第11回 ARPの機能とデフォルトゲートウェイ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

第11回 ARPの機能とデフォルトゲートウェイ

2008/09/09


 通信ネットワーク上で目的の機器と通信をするためには、ホスト名からIPアドレスを割り出す、または、IPアドレスからMACアドレスを割り出すなどの「名前解決」が必要である。今回は、いくつかある名前解決技術のうちの1つARPと、異なるネットワークとの接続に必要なデフォルトゲートウェイについて説明する。あわせてOSI参照モデルの第2層データリンク層、第3層ネットワーク層の機能についても説明する。

ARP

※「ARP/第11回 ARPの機能とデフォルトゲートウェイ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ARP/第11回 ARPの機能とデフォルトゲートウェイ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

OSI参照モデルとは

1-1

OSI参照モデルは7層からなる

図1 OSI参照モデル
図1 OSI参照モデル

 OSIとはOpen Systems Interconnectionの略で、メーカーや機種が異なる(Open)通信装置(Systems)を相互に接続(Interconnection)してデータ通信を行うこと。それを実現するためのガイドラインが、図1のOSI参照モデルで、国際標準化機構(ISO)が制定したものである。
 LANケーブルや通信回線などの通信媒体だけではデータ通信は成り立たない。そこでOSI参照モデルでは、ユーザやアプリケーションと通信媒体の間の通信機能を定義し、ユーザに近い部分から物理的な部分までの機能を7段階の階層に分類して、各層ごとに機能の仕様を定義した。各層での仕様をもとに通信規約であるプロトコルが作られることで、複雑になりがちのネットワークプロトコルを単純化できる。
 ただし、OSI参照モデルはあくまでもガイドラインすなわち目安であり、拘束力はない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ARP/第11回 ARPの機能とデフォルトゲートウェイ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ARP」関連情報をランダムに表示しています。

ARP」関連の製品

FEREC 【ネットスプリング】
UTM
IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。

ARP」関連の特集


負荷分散やセキュリティ強化に使われる「プロキシサーバ」と「リバースプロキシサーバ」。その仕組み…本当…



初級ネットワーク講座がいよいよ開講!今回は、現在、ネットワーク技術者に“求められていること”は何なの…



 クラウドにおけるセキュリティの現状と対策について、特にIaaS(Infrastructure as…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ARP/ 第11回 ARPの機能とデフォルトゲートウェイ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ARP/ 第11回 ARPの機能とデフォルトゲートウェイ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30002687


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ