この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

プロジェクタ

2008/06/03


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、プロジェクタのシェア情報をご紹介しよう。

※「プロジェクタ/「プロジェクタ」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「プロジェクタ/「プロジェクタ」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

プロジェクタの選び方ガイドへ
プロジェクタの基礎解説へ

 富士キメラ総研の調べによれば、ビジネス向けプロジェクタの国内市場は、企業への導入が一巡したことで成熟市場となっているが、製品の低価格化により買い換え/買い増し需要が喚起されている。加えて、小中学校を中心とした教育分野ではPCの普及にともない需要が高まっており、市場全体として微増傾向にある。
 2007年の国内市場規模は、金額ベースでは306億円で前年対比7.4%減となるが、数量ベースで3.8%増の19万台と見込まれている。その後は、2008年から2011年まで、金額は微減傾向となるものの、数量は約4〜6%増加すると予測される。
 タイプ別では液晶タイプが7割近くを占めるが、DLP(デジタル光処理)製品のシェアも、低価格化や高輝度化、製品数の増加により高まってきている。LCOS(反射型液晶素子)市場は1社のみの参入で、現状では積極的な新製品投入も見られないことから大幅な変化はないものと推測される。
 市場占有率は、シェア1位となったベンダが、需要の高い輝度2000〜3000ルーメン級のラインナップを揃えているほか、プリンタなど幅広い販売チャネルからの製品提供でも実績を上げ、国内市場で3割を獲得している。2位のベンダは、価格競争力に優れる液晶製品と、サイズと明るさのバランスが評価されているDLP製品の両タイプを提供している。

プロジェクタシェア

プロジェクタシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

プロジェクタ/「プロジェクタ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクタ」関連情報をランダムに表示しています。

プロジェクタ」関連の製品

遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 サポート終了!desknet's NEOへの乗り換えも新規導入もお得に 【リスモン・ビジネス・ポータル】
Web会議 BI グループウェア
高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
332万人超のユーザーが利用するグループウェア desknet's NEO のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール・スケジュール・ワークフローなど、全25機能が利用可能。

プロジェクタ」関連の特集


「マクスウェルの悪魔」として知られてきた不思議な現象。これを実現した今回の実験について、わかりやすく…



コンシューマ領域で着実に広がりを見せるオンラインストレージ。今回は、「企業向け」オンラインストレージ…



タブレットをビジネスシーンで有効活用するためには、導入における「心得」がある! 多くの企業へタブレッ…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

プロジェクタ/ 「プロジェクタ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「プロジェクタ/ 「プロジェクタ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002721


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ