この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日 2008/11/28
金曜Blackピット 〜世界の“記念日”つまみ食い編〜

登場人物紹介

金曜Black★ピット!気になるその登場人物をちょっとだけご紹介します♪
ブラックピット

ブラックピット

NAME

ブラックピット(本名非公開)

AGE

35(独身)

所属

某企業SE(今年で5年目)

その他

昔レーサーに憧れ、夢見ていたが断念した経歴を持つ。(中学生の時にゲームセンターのレーシングゲームで全国1位を取り、なんとなく自分ならイケる気がしてしまった。)愛車は黒のスカイライン。憧れはGTR。車とF1観戦が趣味。笑いはもっぱらシュールなネタが好き。

後輩P

後輩P

NAME

後輩P(本名:ピーター・貴)

AGE

25

所属

ピチピチの社会人1年目

その他

日本人の父とアメリカ人の母を持つ。英語も日本語もペラペラ。数回の留学経験&大学院卒業で、自他共に認めるインテリ。最近「エコ」に目覚めたらしい。何をやらせてもサクッとこなしてしまうため、頼もしい反面、ブラックピット的にはちょっと焦らされる存在。でも本人はいたってマイペース。社会人1年目の記念に、父からプリウスをプレゼントされた。 

記念日-Today 深海ザメが通信ケーブルを食いちぎる!?
Special Day
11月28日は、1520年に探検家のフェルディナンド・マゼランが、太平洋に到達したことに因む
「太平洋記念日」だ。

マゼランというと、南米大陸最南端にある「マゼラン海峡」が有名。しかしこのマゼラン海峡は、狭い海峡に激しい潮流と幾多の暗礁が広がっており、実は非常に危険な海として知られている。
この難所を、マゼラン率いる艦隊はわずか7日間で通過したと言われているのだが、現在でも熟練した経験者でなければ通過するのに苦労するほどの海峡であることを考えると、GPSもレーダーも搭載していなかった約500年前の当時としては、まさに手練航海士による神業と言っていいだろう。

そして険しい海峡を通り抜けた先にマゼランの目に映ったのは、天候が荒い大西洋とは異なりどこまでも穏やかに広がる大海。マゼラン一行はその大海の名をマール・パシフィコ。つまり平和の海「太平洋」と名付けた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

金曜Black★ピット/ サメが海底ケーブルを食いちぎる!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「金曜Black★ピット/ サメが海底ケーブルを食いちぎる!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「金曜Black★ピット」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、ニュース内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30002755



このページの先頭へ
噂のIT都市伝説

キーマンズネットとは

ページトップへ