この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

量販店売れ筋レポート6月号

ヨドバシ・ドット・コム×キーマンズネット


最新ITゲキ売れ5 −「モバイルノートPCの巻」―

2008/06/25


ヨドバシ・ドット・コムの協力のもと、IT製品の最新トレンドを踏まえ、量販店での売れ筋商品を徹底分析するウェブマガジン「最新ITゲキ売れ5」。6月号で取り上げるのはモバイルノートPCである。今やノートPCはビジネスの定番アイテムだが、より軽量、より高性能を目指して、その進化はとどまることがない。また一方では、すでにオーバースペックと化しつつあるCPUの処理能力を追求せず、ビジネスに必要なスペックをローコストに実現する新しいコンセプトのモバイルノートも売れ行きを伸ばしているという。はたして量販店ではどのようなモバイルノートPCがゲキ売れしているのだろうか。

※表示価格は2008年6月25日時点のものであり、変更の可能性があります。最新価格はヨドバシ・ドット・コムでご確認ください。

売れ筋トレンドを読む

今回のランキング抽出条件は、重量1.5kg以下、かつMicrosoft Officeが動作可能なノートPCであること。またOfficeアリ/ナシの2種類が用意されているものについては、まとめて1モデル扱いで集計している。今回のランキングは、過去のモバイルノート特集から大きな変動があった。ローコストな工人舎のモバイルノートが、堰を切ったようにランクインしてきたのだ。この結果、性能とモバイル性の高いバランスを追求したパナソニックやソニーの高性能モバイルノートと、ビジネスに必要なスペックをローコストに実現する工人舎製ノートが入り混じる乱戦模様のランキングとなった。これまでも工人舎製品はランク外ながらも健闘してきたが、ゲキ売れ5に姿を見せるには至らなかった。それがこの2008年に入って、にわかに本格的な売れゆきを見せ始めたのである。

モバイルノート市場は二極化する?

これまでモバイルノートPCといえば、軽量コンパクトを追及する代償として、他のノートやデスクトップに比して割高にならざるを得ないというのが常識だった。この常識は2008年の今でも、インテルCore2Duoなどの最新プロセッサを搭載したモデルを見るかぎり、基本的に変わっていない。しかし、今回のゲキ売れ5の顔ぶれを見ればわかるように、工人舎の超小型モバイルがローコスト、超コンパクトを武器に躍進してきているのだ。

この状況の背景として考えられるのは、PCの処理能力が、もはやビジネスやウェブ用途にはオーバースペックとなりつつあり、より廉価なCPUとマザーボード、メモリ構成でも十分実用に耐える状況となったことが考えられる。今回ランクインした工人舎の2機種は、それぞれXP、Vistaを搭載したフルスペックのPCで、メモリも最大および標準で1GBを搭載する。VistaなどのOSは、それ自体が高スペックを要求するから、必然的にこれらを搭載するPCはビジネス用途なら十二分な性能を備えることになる。PC市場全体のオーバースペック化が、逆に「必要十分な性能をローコストに」というコンセプトを成立させることになったようなのである。

モバイルにローコストという新機軸をもたらす 工人舎 SA シリーズ

これまでもゲキ売れ取材班は、工人舎の個性的なノートPCを紹介する機会はないだろうかと、ランキングの集計結果を眺めては、少々もどかしく思ってきた。これまでモバイルノートを特集した際には、工人舎の製品は残念ながらランクインには程遠いところで、どちらかといえば上級者や好事家向けの色合いを見せるばかりだったのだ。

それがこの2008年春になって、見事ゲキ売れ1を獲得するまでの急激な売れ行きを見せている。その背景には、モバイルノートがCore2Duo搭載の時代に入ってマルチコア化に向かうなか、逆にローコストなモバイル用CPUでも性能的に十分な状況が生まれてきたということがあるだろう。

本製品のメモリ標準512MB/最大1GBというスペックは、数年前までの第一線のコンパクトモバイルと同等以上。おもに文字情報を扱うビジネスおよびウェブ用途ならば、これだけあれば十分な余裕がある。7型ワイド液晶もキーボードも、お世辞にも広いとはいえないが、D-Sub15ピン端子を備えているから、オフィスや自宅では外付けのモニタ&キーボードを使い、本体のインターフェースはモバイル用と割り切れば、それはそれで合理的。そう考えていくとビジネス用のメインマシンにもなりえる本製品がゲキ売れ1を獲得するのが、ごく自然なことに思えてこないだろうか。

高性能モバイルの大横綱 パナソニック Let's note LIGHT W7 シリーズ

モバイルノートPCのベストセラーは?と聞かれてゲキ売れ取材班が迷わず挙げるのがパナソニックのWシリーズである。過去のランキングのことごとくで上位を占めてきた本シリーズが、相変わらずの強さでゲキ売れ2を獲得している。ゲキ売れ1との価格差を考えれば、相変わらず驚異的な売れ行きだと言っても過言ではないだろう。

わずか約1.25kgでDVDマルチドライブ搭載、CPUは最新のインテルCore2Duo U7600 1.2GHz、メモリは標準1GB/最大2GB、HDD容量120GB、バッテリ駆動時間約11時間というスペックには、一切隙らしいものは見当たらない。薄型へと再び移るかに見えたモバイルノートのトレンドだが、Let's note Wシリーズのこの売れ行きを見るかぎり、堅牢性と軽さを高いレベルで両立するこの厚めのボンネット構造は、相変わらず市場から圧倒的な支持を得ているとみて間違いなさそうだ。

コストパフォーマンス抜群、機能満載、超コンパクトモバイル 工人舎 SR シリーズ

躍進する工人舎がゲキ売れ1に続いて3位にランクインさせてきたのは、価格からは考えられないほどの多機能を備えたコンパクトモバイルPCである。感圧式タッチパネル機能を備えたモニタは、回転して裏返しにでき、電車の中などではタブレットPCとして使用することが可能。わずか約1.1kgにしてDVDマルチドライブを備えたのは、11型以下のモバイルPCで世界最小最軽量であるという。モニタの横には十字型のポインターデバイスを備えており、携帯用ゲーム機とおなじ感覚で使用することもでき、さらにCF、SD、MMC、MSなどに対応するカードスロットも備えているから、フォトストレージ的な利用もできる。ウェブカメラも搭載でSkypeなどにも最適。Windows Vista Home PremiumをOSに採用している以上、メモリは当然のことながら標準1GB搭載である。

従来ならマニア向けとも言えるスペックと多機能インターフェースだが、PSPやNintendo DSの普及した今となっては、一般ユーザにも馴染み深いものになりつつあるだろう。Vistaが動き、光学ドライブを備え、タブレットPCとしても使えるPCと聞いたら、お値段も相当かと思いきや、意外なほど購入しやすい価格。このコストパフォーマンスの高さは、繰り返しになるがモバイルPCのハイスペック化の逆説的な恩恵なくしてはありえなかっただろう。これほどインパクトのある性能をローコストで提供する工人舎のSRシリーズがゲキ売れ3を獲得するのは、当然の結果ではないだろうか。

高性能、超軽量コンパクトPCの定番 パナソニック Let's note LIGHT R7 シリーズ

モバイルノートで安定した強さを見せるパナソニックのこれまた定番となるRシリーズは、光学ドライブを搭載しない代わりに、Core2Duo U7600 1.2GHz、標準1GB/最大2GBメモリという妥協のない処理能力と7.5時間のバッテリ駆動時間、10.4型XGA液晶、ボンネット構造による高い耐圧耐衝撃性能を、1kgを切る超軽量で実現した究極のコンパクトモバイルPCである。

光学ドライブは外付けでもOKで、コンパクトなキーボードを使いこなせる方にとって、現時点において1kg以下で持ち運べる世界最高の性能を備えるのが、パナソニックLet's note Rシリーズである。軽量コンパクトにこだわりつつ、処理性能にも妥協を許さないモバイル上級者からの高い支持を得てのゲキ売れ4ランクインだと見て間違いなさそうだ。

一年を経て売れ続ける10周年モデル ソニー VAIO typeT VGN-TZ73B

本格的なモバイルノートPCの時代を切り拓いた記念碑的なモデルVAIO NOTE 505発売からの10周年を記念して昨年春に発売されたのが、このソニーVAIO typeTである。505へのオマージュともいえる超薄型円筒型ヒンジのデザインは、一向に古さを感じさせないばかりか、今でも先進的な印象を与える。マグネシウムに代えて採用したカーボン素材はレーシングマシンのモノコックに使用されるレベルの高強度・高弾性を持つもの。CPUには最新のインテルCore2Duo U7600 1.2GHz、メモリは標準で2GBを搭載。最新のスペックを備えたVAIOのフラッグシップモデルは、モバイルノートのひとつの到達点ともいえる洗練度と完成度を備えている。VAIOの持つスタイリッシュモバイルのイメージがいかに高い支持を得ているかが、発表から1年を経た本モデルが安定した売れ行きでゲキ売れ5にランクインしてきたことからもハッキリと伺えるといえるだろう。

ゲキ売れ5ランキング

5月16日〜6月15日の1ヵ月間、ヨドバシカメラ全店およびヨドバシ・ドット・コムで最も売れた「モバイルノートPCの巻」上位5製品はこれだ!

(情報提供:ヨドバシカメラ)

1位 ゲキ売れランキング

KOHJINSHA SA シリーズ

工人舎 KOHJINSHA SA シリーズ

メーカー:工人舎

価格:59,800円〜 (2008年6月25日時点)

2位 ゲキ売れランキング

Let's note LIGHT W7 シリーズ

パナソニック Let's note LIGHT W7 シリーズ

メーカー:パナソニック

価格:237,700円〜 (2008年6月25日時点)

3位 ゲキ売れランキング

KOHJINSHA SR シリーズ

工人舎 KOHJINSHA SR シリーズ

メーカー:工人舎

価格:99,800円〜 (2008年6月25日時点)

4位 ゲキ売れランキング

Let's note LIGHT R7 シリーズ

パナソニック Let's note LIGHT R7 シリーズ

メーカー:パナソニック

価格:191,100円〜 (2008年6月25日時点)

5位 ゲキ売れランキング

VAIO typeT VGN-TZ73B

ソニー VAIO typeT VGN-TZ73B

メーカー:ソニー

価格:239,800円 (2008年6月25日時点)


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

モバイルPC/モバイルPCの巻(6月号)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイルPC」関連情報をランダムに表示しています。

モバイルPC」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】 モバイルPC 盗難・紛失対策サービス 【日立ソリューションズ】 ワイヤレスアダプタ/ワイヤレスVPNルータ 「UNIVERGE WA シリーズ」 【NEC】
モバイル通信サービス MDM ルーター
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に モバイルPCに対してリモートロックやリモートワイプ等によるセキュリティ対策を提供。盗難にあったPCの回収支援も行う。 LTE回線や無線LANを活用し、多様なネットワーク構築を可能にする企業向けワイヤレスVPNルータ。
無線LAN AP内蔵モデル、LTE通信機能内蔵モデル等を用意。

モバイルPC」関連の特集


 前回はエンドポイント・セキュリティで考慮すべき機能を「外」と「内」にわけて説明してきたが、今回はい…



Ultrabookとしてリリースされているのは、決して大手PCベンダの製品だけではない。ショップオリ…



コスト削減もコミュニケーション活性化も行えるフリーアドレス制。座席割り当ての工夫など、実現に向けた課…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モバイルPC/ モバイルPCの巻(6月号)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイルPC/ モバイルPCの巻(6月号)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002728


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ