この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

内部からの情報漏洩を防ぎたい!

2008/07/09


 日々、情報漏洩事件がメディアを賑わせているが、他人事として見過ごすことはできない。万が一、あなたの会社が情報漏洩を起こした場合、個人情報が流出した顧客への損害賠償などの直接的な損害を被るだけではなく、防止対策に真摯に取り組んでいなければ、その企業への信頼も失墜することは間違いない。組織全体で取り組むべき大きな課題だが、それに役立つ「クスリ」としてのツールも欠かせない。基本的なツールから、設定した期日にデータを「自動消滅」できるCD-Rや、メールを保留して誤送信を防ぐサービスなど、ニッチなものもあわせて紹介する。

情報漏洩

※「情報漏洩/内部からの情報漏洩を防ぎたい!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「情報漏洩/内部からの情報漏洩を防ぎたい!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ

 情報漏洩を防ぐ対策を実施するにあたり、まずはどんなリスクがあるのか、それに対しどんな対策を採るべきなのかを整理しなければならない。例えば、とあるWebサイト運営会社におけるリスクと、それに対する対策は、表1のように整理できる。この表は、実際にあるWebサイト運営会社におけるリスク及び対策をまとめたものだが、スペースなどの都合により全体をご紹介することはできないため、中ほどの部分を省略してある。

表1 リスクとそれに対する対策のサンプル(部分)

表1 リスクとそれに対する対策のサンプル(部分)
資料提供:ラック

 ここで注目したいのは、「設備・技術面での対策」「運用・管理面での対策」の2種類の対策を挙げている点である。情報漏洩対策ツールは多数市販されているが、ツールだけでは限界があるという認識が必要だ。運用面での対策と組み合わせることで初めて、ツールはその効力を発揮する。
 なお、ここで取り上げるのは、あくまでも不注意やうっかりミスなどの不可抗力による情報漏洩を防ぐ対策であり、今回は悪意による情報漏洩は対象としない。 

  それでは、情報の流出を水際で阻止するには具体的にどうしたらよいのか。外部へ情報が流出する可能性のある部分に注目し、以下で対策をみていこう。


1

情報の持ち出しを制限・監視する

メールに対する対策

 メールからの情報漏洩で最も多いのは、誤った宛先に送ってしまうという不注意からくるミスだ。これを防ぐには、次のような方法が考えられる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

情報漏洩/内部からの情報漏洩を防ぎたい!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報漏洩」関連情報をランダムに表示しています。

情報漏洩」関連の製品

法人向けオンラインストレージ DirectCloud-BOX 【ダイレクトクラウド】 機密情報漏洩対策ソリューション SECUDRIVE(セキュドライブ) 【ブレインズスクエア】 ログ管理ツール『ALog SMASH』 【網屋】
オンラインストレージ/ファイルストレージ DLP 統合ログ管理
社内外でファイルを効率よく安全に共有・管理できる「ユーザ数無制限」の法人向けオンラインストレージ。「セキュリティ」と「利便性」の両立を追求し生産性の向上を実現。 「企業の機密情報は絶対流出させない」をコンセプトに開発されたファイルサーバーセキュリティプログラム、デバイス制御などからなる情報漏洩防止ソリューション。 サーバにある重要データに「いつ、誰が、何をしたか」を記録する製品。対象サーバに直接インストールするため、ログサーバが不要。PCへのエージェントインストールも不要。

情報漏洩」関連の特集


一度に検疫ネットワークを導入するなんてお金も時間も足りない!という場合は段階的な導入を行うことも可能…



 前回は、情報漏洩などのリスクを排除する機能を取り入れた新しい総合的な脅威への対策としてエンドポイン…



 ビジネスへのIT利用の普及は、ネットワーク化・オンライン化の面がとても大きい。メールやWeb等を介…


情報漏洩」関連のセミナー

標的型攻撃対策ソリューションセミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 4月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

情報漏洩防止のみならず、昨今猛威をふるうランサムウェア対策という観点からも、標的型攻撃への対策はますますその重要度が増しています。本セミナーでは最近の標的型攻撃…

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】  

開催日 4月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多重のデータ保護(内部対策)や、マルウェアが組織内に存在するか否か、存在す…

事例から学ぶ特権ID・監査ログ管理実践セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

IT全般統制の不備に対する監査法人からの指摘への対応、PCI DSS認定時のアクセス管理要件への適応、リモート作業時のアクセス制御・ログ取得など、現在様々な要件…

このページの先頭へ

情報漏洩/ 内部からの情報漏洩を防ぎたい!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報漏洩/ 内部からの情報漏洩を防ぎたい!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002723



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ