この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

「情報共有」本当の弱点はどこか?

2008/12/10


 タイムリーな情報の把握は迅速な判断と的確な業務修正・改善に結びつき、また蓄積されたノウハウやナレッジは、活用されて初めてさらなる業務効率化や創造的な新発想、新規事業展開をもたらす糧となる。しかし実際には、まだ試行錯誤しているというケースが多いのではないか。そこで今回は、3つの視点からITツールを用いた情報共有の方策を紹介する。

情報共有

※「情報共有/「情報共有」本当の弱点はどこか?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「情報共有/「情報共有」本当の弱点はどこか?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ

いま共有すべき情報は何か、「弱点」を探れ

  企業内における日々の業務の流れの中で発生する多くの情報は、その性質から大きく2つに分けられる。第1に個人スケジュール情報や会議室・施設予約情報のように再利用されない「通知や連絡的(フロー系)な情報」、第2に技術資料や報告書、議事録、提案書などのようにノウハウの宝庫ともいえる再利用価値の高い「ナレッジとなる文書等(ストック系)の情報」だ。
  情報共有を考えるとき、これらの性質の異なる情報を、多機能な汎用ツールで一律に管理しようとするとうまくいかないことが多い。会社の現状の情報共有環境を分析し、どこが弱点かを把握した上で、本当に必要なツールを見極める必要がある。 考え方の道筋として、ナレッジの活用のための準備プロセスを考えてみることが有効だ。そのプロセスとは、図1に示す「増やす」「貯める」「届ける」の3段階だ。これらのプロセスを経ないと、知識の活用や内面化といった「活かす」レベルに達しない。

図1 ナレッジ活用の準備プロセス

図1 ナレッジ活用の準備プロセス
 
(資料提供:みずほ情報総研)

  このプロセスの6つの要素について、それぞれどれだけ整備されているかをチャート化してみると、自社の弱点が見えてくるはずだ。

図2 情報共有状態の評価チャート

図2 情報共有状態の評価チャート
(資料提供:みずほ情報総研)

  図2の上段は情報が蓄積されるばかりで活用が進まない組織、中段は情報活用を積極的に推進しようとしているものの肝心の情報が蓄積されず、増やす仕組みも作られていない組織、下段は情報が蓄積されてユーザに届けられてはいるが十分に活用できていない組織の典型パターンだ。自社がどのパターンに近いか、ぜひ検討してみよう。 それでは、積極的に情報活用していくための処方箋をみていく。


1

業務効率の向上を目指した情報共有

 前述の「フロー系情報」がスムーズに共有されれば、図1の「増やす」「届ける」の要素を強化することになり、業務の効率のアップや生産性の向上が期待できる。まずはここから見ていこう。

フロー系情報の共有に役立つツールとは

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

情報共有/「情報共有」本当の弱点はどこか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報共有」関連情報をランダムに表示しています。

情報共有」関連の製品

オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】
EIP 文書管理 Web会議
ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。 マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。

情報共有」関連の特集


作家、教育者、保育園経営者、コメンテーター、スポーツライターとして有名な乙武洋匡さんと、サイボウズ青…



紙の電子化に役立つドキュメントスキャナで、今回は社内書類の“ビジネス自炊”にチャレンジ!シンプルな機…



 前回は、弊社が実際に「Google Apps」を使ってみた結果、営業組織にもたらしたインパクトにつ…


情報共有」関連のセミナー

アジャイルとDevOpsを組織に適用する方法 【共催:アトラシアン/グロースエクスパートナーズ】 注目 

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

サービスや製品に対する要求の変化がスピーディになっている昨今、より柔軟に対応し続けるためにアジャイル開発を推奨する企業が増えてきました。それに合わせて、アジャイ…

【名古屋】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【【主催】日立システムズ/【共催】ネオジャパン】 注目 

開催日 12月7日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】  

開催日 12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

このページの先頭へ

情報共有/ 「情報共有」本当の弱点はどこか?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報共有/ 「情報共有」本当の弱点はどこか?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002762



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ