」に分かれる。

<scheme> : <scheme-specific-part>

<scheme> は、通信相手とやり取りする手段・方法を表す。
  Webであればhttpファイル、データ転送であればftp、メール送信であればmailtoなどがある。
<scheme-specific-part> は、通信に必要な情報を示す。スキームによって構文仕様は異なる。
  通信相手のホスト名、リソース名、ユーザ名、パスワードなどがある。

 例えば、「初級ネットワーク講座 第11回」の内容を閲覧するためのURLは、「http://www.keyman.or.jp/3w/prd/87/30002687/」で、その内容は次のように構成されている。

<scheme> → [http]
<scheme-specific-part> → [//www.keyman.or.jp./3w/prd/87/30002687/]

 つまり、通信相手とは[http]という手段(プロトコル)でやり取りしたい。その必要情報は[//www.keyman.or.jp./3w/prd/87/30002687/]である、ということだ。

 <scheme>が[http]の場合、<scheme-specific-part>の構文は、以下の通りとなる。

 // <host> : <port> / <path> ? <searchpart>

<host>  → www.keyman.or.jp
<port>  → 省略
<path>  → 3w/prd/87/30002687/
<searchpart> → 省略

 <host>は、通信相手のホストを識別する。[www.keyman.or.jp]は、さらにホスト名である[www]とドメイン名である[keyman.or.jp]に分けられる。このように、ホスト名とドメイン名を組み合わせたものをFQDN(Fully Qualified Domain Name:完全修飾ドメイン名)と呼ぶ。FQDNは、インターネット上で一意である。
 <path>は、そのホスト内にあるリソース(ファイル)の場所を示す。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

DNS/第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DNS」関連情報をランダムに表示しています。

DNS」関連の製品

クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】 NIFTY Cloud/ニフティクラウド(パブリック型クラウドサービス) 【ニフティ】
IaaS/PaaS WAF IaaS/PaaS
高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザ認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用もすべてお任せ。 国内最大級!4,500件以上の導入実績を誇るパブリッククラウド
◆卓越したパフォーマンスと信頼性・柔軟性
◆24h/365日対応の電話サポート
◆使いやすいコントロールパネル

DNS」関連の特集


 クラウドにおけるセキュリティの現状と対策について、特にIaaS(Infrastructure as…



2008年夏からDNSサーバの脆弱性をついた攻撃が激増!統計情報とあわせて被害にあわないためのチェッ…



業務遂行の邪魔ばかり…年々増加の一途をたどるスパムメールと対策法の最新動向を取材してきました。


DNS」関連のセミナー

金融ICT カンファレンス 2016 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

Fintech 時代に求められる金融業界が取り組むべき課題改善の重要なポイントを企業の成功事例を中心に、最先端テクノロジーとソリューションを一挙解説する。■キー…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

DNS/ 第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DNS/ 第12回 DNSの仕組みとホスティングサービス」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002782


IT・IT製品TOP > データセンター > ホスティング > ホスティングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ