「工事進行基準」でどう変わるべきか?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

「工事進行基準」でどう変わるべきか?

2008/08/21


 工事進行基準という黒船がやってきた。2009年4月以降に開始する事業年度から新たに着手するソフトウェア開発に工事進行基準というグローバルスタンダードが適用されることになった。ベンダ企業にはソフトウェア開発のプロジェクトマネジメントの強化が求められる。これはユーザ企業のメリットにもつながる。一朝一夕に完成度の高い運用を確立することは容易ではないが、ユーザ企業もベンダ企業も自社の競争力強化の好機ととらえて積極的かつ継続的な取り組みを行うべきである。

工事進行基準

※「工事進行基準/「工事進行基準」でどう変わるべきか?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「工事進行基準/「工事進行基準」でどう変わるべきか?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

有賀 理

システムデザインコンサルティング部                                有賀 理(Osamu Aruga)

株式会社 野村総合研究所企業サイトへ
アナリストファイル #044

1989年野村総合研究所入社。1995年経理部にて工事進行基準導入プロジェクトに参画。その後、業務プロセス改革コンサルティングや自社情報システム整備を担当。現在システムコンサルティング事業本部にて業務改革実行支援、システム化計画策定支援などの業務に従事。



1

会計基準変更とは何か?

 2009年4月から一定の要件を満たすソフトウェアの受託開発に工事進行基準を適用することが決まった。従来ソフトウェア開発事業を行う企業では、一般的に工事完成基準が用いられていて、工事進行基準を用いている企業は、野村総合研究所(1995年から)や富士通(2005年から)などごくわずかである。このため多くの企業は来春からの会計基準変更に対応しなくてはならなくなった。
 従来のルールでは、工事進行基準と工事完成基準の選択適用が認められていたが、今回の変更で、一定の要件を満たすものは工事進行基準を、満たさないものは工事完成基準を適用するというルールになった。ソフトウェア開発すべてに工事進行基準を導入しなくてはならない、というわけではない。
 一定の要件とは、以下の3つの各要素について、「信頼性をもって見積ることができる」ということである。

(1)

工事収益総額

(2)

工事原価総額

(3)

決算日における工事進捗度

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

工事進行基準/「工事進行基準」でどう変わるべきか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「工事進行基準」関連情報をランダムに表示しています。

工事進行基準」関連の特集


ワークライフバランスが注目され、企業で在宅勤務が導入され始めました。今回はワークスタイルの改革を支え…



「プロジェクト管理ツールの導入状況」をテーマに調査を実施!工事進行基準への対応状況や導入時の重視ポイ…



プロジェクトリーダーを支える大事なツール。プロジェクトを失敗させないためには、ツール導入も失敗できな…


「プロジェクト管理」関連の製品

PMBOK準拠プロジェクト管理「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】 Sciforma 7.0 「PPMソリューション」 【サイフォーマ】
プロジェクト管理 プロジェクト管理
●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●7年で130社以上の導入実績。
ポートフォリオレベル及びプロジェクトレベルで、スケジュール、リソース、コスト/予算の計画立案と実績の監視・コントロールや意思決定を支援するPPMツール。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

工事進行基準/ 「工事進行基準」でどう変わるべきか?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「工事進行基準/ 「工事進行基準」でどう変わるべきか?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30002698


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > プロジェクト管理 > プロジェクト管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ