この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

第9回 MACアドレスと通信の仕組み

2008/07/08


 ネットワーク機器がLANに接続して他の機器と通信するためにはLANカードまたはLANボードなどのLANインターフェースが必要である。LANインターフェースは、フレームの組み立て、送出、および受け取り、分解を担う。LANインターフェース製品には、それぞれ固有のMACアドレスが振られている。今号では、MACアドレスと通信の仕組みについて解説する。

MACアドレス

※「MACアドレス/第9回 MACアドレスと通信の仕組み」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「MACアドレス/第9回 MACアドレスと通信の仕組み」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

MACアドレスと通信の仕組み

1-1

パケット構造

 以前説明したパケットの構造についておさらいしよう。LAN(Ethernet)上を流れるパケットは、図1のような構造となっている。

図1 パケットの構造
図1 パケットの構造

 ここで久しぶりにLANのインターフェース(LANカードやLANボードなど)に棲んでいる妖精「パケト君」登場。
 パケト君は、ユーザやアプリケーションからデータをもらうと、次々とヘッダを付加して「フレーム」という形式にしてLAN(Ethernet)に送出する。
 各ヘッダには、通信相手先などを識別するため、Ethernetには「MACアドレス」、IPには「IPアドレス」、TCPには「ポート番号」といったアドレスが含まれる。
 LAN(Ethernet)上を流れるパケットの先頭は必ずEthernetヘッダである。

 Ethernetヘッダの中身を詳しく見ると以下のとおりである。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

MACアドレス/第9回 MACアドレスと通信の仕組み」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MACアドレス」関連情報をランダムに表示しています。

MACアドレス」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 VPN対応高速アクセスルータ 「UNIVERGE IXシリーズ」 【NEC】
認証 認証 ルーター
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 各種VPN網に対応する高速アクセスルータ。OpenFlow 1.3.1に対応した「SDN Ready」製品であり、将来のSDNへの移行もスムーズ。

MACアドレス」関連の特集


もはや毎日の生活に欠かせない通信手段であるメール。その仕組みをちゃんと説明できますか?各種プロトコル…



企業のIT担当者592人対象に「無線LANの導入状況」を調査。導入の有無、導入規模、セキュリティ対策…



サーバモジュールの性能や機能こそ各社でそれほど違いはなくなってきましたが、シャーシの設計をはじめさま…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

MACアドレス/ 第9回 MACアドレスと通信の仕組み」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「MACアドレス/ 第9回 MACアドレスと通信の仕組み」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002685


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ