NAPで活気づく!検疫ネットワーク大特集

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

NAPで活気づく!検疫ネットワーク大特集

2008/09/16


 検疫ネットワークとは、その名のとおり「疫病」に侵されていないかどうかを検査し、疫病に侵されていない健全なPCをネットワークに接続させ、侵されてしまったPCは隔離し、治療するまでネットワークに接続させないというものである。ここで言う「疫病」とは、かつてはウイルスを初めとして、ワームやスパイウェアなどのマルウェアを意味していたが、現在では広く、ネットワークポリシーに準拠しているかどうかを意味している。
 その検疫ネットワークも話題になってから久しいが、今年4月に発売されたマイクロソフト社のWindows Server 2008でNAP(Network Access Protection ネットワークアクセス保護)が標準搭載されたことで、様相は一変している。そこで今回は、NAP登場で活気づく検疫ネットワークの特集だ。これまで関心はあっても先送りしてきた人も、その第一歩を踏み出し、検疫ネットワークの威力を実感してみよう。実際に検疫ネットワークを導入する前にはIT製品選び方ガイドも参考にしていただきたい。

検疫

※「検疫/NAPで活気づく!検疫ネットワーク大特集」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「検疫/NAPで活気づく!検疫ネットワーク大特集」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

検疫の選び方ガイドへ


1

検疫ネットワークを解体しよう!

1-1

検疫ネットワークのない危険性

 企業ネットワークでのウイルス対策が一段落し、関心はスパム対策やスパイウェア対策などに移ってきた。それにこたえるように、ウイルス対策ソフトも、スパムメール対策機能やパーソナルファイアウォール機能へと活動の場を広げてきている。また、メールサーバをはじめとして各サーバで稼働するウイルス対策製品やゲートウェイ上で稼働するウイルス対策製品などが普及し、さらにそれらを統合的に管理し、各クライアントのバージョンや定義ファイルの更新具合も管理者が集中的に把握できるようになったことで、セキュリティに関してはある意味で安定した時期に入ってきていると言っていいだろう。
 しかし実際のところ、多くの管理者は、社員がウイルス対策ソフトを無効にしていたり、Windows Updateを怠っていたり、パーソナルファイアウォールを無効にしていたりすることから発生する感染に依然として悩まされ続けている。まして、社員が持ち歩いているノートPCや外部から持ち込まれるノートPCなど、いわゆる「持ち込みPC」はもっとも危惧すべき存在だ。

図1 検疫ネットワークが導入されていない場合
図1 検疫ネットワークが導入されていない場合

 ウイルス対策が進んだおかげで、かつてほど大規模な感染を聞くことはなくなったが、WinnyなどのP2P系ソフトでのウイルス感染は、たった1台が感染したとしても、その1台が機密情報を流出させ、その損害は全体へと波及する。セキュリティの焦点は、大規模か小規模かという規模の問題ではすでになくなり、セキュリティ担当者はネットワークに接続するすべてのクライアントに対して対策しなければならなくなっている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

検疫/NAPで活気づく!検疫ネットワーク大特集」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

検疫」関連の製品

大手企業の防御を突破した攻撃者の手口とは? 事例に学ぶ「侵害後」の考え方 【サイバーリーズン・ジャパン+他】 金融業界のセキュリティ動向調査:犯罪被害からGDPR対応まで重要課題を一挙解説 【トレンドマイクロ】 NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】
検疫 検疫 検疫
大手企業の防御を突破した攻撃者の手口とは? 事例に学ぶ「侵害後」の考え方 金融業界のセキュリティ動向調査:犯罪被害からGDPR対応まで重要課題を一挙解説 不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)

検疫」関連の特集


 前回はエンドポイント・セキュリティで考慮すべき機能を「外」と「内」にわけて説明してきたが、今回はい…



Oracle DBやVMなどのライセンス管理、しっかりできていますか? 煩雑化しがちなサーバ仮想環境…



 前回は、典型的なWebからの脅威である「Gumblar攻撃」を紹介したが、このような攻撃からの被害…


「検疫」関連の製品

製造業界のセキュリティ課題は? 調査で見えた被害状況と業界特有のリスク 【トレンドマイクロ】 サイバー攻撃を受けてからでは遅い、自社のセキュリティの弱点を把握するには? 【ラック】 「なりすまし・詐欺メール攻撃」徹底解説:5つの攻撃手法と防御策 【トレンドマイクロ】
検疫 検疫 検疫
製造業界のセキュリティ課題は? 調査で見えた被害状況と業界特有のリスク サイバー攻撃を受けてからでは遅い、自社のセキュリティの弱点を把握するには? 「なりすまし・詐欺メール攻撃」徹底解説:5つの攻撃手法と防御策

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

検疫/ NAPで活気づく!検疫ネットワーク大特集」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「検疫/ NAPで活気づく!検疫ネットワーク大特集」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002667


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ