この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内ワークステーション

2008/05/20


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内ワークステーションのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2007年の国内ワークステーション出荷台数は、前年対比11.3%増の25万9000台、出荷金額は9.3%増の649億円となった。製品別でみると、x86系プロセッサとWindows/LinuxなどのOSを搭載した“パーソナルワークステーション”(PWS)の出荷台数は前年対比13.8%増の25万5000台に伸びた。一方、RISC/EPICプロセッサを採用し主にUNIXを搭載した“トラディショナルワークステーション”(TWS)は、出荷台数4000台と2006年から半減した。
 PWSは、製造業大手企業の更新需要が堅調に推移し、中堅/中小企業の新規需要や金融業界による数千台規模の大口案件もあったことで、出荷台数を伸ばした。TWSの落ち込みは、新規需要がPWSやサーバに移り、更新需要のみとなったためとみられる。
 市場占有率(出荷台数ベース)は、デルが31.0%で1位を6年連続で守り、2位の日本HPが27.5%、3位のNECが22.3%で、2006年に続き3社で全体の80%を占めている。また、金融系の大口案件があった富士通は、日本IBMに代わり4位となった。
 今後は、出荷台数が年平均2.1%増加していき、2012年には28万7000台になると予測される。中堅/中小企業の需要が市場拡大の要因となり、短期的には景気悪化の影響で減速するが長期的には拡大していき、普及につれて成長率は徐々に下がるものとみられる。

国内ワークステーションシェア

国内ワークステーションシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ワークステーション/「国内ワークステーション」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークステーション」関連情報をランダムに表示しています。

ワークステーション」関連の製品

限られた空間に演算能力を凝縮する NeXtScale System 【レノボ・ジャパン株式会社】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 FlexNet Manager Suite for Enterprises 【フレクセラ・ソフトウェア】
Windows バックアップツール IT資産管理
ハイエンドな3DCG制作で、舞台裏を支えるITインフラの正体 クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 資産活用の最大化、コストの最小化、ライセンスコンプライアンスの遵守を実現できる企業向けソフトウェアライセンス管理・最適化ソリューション。

ワークステーション」関連の特集


2008年はトップシェアベンダが交代するなど、上位3社の競争が激しい「国内ワークステーション」のシェ…



デジタル社会に欠かせない、本人を特定するための認証技術。その起源である印章の時代から認証の歴史を紹介…



今、注目を集めている「Webアプリケーションフレームワーク」。いまやフレームワークを使わずにアプリケ…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークステーション/ 「国内ワークステーション」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークステーション/ 「国内ワークステーション」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002701


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ