ネットワークストレージの巻(7月号)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

量販店売れ筋レポート7月号

ヨドバシ・ドット・コム×キーマンズネット


最新ITゲキ売れ5 −ネットワークストレージ―

2008/07/23


ヨドバシ・ドット・コムの協力のもと、IT製品の最新トレンドを踏まえ、量販店での売れ筋商品を徹底分析するウェブマガジン「最新ITゲキ売れ5」。7月号ではネットワークストレージを取り上げる。家電分野におけるハードディスク利用が飛躍的に増加した結果、HDDの価格は大幅に下がり、これを利用するネットワークストレージも極めてコストパフォーマンスが高くなっている。

ビジネスで扱うドキュメントのファイルサイズも大きくなり、1つのプロジェクトで1GB以上のファイルのやり取りが蓄積することも少なくない現在、ネットワークストレージの需要はビジネスにおいても極めて高くなってきている。ファイルを一括管理して情報の流出や紛失を防げるセキュリティ面もネットワークストレージの利点。ActiveDirectory対応のストレージも量販店の店頭に登場し、ビジネス用途においてもNASを手軽に購入して容量の追加やバックアップに役立てることが可能になってきた今、果たしてどのような製品がゲキ売れしているのだろうか。

※表示価格は2008年7月23日時点のものであり、変更の可能性があります。最新価格はヨドバシ・ドット・コムでご確認ください。

売れ筋トレンドを読む

どのメーカーも、製品シリーズごとに複数の容量のモデルを発売しているため、今回のランキングは、同一シリーズの販売本数をまとめたランキングとさせていただいた。その結果はご覧のとおり、バッファローの圧勝。わずかにアイ・オー・データ機器がゲキ売れ4にランクインして面目を保った形だが、バッファローのシェアは、ほぼ寡占に近いところまできている。また、500GBから2TBまで、幅広い容量のストレージが売れているかわりに、250GB、300GBといった中途半端な容量は売り上げランキングから完全に姿を消した。この状況を見ると、ストレージの基本単位がついにギガバイトからテラバイトへとシフトしつつあるようだ。

ネットワークストレージの基本機能

念のためにネットワークストレージの機能をおさらいしておくと、LANに接続するだけで、LAN上のほかのコンピュータの共有ドライブと同じようにWindowsのネットワークから利用可能となるストレージ、つまりHDDにLANボードと機能限定PCを追加したような製品である。このPC部分の機能次第で、ActiveDirectoryドメインを使った管理も可能になるわけだ。

また、少し前までは100BASE-T対応の製品が多く、ギガビットLAN対応となると製品が限定されていたのだが、今回ランクインした5製品はすべてギガビットLAN対応。「スイッチングハブやネットワークカードなどの周辺機器の値もこなれてきて、ギガビットLANへの移行が本格化しています」とヨドバシ・ドット・コム担当者の語る通り、ネットワークストレージもギガビットが基本の時代になってきている。

WebアクセスやPC連動電源機能を備えた多機能NAS バッファローLinkStation LS-HGLシリーズ

今回のランキングにランクインした各シリーズの中で、RAID対応の製品を除くと、本製品はもっともメーカー標準価格が高い。にもかかわらず、見事ゲキ売れ1を獲得しているのは、その価格上昇分の機能がユーザのニーズに適うものだからと考えられる。

本製品の特色のひとつは、インターネットに接続するLANにおいて、ウェブ経由でストレージへのファイルのダウンロード・アップロードを可能にするWebアクセス機能。ストレージをbuffalonas.comへと登録することでDDNSなどの複雑な設定をしなくても、Webから製品内のフォルダにアクセスしてデータのやり取りが可能になる。また同梱のユーティリティソフトをインストールすることでLAN内のPC起動状態を検知し、全PCがOFFになるとNASをOFF、逆に一台でも起動すればNASをONにするPC連動電源機能も備えている。

ウェブとの連携、環境にもやさしい電源管理、さらにプリントサーバ機能やActiveDirectory対応アカウント管理など多彩な機能を備えた本製品。オフィスや家庭の多様なニーズに1台で応える高機能NASとして、市場から高い評価を受けているのだろう。

RAID対応NASの決定版 バッファロー TeraStation PROシリーズ

これまでのNAS特集で常に圧倒的な強さを見せてきたバッファローのTeraStationが、今回も見事ゲキ売れ2にランクインしてきた。価格も相当こなれてきたとはいえ決して安いとはいえないTeraStation PROシリーズがこれほどのゲキ売れを見せるのは、2度のバージョンアップを経てビジネスの現場で使える定番RAIDブランドへと成長した証だろう。

2006年末のバージョンアップでアーキテクチャを一新したTeraStation PROは、従来機種の約3倍にあたる転送速度38MB/sを実現。ギガビットLANの転送効率をアップさせるJumboFrameにも対応し、フロントアクセスによるカートリッジ式のドライブ交換など、HDD4台のRAID対応ネットワークストレージとして、「枯れた」ともいえるほど成熟した機能、性能を備えている。発売から1年あまりを経た今もゲキ売れ街道をひた走るところを見ても、TeraStation PROの名前がRAIDストレージの定番として市場に深く浸透したと見て間違いなさそうだ。

ギガビットLAN対応のシンプルNAS バッファロー LinkStation LS-LGLシリーズ

LS-LGLシリーズはバッファローのNASラインナップの中でも最もシンプルな入門機ともいえる製品。とはいえ、ギガビットLANにも対応し、WindowsでもMacでも日本語ファイル名が使用できるなど、NASとしての基本性能に不足はない。なによりも、1TBのLS-L1000GLで1GBあたり40円を切るコストパフォーマンスの高さは特筆に価する。HDDの低価格化の恩恵を実感できるのはもちろん、光ディスクなどの代わりにバックアップメディアとして検討することも可能なほどの低価格だと言っても過言ではないだろう。

DVD-Rの価格が安いものでも1枚あたり40円、1GB単価で10円を切る程度であることを考えると、転送速度も利便性も段違いに優れたNASに軍配が上がるというケースも大いにありえる。デジタルカメラの高画素化、HDカムの普及などにともない、オフィスでも家庭でもストレージは常に不足気味。LAN経由で手軽にデータを共有できるNASは、この状況を解決する極めて有効なソリューションの1つといえそうだ。

スタイリッシュなコンパクトNAS アイ・オー・データ機器 LANDISK Home HDL-GSシリーズ

ネットワークストレージ市場でバッファローと2強を争ってきたアイ・オー・データだが、今回のゲキ売れランキングでは少々押され気味。しかし、「複雑な製品群を一旦整理し、ラインナップをリニューアルしたばかりなのも劣勢の一因」とのヨドバシ・ドット・コム担当者の言葉もあるので、勝敗が決したとみるのは早合点である。

新ラインナップのコンセプトはコンパクト&スタイリッシュ。電源内蔵でACアダプタなしにも関わらずHDL-GSシリーズは従来製品の70%以下にまで小型化し、デザインも一新されてPC周辺機器然とした印象から大きく生まれ変わった。デジカメの画像転送プロトコルに対応した自動コピー機能は、カメラをUSB接続するだけで画像を自動転送でき、ブラウザを使ったフォトアルバム機能も提供する。同梱のソフト「Sync with」を使えば、フォルダ同期機能でノートPC等のバックアップ自動化も可能。基本的にコンシューマ向けのLANDISK Homeではあるが、そのデザイン性や設置しやすさはビジネスにも有効。店舗や会議室など人を迎える場所に置きたい場合には優れた選択肢になるはずだ。

RAID1機能を搭載する2ドライブネットワークストレージ バッファロー LS-WHGL/R1シリーズ

RAIDには1〜6までのクラスがあり、耐障害性を高める目的で現在多く利用されているのは1と5。キーマンズネットの読者には釈迦に説法かもしれないが、この2つについて簡単に解説しておくと、RAID1は単純に2つのドライブに同じデータを書き込み、RAID5はパリティ(誤り訂正符号)とデータを複数ドライブに分散させて書き込む。このためRAID1は2つのドライブ、RAID5は最低3台以上の複数ドライブで構成される。

ゲキ売れ5に入ってきたLS-WHGL/R1シリーズは、その型番からも推測できる通り、2台のドライブでRAID1を提供するネットワークストレージである。1ドライブでよりコンパクトかつ安価な1TBネットワークストレージが存在する今、本製品を購入するユーザはほぼ間違いなくRAID1構成を利用しているとみてよい。このシリーズがゲキ売れ5に入ってくるという事実自体、RAIDによるデータ保護のニーズが量販店レベルでも高まっていることを如実に示しているのだ。

ゲキ売れ5ランキング

6月16日〜7月15日の1ヵ月間、ヨドバシカメラ全店およびヨドバシ・ドット・コムで最も売れた「ネットワークストレージ」上位5製品はこれだ!

(情報提供:ヨドバシカメラ)

1位 ゲキ売れランキング

LinkStation LS-HGLシリーズ

バッファロー LinkStation LS-HGLシリーズ

メーカー:バッファロー

価格:24,800円〜 (2008年7月23日時点)

2位 ゲキ売れランキング

TeraStation PROシリーズ

バッファロー TeraStation PROシリーズ

メーカー:バッファロー

価格:99,600円〜 (2008年7月23日時点)

3位 ゲキ売れランキング

LinkStation LS-LGLシリーズ

バッファロー LinkStation LS-LGLシリーズ

メーカー:バッファロー

価格:21,800円 (2008年7月23日時点)

4位 ゲキ売れランキング

LANDISK Home HDL-GSシリーズ

アイ・オー・データ機器 LANDISK Home HDL-GSシリーズ

メーカー:アイ・オー・データ機器

価格:22,800円〜 (2008年7月23日時点)

5位 ゲキ売れランキング

LinkStation LS-WHGL/R1シリーズ

バッファロー LinkStation LS-WHGL/R1シリーズ

メーカー:バッファロー

価格:39,800円〜 (2008年7月23日時点)


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ネットワークストレージ/ネットワークストレージの巻(7月号)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ネットワークストレージ」関連の製品

biz-Stream v4 【ブレインセラーズ・ドットコム】 ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 それぞれのニーズに適したSDS導入を支援 StorSelectプログラム 【レノボ・ジャパン株式会社】
電子帳票システム NAS ストレージ仮想化
シンプルで導入しやすいライセンス体系のオンデマンドWeb帳票ソリューション。デザイン性に富んだ帳票が簡単に作成でき、PDF、CSV、印刷など、多様な形態で出力可能。 ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 「ニーズに適したSDSを導入したい」――情シスがとるべき選択

ネットワークストレージ」関連の特集


  2012年3月27日、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)ではブロードバンドルータを対象とし…



 過去2回までで、昨今の電子ファイルの仕分けや棚卸しに対する意識の高まりや、実際に企業が策定している…



現在では特定エリアでのRFIDの導入事例が増えていますが、今回は技術動向と今後の展望についてご紹介し…


ネットワークストレージ」関連のセミナー

【東京】法人向け文教・観光Wi-Fiセミナー 【バッファロー】 締切間近 

開催日 12月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

バッファローのWi-Fiプロフェッショナルが、現在の市場動向を踏まえた当社ならではの文教・観光ソリューションを製品と共にご紹介し、皆様の皆様のビジネスに役立つ情…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ネットワークストレージ/ ネットワークストレージの巻(7月号)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ネットワークストレージ/ ネットワークストレージの巻(7月号)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002694


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ