この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

UPS

2008/06/10


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、UPSのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、UPS(無停電電源装置)市場はここ数年、需要の大半を占める国内IAサーバ市場の影響で前年対比10%増を超える割合で拡大してきたが、2007年はIAサーバの買い替え需要の谷間で数量の伸びが鈍化しつつある。ただしブレードサーバの市場は伸びが顕著で、今後もブレードサーバなどで利用される定格容量3kVA以上のクラスの割合が高まるものとみられる。また、災害時の通報システムに搭載するといった新たな需要も顕在化している。
 2006年来、電池材料である鉛などの価格高騰を受け、2007年から製品価格を上げるメーカーが相次いでいるため、金額ベースでの伸びは数量ベースに比べて高い。2007年の国内市場規模は、数量ベースで前年対比2.7%増の58万台、金額ベースでは6.1%増の350億円と見込まれており、その後2008年から2011年まで、数量は前年対比約2〜3%、金額は約2〜9%増加するものと予測される。
 市場占有率を見ると、サーバメーカーへのOEM実績が高く、特に3kVA以上では圧倒的なシェアを獲得したベンダが1位となり、約60%(金額ベース)を占めている。2位のベンダは500〜1kVAの低価格品を中心に実績が高く、今後3kVA以上の製品を拡充してブレードサーバ向け需要などを取り込んでいく。また、3位のベンダは、今後リチウムイオン電池を採用したUPSの開発に注力していく。

UPSシェア

UPSシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

UPS/「UPS」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UPS」関連情報をランダムに表示しています。

UPS」関連の製品

クオリサイト沖縄データセンター 【クオリサイトテクノロジーズ】
ハウジング
行政施策を最大限に活用した圧倒的なコストパフォーマンスにて、コロケーション・ハウジングサービスや、監視・運用代行サービスなどを要望に合わせて提案。

UPS」関連の特集


エプロンこそしていませんが、ストレージシステムでもメイドが活躍。データライフサイクル管理に欠かせない…



犬のしつけ方教室やペットホテルを営む今回の企業では、預かっている犬の大量の写真を顧客と共有することで…



KVMスイッチはシステム管理者がいつでもどこからでもサーバールームにあるコンピュータを監視して、迅速…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UPS/ 「UPS」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UPS/ 「UPS」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002722


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ